みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三菱コルトのコマーシャルの感想

 最近三菱が発売したコルトのコマーシャルですが、まじめ・まじめ・まじめと連呼してますよね。
 車自体にはまったく不満があるわけではないのですが、数年前のリコール隠しがなかったのかのようにまじめを連呼されて、ちょっと不快感を持っています。
 というのは妻が最近まで乗っていたミラージュがリコール隠しの対象車で、発覚後に部品交換をした経緯があるからです。
 確かに三菱はそのことで大きな代償を払いましたし、もういいだろうと言いたいのかもしれませんが、個人的にはまだ早いんじゃないのと感じます。
 私自身三菱車と関わりがなければ何も気にならなかったのですが、ちょっとだけ接点があったものですから。
 みなさんはどう感じていますか?
 ご意見をお聞かせください。

投稿日時 - 2002-11-29 22:53:21

QNo.416556

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>数年前のリコール隠しがなかったのかのように
>まじめを連呼されて
r390gt1さんはそう思いましたか?
私は数年前に不正があったから
心を入れ替えて?真面目につくっていることを
連呼しているんだと感じました。
実際、リコール隠しの発覚によって潰れかけ
ダイムラークライスラー傘下に入ることで生き残り
以後、ダイムラークライスラーのクオリティゲート審査を通らないと
上市認可が下りないシステムになったようです。
不正で広告を自粛した後の、復活第1弾広告が
この「クオリティゲート」の広告でしたね。
次が、eKワゴンで「ドイツ基準」でしたね。
で、今回が「まじめ・まじめ・まじめ」。
実際に真面目になったか否かは分かりませんが
ストーリーとしては、堅実だな、というか
ブレがなくて、方向性が定まっていて、イイな、と思います。

私は三菱の競合のクルマメーカーの広告の企画をやっているのですが
三菱の広告戦略は堅実だな、真面目だな、と
少し関心するところがあります
eKワゴンの広告表現に見え隠れする
現在のクルマメーカーの悩み、あるいは
ハートビートモーターズのシリーズの
最近クルマはあなたを感動させていますか?といった
広告表現に見え隠れする悩みは
同業の人間として非常に共感するモノであり
ちゃんと真っ正面から取り組んでいて偉いな、と思います。
私がそんな感想を持ったのは
実は、リコール隠しの発覚より少し前からで
あの事件がなくても、もしかしたら三菱は
現在の「まじめ」路線に向かっていたかもな?と思います。
私もスモールカーで「真面目さ」をウリにする戦略が
やりたかったりしたんです。

ただ、三菱の広告は、取組み姿勢は堅実で真面目でイイですが
表現は下手ですよね(‥;。
他の方が答えていたように、真面目は自ら言うもんじゃ
ないと思います。
そこにワン・アイディア、一捻り加えないと
消費者を共感させる広告表現にはならない筈で・・・
でも、そんな余裕が、今の三菱には
きっとないんだろうな・・・

投稿日時 - 2002-12-02 12:11:50

お礼

 非常に興味深い回答をいただき参考になりました。
 今までのCMを思い出してみると、なるほどと考えさせられますね。
 ただし、最終的な回答としては一番下の部分に集約されていますね。
 やはり外部の人間がこのメーカーはまじめだなと判断するものであって、それを自らが言っちゃだめなんじゃないって気がします。
 専門家としてのすばらしいご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-12-02 22:06:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.11

良くも悪くも宣伝効果ばっちりだったのでしょう。
それは皆さんの回答を見ればわかりますね。
不快感を持つ人には、宣伝イメージではなくて実際に手で触って判断してもらえば
いいわけだし。そうすれば実際の車の良さがわかるというメーカーの自信の現れかもしれませんね。
三菱に出来ることはただ車を作ることだけですよね。それがいい車であることそんなことは何処のメーカーも同じこと、まあこれからのがんばりを見ていきましょう。
どこのメーカーの車も工業製品である以上それなりの不具合はあるもんなんですけどユーザーとの付き合い方というのも重要ですな。

