みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Linuxってどうやって収益を上げているのですか?

パソコンのOSにLinuxがありますが、オープンソースで無償で開発も自由と聞いておりますが、どうやって入手できるのですか?
またどうしてそういう提供の仕方するのですか?メリット・デメリットは?

マイクロソフトはOSのWindowsやOfficeを販売して収益・売上げをあげてますが
Linuxってどうやって収益・売上げを上げているのですか?

投稿日時 - 2008-07-10 17:27:06

QNo.4166078

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

入手方法はネット経由でのダウンロードや出版物(解説本やLinux専門誌)の付録などとして無料で入手するか、パッケージとして購入します。
パッケージ品は有料ソフト(フォント等)が同梱されていたり、サポート権がついています。

オープンソースというのはプログラムの中身すべて公開していますので、改良や機能追加を誰でもできるようになっています。
作業は基本的にボランティアとして無償でやっています(一部除く)
勝手にいろんな人がいじると無茶苦茶になるので、有志が議論を行って、
・仕様決め→コーディング→デバッグ→リリース
を行います。
それらに関してもすべて内容は公開される事になります。
Windowsだとブラックボックスなので、中で何をやっているのか、怪しい事をしていないかとかは判断できません。
オープンソースだと中身が見れるのでそういうことはありません。

開発に関しては基本ボランティアなので『儲ける、利益を上げる』という考えはありません。
よりよい物をみなに提供することが目的なので。

Linuxのパッケージ(ディストリビューション)が各社から発売されています。
設定を各社好みに設定し追加ソフトを同梱して発売していますが、Linux部分に関しては実費(ディスクメディア代程度)以外は無料なのでメーカーとしては販売利益はほとんどありませんが、サポートを有料とする事で利益を上げています。
MSもまともなサポートは有料になるので違いとは言えないとは思いますが。

投稿日時 - 2008-07-10 18:09:58

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

個人からの寄付金やハード提供、労力提供等の場合も有り。

Linuxは数百~数千のオープンソースプロジェクトの成果
の集合体です。
オープンソースプロジェクト開発に参加している企業の
中には自社の社員を開発に参加させるのと同時に、商用
部分を付加した製品版を作成して販売するといった所も
有ります。
無料版    製品版
OpenOffice<->StarSuite
PostgreSQL<->PowerGres

IBMはKernel他の開発に多数の人員を投入していますが
同時に自社のUNIXサーバー、汎用機用にセキュリティを
強化したLinuxを搭載して販売しています。
#数百台規模のブレードサーバーを運用するよりも1台
#の汎用機を使用した方がメンテナンス的にも能力及び
#費用的にも得な場合が出る様になってきたので汎用機
#の導入が検討される機会が出てきている様です。

黙って待っていれば誰かが作ってくれるとのんびりして
いると、おいしい所は全て持っていかれます....
#Windowsに比べて不便な所が有るから使えないという人
#が良くいますが、それこそが絶好のビジネスチャンス!!

投稿日時 - 2008-07-12 02:26:23

#4です。一旦、文章化してみるとより客観的に物事を捉えられるようになりますよね~、ということで自分で自分に突っ込んでみると。

サーバ用途のLinuxについてですが、正確にはRHEL,SLES共に無償版が存在します。

RHELの無償坂→Fedora,CentOS
SLESの無償版→openSUSE

それぞれの無償版には独自のコミュニティが管理・運営していて、これ自体はボランティア的な要素もかなり強いです。但し、その元となるソースなどを提供している各ベンダー側(Red Hat社やNovell社)としては、そこで得られたバグフィックスなどの情報を商用版に反映させているというわけです。つまり、各ベンダーにとって無償版は、実験的・お試し的な要素が強いということです(なんか問題があっても基本は自分たちで解決してね、というスタンスです)。

そういうこともあってか、無償版はセキュリティサポートの期間も短かったりしますし、半年後ぐらいにはすぐにまた次バージョンが登場したり、といったような住み分けがなされています。(但し、CentOSは例外。)

