みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医療費の免除について

今年の2月に鏡下卵管形成手術をしました。
18万円ほど自費で出しました。
医師が「保険ははいってる?」と聞かれたのでまったく入ってませんと伝えました。
「国に申請すると医療費が免除してもらえるから、申請するといいよ」
と、言われ市役所に行きました。

おそらく「医療費控除」のことだと思うんですが・・・

市役所の方はすでに確定申告の〆切りが過ぎてるから来年にしてくださいと言われました。
なので来年まで待つことにしました。

最近になって女性用保険に入ろうと保険会社相談しました。
「医療費控除」のこと話したら、「いつもで申請できて受け取ることができるものですよ。」と言われました。

どちらが本当なのか分かりません。

あまり詳しくないので、どなたか分かる方いませんか?

投稿日時 - 2008-07-20 01:34:44

QNo.4189844

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

市役所じゃなくて税務署だといつでもしてくれましたよ
市役所は申請できる期間が限られてますよ~(一ヶ月間だけ)
だからどっちも本当です。

投稿日時 - 2008-07-20 07:42:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

もう一つ、おせっかいですが、不妊治療の助成金は、体外受精、顕微授精をしたとき(採卵のみ移植のみでも可)に限られます。
「鏡下卵管形成手術」では受けられません。
「鏡下卵管形成手術」の場合、不妊治療としての助成金ではなく、一般の医療費と同じように、高額療養費と医療費控除で取り戻します。

投稿日時 - 2008-07-20 09:39:15

ANo.4

個人で医療保険に入っていないのならば、還付金が戻ってくるチャンスは2つです。

1つは、高額療養費制度。
健康保険(保険証)は国民健康保険ですか?社会保険ですか?
まず、この保険組合の、高額療養費制度が利用できます。
簡単に言うと、1ヶ月ごとに医療費を取りまとめ、一定額以上になると戻ってくるというものです。
一般的には一ヶ月約8万円を超えた分(高額所得者、低額所得者はまた別の計算があります)、申請すれば戻ってきます。
ただし、「1ヶ月」というのがポイントで、例えば、1月27日~2月3日まで入院したという具合に、月をまたいでしまった場合はちょっと損をします。
同じ額を支払っても、あくまで医療費の計算は1ヶ月ごとなので、戻ってくる額が少なくなります。
また、差額ベッド代など、健康保険外のものは、計上できません。
健康保険を利用しても高額な医療保険がかかった場合の制度ですので。
また、社会保険などの場合、保険組合によっては付加金といって、1ヶ月2万円以上かかった場合は戻ってくるなど独自の制度がある場合がありますので、ご自身の保険組合に聞いてみるといいですよ。
申請の仕方は、国保なら、保険組合から後日発想される医療費の「お知らせのハガキ」「印鑑」「保険証」「領収書」「振込口座のわかるもの」を役所に持って行けばできます。
社会保険の場合、それぞれで微妙に違うと思いますが、申請書を書いて、領収書を添えて提出するとできます。
書類が揃えば、年間いつでも申請できます。

そして、もう一つは、医療費控除です。
これは1月~12月の医療費を取りまとめます。
これも収入によって計算が違うのですが、一般的には、年間医療費が10万円を超えた場合、10万円を超えた金額にかかった所得税金分が戻ってくるというものです。
こちらは、一部を除き、健康保険のきかない治療も対象になります。
上記の高額療養費制度などを利用した場合は、そこで戻ってきた金額は差し引いての計算になります。
確定申告での、申告になりますが、税務署でしたら、次の年の1月から受け付けています。
確定申告の書類を書いて、領収書をまとめ、還付金の振込口座を持って行くと、後日振り込まれます。
申請場所は、1月からは税務署、確定申告の時期になると各地に特別窓口が設置されるので、そちらで申告します。
空いている時期に税務署で申告したほうが早く戻ってきます。
こちらは、病院で支払ったもの以外にも、薬局で買った医薬品や病院に通うための交通費なども、医療費として扱われますので、地道に集めておくといいです。
また、世帯ごとの取りまとめですので、ご主人などご家族の医療費と一緒に取りまとめ、所得の高い人の名義で申告した方が戻ってくる額が多く気なります。

ごっちゃになってしまうかもしれませんが、高額療養費と医療費控除は別物で、どちらも利用できるので、損せず取り戻しましょう。

投稿日時 - 2008-07-20 09:35:12

ANo.3

1月1日~12月31日分を1年としますので、今年分はまだ出来ないと思います。
なので、2月??の確定申告の時にすれば大丈夫です。

自費というのは健康保険を使ってないということでいいんですよね?
健康保険(3割)を使って18万だったのならば、高額医療費で帰って来ると思います。

参考URL:http://zyoho.sakura.ne.jp/kougaku/2009/01/post_24.html

投稿日時 - 2008-07-20 08:42:52

ANo.2

>おそらく「医療費控除」のことだと思うんですが・・・
違います。

>「医療費控除」のこと話したら、「いつもで申請できて受け取ることができるものですよ。」と言われました。

これも保険会社の人は勘違いしていますね。こちらはおそらく「高額療養費」のことをさしていると思います。


不妊治療ですよね。
不妊治療の場合、自治体からの助成が出ることがあります。
ご質問者の自治体でも行われているのでしょう。
参考までに、
http://homepage3.nifty.com/stork/government/gran.html
から自分の自治体の助成をみてみて下さい。

役所には「不妊治療に対する助成を知りたい」と伝えてください。

投稿日時 - 2008-07-20 08:41:08

あなたにオススメの質問