投稿日時 - 2002-11-30 23:08:43

お礼

 確かに宣伝効果はあったということですね。
 三菱もダイムラーからの資本を受け入れている現状に甘んじることなく、いい車を発売して少しでもダイムラーの株を買うくらいになって欲しいですね。
 商品の品質がいいことはもちろんですが、その後のアフターはそれ以上に重要ですよね。
 それを間違えれば、2度とこのメーカーの車になんか乗るもんかなんてことになりますからね。
 

投稿日時 - 2002-12-02 21:44:15

ANo.10

宣伝効果があったのか、コルトは2日で8000台も売れたとか。
過去の汚名を払拭しようと必死なのは分かりますが、見た目はどう見ても「フィット」の真似だし、
燃費の良さでもフィットを追い掛けているようですが、同じコンパクトカー市場の
トヨタ「Willサイファ」日産「マーチ」と比べると、カスタマーチョイスという点で
他社と差別化しているだけで、いまいちパッとしない。
「まじめ」なのは当たり前であって、そこを売りにするメーカーとしての必死さが却って哀れ…のような気がします。
「まじめ」という連呼によって過去のリコール隠しを連想させてしまって逆効果とも思えますが…。
しかも「日本とドイツが真面目につくった」?って、何が言いたいんでしょうね?
ドイツ人が一番支持しているのは日本車、つまり日本の技術なんですよ。
まだ日本人のドイツ車信奉に訴えかけようって言うのでしょうか…。ちょっと安易な気がしますね。
薄利多売のコンパクトカーはこの御時世で確実に売れる市場であることは間違いないようなので、
この市場での成功がそのまま三菱としての復活とは言い切れないことを経営陣は肝に銘じて欲しいですね。
結論としては、あの宣伝は私は嫌いです。
「さくらや」の宣伝(関東では流れていますが、知ってますか?)と同じで、
当たり前のことを全面に押し出すということは、他に売りがないってことですからね。

投稿日時 - 2002-11-30 21:00:38

お礼

 やはり自らがまじめと言うべきではないと思いますね。
 日本とドイツがという点については、ダイムラーと三菱が共同で開発ということなんでしょうけど、逆にドイツをアピールすればするほどダイムラーから資本を受け入れているということが明らかになってしまうと思うんですけどね。
 さくらやについては、数年前私が住んでいる県にも進出してきたんですけど、なんとたった1年で撤退してしまったんです。
 そのときに流れていたCMでは「安さ爆発さくらや」と言っていましたが、今もそうなのでしょうか?
 

投稿日時 - 2002-12-02 21:34:05

ANo.9

「まじめ」を連呼してる割には衝突試験の映像はストップモーションでキャビンが潰れる前に止めてますね。あれ以上見せるとまずいことでも有るんだろうと勘ぐってしまいます。CMを見る度に「どこが!」ってつっこんでます。

投稿日時 - 2002-11-30 11:13:17

お礼

 私としては、やっぱり自らがまじめっていうのはどうかなと思いますね。
 ただ、数多くの方から回答をいただいたところを見ると、良くも悪くもCMとしては成功なんでしょうね。
 三菱にやられたって感じです。

投稿日時 - 2002-12-02 20:27:10

ANo.8

あのコマーシャルはよく流れていますね。とても耳に残ります。
しかも、「まじめ。まじめ、まじめっ!」と、口ずさんでしまうくらいです。

コルトはグッドデザインを受賞しているようですね。私はあのデザインは
嫌いです。CMは好きですが車は嫌いです(見た目が)。

また、リコール隠しのその後にこのCMという件ですが、良い方にとらえると
あんなことがあっても車は作らなくてはならないので、三菱ができる
せいいっぱいをやっている、一生懸命やってますって感じで良いと思います。

>もういいだろうと言いたいのかもしれませんが、個人的にはまだ早いんじゃないのと感じます。
 上記のように、新しく作る車は頑張ってもらって、過去の償いは引き続き
やってもらいましょう。というのが私の気持ちです。

結論は、コマーシャルはO.K.です。とくに、ジーパンのタグのやつが!

