みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

三人目を産みたいけど、家事、育児、仕事の両立について不安がいっぱいです。経験者の方のアドバイスをお願いします。

こんにちは。私は2歳と0歳の二人の女の子の母です。
フルタイムの仕事をしていますが産休・育休中です。
以前から夫と「子どもは3人以上欲しいね」と言っていました。
その気持ちは二人目を出産してますます強くなっています。

しかし、三人も子どもがいたら、自分の仕事と家事、育児が両立可能か、本当に悩んでいます。
私の周りには、同じ仕事をしている人で、核家族で子育てしている人がいないからです。
皆、親と同居したり、すぐ近くに親が住んでいたりという状況で何とか仕事をしています。
また「子どもは1人で充分、それ以上は無理」という人も多いです。

我が家の場合、実家は公共交通機関で2時間かかる上、母も仕事をしています。
私が病気の時などは来てもらうこともありますが、恒常的には無理です。

仕事はフルタイムで始業は早い。
毎日残業してもやりきれないほどの仕事量。
でも出産後復職した先輩は「何とかなるのよ!」と言います。
でもその先輩は実家で親と同居してます。

家事と子ども2人の世話でも手が全然足りないのに、
子どもが3人でフルタイムで働いている人たちは、どういう風に生活しているのでしょう。
どんな忙しさ、大変さなのか全く想像ができません。

子ども三人以上、親の手を借りず、フルタイムで働いてるという方、
ぜひどんな生活なのか、教えてください。
どうすれば生活をまわせるのか、工夫されてることがあったらぜひうかがいたいです。

夫は、家事・育児に大変協力的です。
しかし、言えば何でもやってくれますが、自分で気付いて動くタイプではありません。
普通に「のんきなお父さん」です。
もう少し自発的に動く人だったらもう少し不安は軽いかもしれません。
贅沢言ってはいけませんが。

投稿日時 - 2008-07-18 00:32:19

QNo.4184966

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは♪
年子3人(4歳、2歳、7ヶ月)がいながら、来月から仕事復帰する予定です。
隣の市に実両親が住んでいますが、あてにするつもりはありません。
旦那も転職に伴い、平日は育児・家事に協力できない状況です。

私は末っ子を妊娠中はフルタイムで働いていましたが、看護師という職業上定時に帰れることはあり得ません。(定時帰宅の施設もありますが職員の募集がありません)当時は旦那にも協力してもらえたのですが、今度からはそういうわけにはいきません。
本音はボーナスが欲しいので常勤(日勤のみ)で働きたいのですが、時間の融通がつかないためパートに変更して復帰です。

質問者さんの場合もパートに変更っていうのは無理なのでしょうか?
お金も欲しいけど時間も欲しい・・・それは不可能なのではないでしょうか?雇われている身分でしたらやはりどこかで妥協しなくてはいけないと思います。もしくは転職し、自分の条件に合ったところを見つけるか。家事を工夫するのはもちろんですが、仕事の仕方について考えるほうが先だと思います。

投稿日時 - 2008-07-18 11:21:15

お礼

回答ありがとうございます。

働き方をライフスタイルに合わせて変えるのはひとつの手ですね。
看護師の仕事の過酷さは友人の看護師から聞いたことがあります。
パートであってもお子さん3人いてその仕事に戻られるとの事、
すごいなぁと思いながら読ませていただきました。

残念ながら、私の職種にはパート勤務というのがありません。
勤務時間が短い職もあるのですが、仕事の内容がまるきり変わってしまうのです。
仕事をすることで得られる精神的なものが全く違うので、
今は今の職のままでいたいと思ってしまうのです。
これは私のわがままかもしれませんが人生の大きな部分でもあるので譲りがたいものです。

ただ、色々調べて、別の事業所に異動すれば職種はそのままで、
負担は減らすことができそうだというのが分かりました。
質問前は全く以前のままの条件での復帰希望でしたが、
転勤などでできる限り自分の都合に仕事を合わせることをやってみようと思うようになりました。

仕事が大変でも、子どもが3人いても、親が近くにいなくても、
がんばっている人がいるということに勇気付けられます。
大変なのは自分だけじゃないと思って、
精一杯やってみようと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-07-24 23:54:56

