みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Bank LetterとBank statementの違い

アメリカ留学の手続きの際に、Official Bank Letterを提出する旨が記載されてましたが、残高証明書の事だな、と軽く考えていたら、no bank statement、という断り書きもありました。
bank statementとBank Letterの違いはなんでしょうか?
銀行に英文の残高証明書を出してもらえばいい、と軽く考えていましたが、bank letterというのは「この人はこれだけの財力あります」、と何か一筆書いてもらう必要があるのでしょうか?

投稿日時 - 2008-08-09 09:15:10

QNo.4238615

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

bank letterは英文の預金残高証明書(支店長等のサインが必要)でよいと思います(というか、日本の銀行はこの定型フォームしか出してくれません)。

bank statementというのは、毎月預金者に送られてくる取引残高明細書のようなものです。これには当然サインもないし、「no bank statement」は「この明細書ではダメ」という意味でしょう。

投稿日時 - 2008-08-09 21:17:31

お礼

回答ありがとうございました。

やはり残高証明書でいいのですね。ほっとしました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-12 20:26:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問