投稿日時 - 2002-11-30 10:29:24

お礼

 私もコルトのデザインは、今後の三菱の象徴となるのであろうフロントグリルがだめですね。
 リアはすっきりしていていいと思います。
 なんてったって以前の三菱は、ミラージュディンゴっていうすごいフロントマスクの車を出していたくらいですですからね。
 妻は自分が乗っているミラージュがこんな顔になったって嘆いていましたけどね。
 過去は過去、CMはCMと割りきりが必要ですよね。

投稿日時 - 2002-12-02 20:24:29

ANo.7

悔しい過去の経緯を持つ人にとっては悪いイメージを払拭することはできないと思います。ただ、確かにその代償として、三菱のあの過去を知ってる一般人のイメージには、新車選びに大きく左右して影響を与えていると思います。しかし、まだ、免許も持ってない新しい世代に賭けている気もします。
免許も持っていない若い子に聞くと、今やってるコルトのCMだけが、印象に残って後の車のCMはほとんど覚えていないそうです。1回でいいまじめを3回も連呼されるとかなり気になるそうです。車というものを頻繁に使う世代には車のCMって印象深いものなんですけどね。ということで、印象深いCMにするためのトリックにすぎません。また、某有名俳優さんをナレーターに起用して、バレバレではありますが、BGMの歌手もわざとシークレットにしています。また、あの過去を知っている世代でも、まじめと3回も言われたら、腹は立つけど 何か気になってくる という人もいるでしょう。目障りなものほど、実は興味があるものというすり替えも狙いだと思いますよ。CMだけでいうと、(CMだけですよ)三菱は巧みだと思います。昔の名曲を使ったり、今回も昔の名車の名前を復活させて起用したりとにかくうまいです。CMに使用するイメージカラーをみんなが選びやすいシルバーに設定して放送してきたのも、とにかく巧いです。これで、次はフィットと被らない色のウォームシルバーかライトイエローグリーンで次の攻勢をかけてきたら、相当のやり手だと思います。CMだけなら、長年外人さんだけしか、CMに起用せず、日本人の視点に立とうとしなかったホンダ(フィットアリアからは変わると思いますが)より、よっぽど巧いと思います。ただホンダさんに先見の目があったのか、コルトはフィットに似すぎてしまったので、今後は差別化をアピールしたCMをうちだすことが大事なので、そういう攻勢をかけてくる気がします。例えば、安全性にこだわった=三角窓を大きくとって右左折時の視界がよく、また長いノーズが安全性に生かされている とか、テールライトは縦に長いがデザインも損ねてないし左右のボディに流れていて、後続車や周りの車への安全への配慮がある とか シートの質感 とか 街に溢れすぎて飽きられ気味のフィットに対して(⇒車種名まで出しては言わないと思いますが)こちらはカスタマーフリーチョイスがあるというアピールとか こういうのが有り得ると思います。  

投稿日時 - 2002-11-30 08:32:15

お礼

 回答ありがとうございます。
 たしかに皆さんの回答どおり、良くも悪くも反響があるということは印象として残っているということですよね。
 ただ、私個人としては、伊東美咲さんが出演しているデミオのCMの方が強く印象に残ってるんですけどね。
 やっぱり男性だからきれいな女性に弱いだけでしょうか(^^)
 冗談はさておき、デミオのCMは本当にいいと思います。
 何がってわけではないんですが、明るい雰囲気で親しみを感じるんですよね。
 逆にコルトはまじめ・まじめ・まじめですから、クラスに1人くらいいるような物静かな優等生って雰囲気で、いい車なんでしょうけど私としてはあまり親しみは感じられないですね。
 CMだけでもそうなのですから、イメージって大切ですね。
 