投稿日時 - 2008-07-11 23:40:54

最近では、FedoraにUbuntuにKNOPPIXにといろんなフリーのLinuxがいとも簡単に利用できるようになってきましたが(今後はここのカテ内でも、UMPCがらみの質問が増えてきそう)、本来LiunxというのはUNIXから派生したサーバ用途のOSです。よって、以下の二つに分けてみます。

(1)クライアント向けLinuxの場合
Linuxでは、Windowsとは比べ物にならないぐらいの種類がありますが(Linuxカーネルがフリーでオープンソースのため)、その一つ一つを「Linuxディストリビューション」と言います。で、そのLinuxディストリビューションの中でも、有償と無償の二つがありますが、その違いは要するに『付加価値』があるのかどうかです。

日本向けのデスクトップLinuxとして有名なのに、「TurboLinux FUJI」というのがありますが、このディストリビューションでは日本語入力に「ATOK for Linux」が利用できますし、Office製品とほぼ互換のアプリケーションソフトとして、「StarSuite」がインストール直後にすぐ利用可です。それに加えて、アンチウィルスソフトとしては、以下のサイトにもあるように、Kaspersky製のソフトも使用可能です(もちろんGUI形式で定義ファイルのupdateも簡単にできますし、Windows系でよく利用されているものと遜色なしです)。

「Kaspersky Anti-Virus for Linux Workstations」
http://www.turbolinux.co.jp/products/FUJI/kav/index.html

これが、Ubuntuとかの無料ディストリだと、どのフリーなアンチウィルスソフトを使うべきかから始まり(基本的に英語が出来ない人は、この時点でアウトです。)、インストールや設定等もスパイウェアやアドウェアなどの危険性を考慮しつつの非常に高度なものとなってしまいます。(みんな、だいじょうぶ?マスメディアに踊らされてない?)

(2)サーバ向けLinuxの場合
他の回答者さんと同じく、「サポート」が主な収入源ですね。日本国内でも、米国で有名な「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」や、欧州で有名な「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)」の二つがありますが、最近では「Oracle Unbreakable Linux」というのもあります。こちらの方は、以下のサイトの一番下の段落内にも「Oracleには以前,自社のOSを持ちたいという意向があったが,・・(後略)」という記述がありますね。

「米Oracle,Linuxサポートの真の目的」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20071010/284075/

ベンダー資格(OS,DB,プログラミング)を例に取って考えると非常に分かりやすいと思いますが、MSの場合はもう既にWindows,SQL Server,.NETの3つが揃っていますよね。Sunとしても、以前からあるSolaris,Javaに加えて、MySQLも配下に押さえてある。やはり、同じ世界的に有名なソフトウェア会社として、Oracle Databaseだけでなく、似たようなことをしたいということなのでしょう。

参考URL:http://enterprise.watch.impress.co.jp/cda/software/2007/08/30/11045.html

投稿日時 - 2008-07-10 23:50:50

ANo.2

入手は、ネットでも、可能
無償なのは、プログラム本体のみで、店頭で販売してるものは、サポート料が込みで販売されてるものと、CD等の印刷代のみで販売されているものが、あります

基本的に、収入は、ハードウェア・スポンサが居るわけです
例えば、マイクロソフトに、お金を支払って、ハードを販売、Linuxを導入して、ハードを販売、ハードウェアメーカは、どっちでも良いのです
ただ、選択肢がないのは困る
マイクロソフト、Unix等への、牽制役として、選択肢は残したいハードウェアメーカの出資が、主な収入源

開発者は、直接的な収入を、それほど求めてません
名を売ると言う意味が判りますでしょうか?
マイクロソフトにも、かなりの引き抜きでLinux開発者が雇用されてます
要は、私は、これだけの仕事が出来るんです!と、主張する場
また、大学の研究室なども・・・研究費用を捻出してもらうのに、名を売らなければ、研究費用も研究依頼も来ません

色々な思惑が動いてるのが、現実です

投稿日時 - 2008-07-10 17:54:57

ANo.1

Linuxはメーカーが利益目的に作ったものではなく、個人が無料で使えるOSとして作ったものです。
収益・売上げをあげる必要はないです。

投稿日時 - 2008-07-10 17:36:59

あなたにオススメの質問