みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ラグビーで、頭にかぶっているものは、何のため?

ラグビーの試合で、特に高校ラグビーで、頭に白いものを被っている選手がいるのですが、
あれは、何のためにかぶっているのですか?

投稿日時 - 2008-07-10 19:50:48

QNo.4166377

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

頭を打った時のために保護するという目的もありますが、特にフォワードの選手は耳を保護するという目的もあります。スクラムや密集でのプレーで耳が擦れて内出血したりすることが多いのです。私がラグビーしてた時は、ヘッドギアの耳の部分をタオルで補強して使っていました。

投稿日時 - 2008-07-10 22:47:16

お礼

ご返信ありがとうございます。
頭と耳を保護するためですね。

投稿日時 - 2008-07-11 00:18:27

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

元々のヘッドギアは、スクラム時に耳を保護するための物です。。高校カテゴリーで義務づけられていたのはこのタイプでしたが、現在は、頭全体を覆うタイプ物も許可されています(ここ10年くらいのことです)。なお、試合で使用する物にはIRB(International Rugby Board)かJRFU(日本ラグビーフットボール協会)の認定が必要です。色の規定はないので、違う色を使ってもかまいません。
http://www.suzukirugby.com/products/suzuki/protect.html
http://www.sceptre.co.jp/sceptre/others/index.html
コンバートは旧タイプが多いな
http://www.rugby.co.jp/cgi-bin/goodslist.cgi?this_num_genre=&genre_id=00000003

最近のものは、頭を保護するのが目的ですが、硬質ウレタンなどの素材で1cm程度の厚みなので、アメフトのヘルメットほどの効果はありません。ヘッドギアだけでなく、ボディプロテクターについても、厚みの制限があって、アメフトやアイスホッケーのプロテクターのような保護機能は期待できません。

実際、これらの使用が解禁されてから、逆に使用選手が怪我した場合に重篤な結果につながる場合が多いというのがIRBでも問題になっています。ただ、使用しなければいいというわけにもいかず(使用したことによって防げる軽微な損傷もあるので)、検討が続いています。

なお、最近は余りはやっておらず(こういうのでも流行り廃りがありります)、世界のトップクラスのプレーヤーのほとんどは、こういったヘッドギアやボディプロテクターの使用をやめてしまいました。

投稿日時 - 2008-07-11 00:13:22

お礼

ご返信ありがとうございます。
ボディプロテクターがあるとは初めて知りました。

投稿日時 - 2008-07-11 00:21:07

ANo.1

ヘッドギアと呼ばれるものでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AE%E3%82%A2

http://directory.rakuten.co.jp/rms/sd/directory/vc/s1tz407937/

怪我防止だと思います。
高校生はヘッドギアを着けるのは義務付けされているらしいのですが、大学や社会人の場合は任意のようです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010407460

投稿日時 - 2008-07-10 20:03:39

あなたにオススメの質問