ANo.2

私自身は2人子どもがおり、フルタイムで働いています。実家も遠方です。・・が、残業も全く無く、休みも比較的自由に取れる仕事なので・・私自身は、あんまり参考にならないかもしれません。
私の職場は、公的機関です。子供を数人育てながら、ずーっと働き続けている女性は多いです(公務員ですが)。実家も遠い方が多いですが、お話を聞くと、市のファミリーサポートを使われている方が多いですよ。お金は多少かかりますけども。子ども達の学校が終わった後、19:00くらいまで自宅で面倒を見てもらっている人も多いです。
私の母は教師でした。ずっと働いていました。教師は、自由に休める仕事ではありません。私と兄は、学校が終わった後、ベビーシッターさんに預けられていました。
ちなみに、私は、特に寂しいと思ったことはありません。ずっと仕事をして、なおかつ、家事もこなしていた母を尊敬しています。元々外の世界に対する興味が広い人なので、今でも元気だし、年齢より若く見えますよ。

ただし、ご主人の協力は不可欠だと思います。うちは主人も私と同じくらい育児・家事を担当してくれています。ご参考まで。

投稿日時 - 2008-07-18 10:13:11

お礼

回答ありがとうございます。

私もahabowlさんのお母さんと同じような、子ども相手の仕事です。
それだけに、ahabowlさんの回答にはとても勇気付けられました。
自分の子が大きくなったとき、そんな風に思ってもらえるなんて、
親冥利に尽きますね。
そこまでできるかわかりませんが、私もがんばろう!と思いました。

しかしやはり家事育児仕事の両立は大変なんですね。
ahabowlさんのだんな様は本当に協力的ですね。
同じぐらい担当してくれているのはもちろんですが、
担当できるくらい家事力・育児力があるというのがすごいです!

ファミリーサポート、なるほどです。
上手に人の手を借りてまわしていけたらいいなと思いました。
私もがんばります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-07-24 23:40:07

ANo.1

参考にはならないかもしれませんが、母はフルタイムで働いていた3人目の娘としての意見です。

うちは年が4歳と5歳離れていたので、3人でも負担のかかり方が違ったかもしれません。小さいころは、姉に育てられたようなものでした。
小学校に上がり、学童に行くようになって、専業主婦のお母さんが羨ましくてたまりませんでした。
せめて学童に迎えに来てくれるのが姉ではなく母か父なら、もう少しは気楽に思えていたかもしれません。
学童は途中でやめ、鍵っ子になりました。
そうなると、体調が悪くても、たいした処置も出来ずに、帰宅後寝ることしかできず、もどしたりする症状の時は、お手洗いで何時間もひとりでうずくまっていたこともありました。
そこで面倒を見てくれたのも姉でした。

姉ふたりまでは、祖父母が育ててくれていたそうです。

親には、仕事の大変さが伝わってきていたので、甘えられませんでした。

だから、あなたがそんなに大変だと思っていて、それが子供にも気づかれるほど滲み出るほどであれば、私みたいに「子供らしくない子供」に育ってしまうかもしれません。

私は高校時代に海外留学し、大学も地元ではなく、就職でも地元に帰りませんでした。実家に帰ることも、1年に1回くらいです。
母は寂しがりますが、でも私も子供の頃はそんな風に寂しかったよ、とは今でも口が裂けても言えません。
だって、母は私のために働いていてくれたけれど、私は私のために人生を好き勝手に生きているだけだからです。
頭では理解できるけれど、感情では…という部分が大きいです。

投稿日時 - 2008-07-18 00:46:12

お礼

回答ありがとうございます。

hmcke213さんの回答を読ませていただき、
色々な家族があり、色々な思いがあるのだと思いました。
私も子ども相手の仕事をしているため、
寂しさが、その子の行動や人格形成にまで関わるのはいやというほど見ています。

ただ、両親共働き/かぎっ子/祖父母、兄弟に育てられることと、
とても寂しい思いをすることは必ずしもイコールで結ばれるわけではないようです。
(自分自身、夫、友人達、結構そういう境遇でした。)
その子の生まれ持った性格、親の性格、その他様々な要素があるでしょう。
ただ、寂しい思いをする子も少なからずいることは肝に銘じねばならないと思いました。
その上で、どうやって愛情を伝えて、子どもの気持ちを受け止めてあげればいいか、
常に考えて行く必要があると思いました。

hmcke213さんは、とてもお母さん思いだと思います。
本当に好き勝手にしている人は、自分のことを好き勝手にしているとは気付かないのでは。
子どもをしっかり自立させたお母さんも、しっかり自立しているhmcke213さんも、
それだけでも十分親の務めを果たした親、親孝行な子どもではないでしょうか。

差し出がましいことをすみません。
自分がどこまでできるかわかりませんが、
子どもへの愛情を伝えることと、自分の仕事への思いの実現と、
両方をできる限りやっていこうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-07-24 23:32:47

あなたにオススメの質問