みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

脳梗塞と糖尿病の治療薬

数年前から糖尿病に掛かっている母が脳幹梗塞で入院し、先月退院しました。
どちらも同じ病院なのですが、
内科(糖尿病)では「ベイスン錠」を、脳神経外科からは「プレタール錠」を処方され服用しております。

それまで糖尿病の薬は、ベイスン錠の0.2mgだったのですが、脳梗塞での入院中に0.3mgに増量されていました。
退院後、立ちくらみをよく感じるようになり、その際に母より薬が変わっていることを知りました。
その関連性への疑問も含めて病院に聞いたところ、
その病院では入院中は0.3mgしか置いていないという単なる院内事情に因るものでした。


インターネットで、0.2mgで効果不十分の場合は0.3mgを処方するという資料を目にしたのですが、
糖尿病の方はそれまでずっと数値が安定していたようですし、
脳梗塞が影響しての変更ではないとのことでした。
薬剤の処方量について、同一人の同一症状に対して入院と外来で異なることってあるのでしょうか?
例えそういう事情があるにしても、退院時にはまた元に戻すのが普通であるような感覚です。
結果的には、それで血糖のコントロールができれば問題ないとのことで、
アッサリ0.2mgに戻すことになりました。
(当方から聞かなければ、増量のまま治療を進めるほど、大差ない薬なのか疑問ですが)



この件もあり、現在服用中の薬について調べていましたら、
脳梗塞の再発予防である「プレタール」について、
処方する場合は「慎重に処方すべきケース」として「糖尿病の人」とあり、またプレタールには、
「脳梗塞再発抑制効果を検討する試験で、本剤群に糖尿病の発症例および悪化例が多くみられたとの報告あり」
とも書かれておりました。
プレタール服用にあたってはグレープフルーツ(ジュース)を避けなければいけないことも退院後1ヶ月の今になって
調べている段階で初めて知り、脳神経外科の医師から何の説明も受けておりませんでした。
糖尿病治療を含めて退院時には「特に食べてはいけないものはありません」ということでしたのに、
調べれば調べるほど、脳梗塞と糖尿病治療の相互関連について、母の場合、
総合的に見て、果たしてこの処方で大丈夫なのだろうかと心配になってきました。
現在の脳神経外科の主治医は入院した当初より、当方の質問や不安を相談しても
神経質そうな態度を示すばかりで余り親身に受け答えをしてくださいません。

長文で申し訳ありません。
この点について詳しい方、是非アドバイスをお願い致します。

投稿日時 - 2008-07-10 14:08:40

QNo.4165625

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

No.1です おかぁさんは62歳 A1C6.1で3食直前ベイスン服用中で脳梗塞を起こし、目にダメージが残っている由、様子が分かりました *乱暴な意見ですが、糖尿病では死にません=血糖値が450~500が続いて放置していれば死ぬこともありますが 何を言いたいかというと、脳や心臓や腎臓に来たら延命を優先して(もちろん目も大事ですが)、そちらの治療を徹底的にやります よく聞く話ですが、脳外科の医師は手術で救命は熱心だが、術後のことは今一だといいます 私の65歳友人も11月にくも膜下出血で救急病院に1ヶ月いた結果、右の手足が固まってしまい、次のリハビリ病院では、救命したら、1~2日後でもリハビリ開始だと聞いて愕然としました おかぁさんの目のことも含めた脳梗塞後の問題を熱心に診てくれる医師は必ずいます 優秀な医師を探し当てることもとても大事な治療です *実は私も10年間、低カロリー高タンパク食1600kcalを続けてきましたが、最近のクレアチニン1.7尿蛋白2+で慢性腎不全で、今度は、低蛋白質低塩分2000kcalに切り替えました=ワケは腎臓は悪化すると尿毒症で死ぬからです

投稿日時 - 2008-07-11 22:35:07

お礼

低カロリー高タンパク食で血糖コントロールしていても腎臓に影響が出てきてしまうこともあるんですね。
血糖値だけでなく脳梗塞の場合むしろ血圧やコレステロールにも注意していかないといけないようですし、
そうなると、糖尿病の食事療法で言われるような「食べてはいけないモノはありません」という言葉が効いてこなくなりますよね。
こちらでは良くても、あちらでは控えましょう、と複数の病気を意識した場合、相反する食材も多いですし。

ただ、私の疑問はまだまだ闇の中です。

投稿日時 - 2008-07-13 21:19:02

ANo.1

おかぁさんの年齢、糖尿病のA1C、脳梗塞の程度(MRAなど)が書いていないので、具体的なアドバイスは専門医でもムリです この2つとも私69歳 A1C5.8 2006.7血管内手術です=ベイスンは食事直前の服用薬で、食後高血糖を改善するのが目的なので、糖尿病治療薬ではありませんが、おかぁさんの糖尿病がその程度だとして、プレタールですが、私も手術直後2ヶ月服用しました=服用直後、顔がほてり、何かドキドキ感があったので、脳外科主治医に言って、パラクロジン100mgにしてもらい、朝夕1T+水をガブガブのんで2年後の今のMRAでは変化なし(再発なし)という状態です また主治医からは血圧も下げた方が良いという話でブロプレス12mgを朝のんでいます *プレタールは
高い薬なのでパラクロジンが15Tも買えます お大事に

投稿日時 - 2008-07-11 07:19:03

補足

情報提供不足でしたね。
62歳、HbA1cは直近1ヶ月前の測定値は6.1です。
症状は当初より軽い方で、前任の内科医師から「数値はいいです」とずっと言われていたそうです。
そのせいもあってか、今回の入院までここ何年間は正直言って食事も余り気にせず油物も好んで食べておりましたし、
車中心の生活で、規則的な運動は全然やっておりませんでした。
血糖値は現在も正常で、体重も退院後の食事療法でほぼ標準体重近くまで落ちています。
脳梗塞の方は、脳幹の中の1mm以下の細い血管が詰まり、入院後約2週間で撮影した2回目のMRIでは1cm程度の梗塞の痕が出ていました。
他にも小さな梗塞(の痕?)が別に3ヶ所画像に出ておりましたが、
それはある程度の年齢になれば多くの人に見られる隠れた梗塞で、
外科的治療は不要とのことでした。
後遺症として視覚障害(両眼複視・下から上への動眼神経麻痺)が出ています。

投稿日時 - 2008-07-11 16:19:45

あなたにオススメの質問