投稿日時 - 2002-12-02 20:10:12

ANo.6

「今までのことを反省してまじめに作ります。」と言う意味を込めて言っているのだと思います。

投稿日時 - 2002-11-30 06:32:08

お礼

 回答ありがとうございます。
 そう解釈するのであれば、不愉快にもなりませんし逆にがんばれよとも言いたくなりますよね。
 私自身は三菱車のファンというわけではありませんが、日本の自動車産業のためにもコルトは売れて欲しいですね。

投稿日時 - 2002-11-30 08:16:17

ANo.5

現在HN通りに三菱車に乗っています。
私は何故に皆さんがそのような過剰な反応を起こしているか分かりかねています。

確かに三菱はリコール隠しが表沙汰になりました。それ自体は非常に悪いことなので今更議論するまでも無いのですが、コルトのそれに関しては単なるキャッチフレーズであり、車のコンセプトとして「細部に渡るまで遊び心を抜いた造りになってるよ。」と言うアピールだと思っています。

このキャッチフレーズと三菱の不祥事を一緒にされては車を売る一つの術さえ否定されてしまう事になってしまうと考えます。

実際に遊び心満点だけど安全性を無視したかのような車は天下のトヨタにも多々見受けられます。と言うより、今やトヨタの方が奇抜なスタイル重視で視界を妨げている車を量産しています。(Will VS や OPA等)

「もう良いだろう。」とは思っていないと信じませんか?でもってもう少しキャッチフレーズは単なるフレーズだと割り切りませんか?コルトは良い車だ思いますよ。

投稿日時 - 2002-11-30 00:08:34

お礼

 回答ありがとうございます。
 確かに割り切りが必要かもしれませんね。
 私自身は、今も三菱自動車に不信感を持っているわけではないんです。
 ミラージュのリコールの時も、今までトラブルが出なくて良かった、これからは安心して乗れると思った程度なのですから。
 これから5年も10年もたっていけばユーザーも忘れてくるし、その間にすばらしい車を何台も発売していけば、マイナスイメージも徐々に払拭されていくでしょう。
 ただ、トヨタのようなハイブリット車、燃料電池車を販売およびリースしている企業が「まじめ」と使うならともかく、数年前に不祥事が発覚した三菱が「まじめ」と使うことに多少の不快感を覚えたしだいです。
 コルト自体にはまったく不満はありませんし、三菱のためにはekワゴン共々売れる車種になって欲しいとは思っています。

 
 
 

投稿日時 - 2002-11-30 08:11:28

ANo.4

「自分は真面目です」って言う人なんて、
信用できないですよね。

広告代理店は何を考えて、こういうCMにしようと
考えたのか疑問です。

投稿日時 - 2002-11-29 23:22:25

お礼

 回答ありがとうございます。
 私もそう思うのですが、他の方の回答にもあるようにインパクトを狙ってこういうものにしたのでしょうね。
 良くも悪くも、私やご回答をいただいた皆さんのように印象に残っているわけですから。
 これはCM効果からすれば成功なのかもしれませんね。

投稿日時 - 2002-11-30 07:56:17

ANo.3

 確かに欠陥車隠しは、許し難い事です。まぁこっちにとっては命に係わる事ですし。
 ただ隠し通した企業も中にはあるのでは、ないでしょうか?私の近辺の車に乗っている人の話を総合すると、嫌いなメーカーの理由のほとんどが、昔「欠陥ぽい」車を買ったと言ってます。当然「T」も「H」も「N」も「S」も「M」も「F」......。
 それに三菱の以前の欠陥隠しは、所謂「経営陣」役員クラスの問題で、一般職はいたって「まじめ」と書いてあった。(まじめ過ぎて車に「遊び心がない」なんて...)

投稿日時 - 2002-11-29 23:20:01

お礼

 確かにトップクラスの幹部が過去の過ちを断ち切れずにずるずると隠していただけであって、一般職員はそのようなことは知らされていないのでしょうから今回のリコール隠しの件はくやしかったでしょうね。
 私自身はトヨタ、日産、スバルと3社の車に乗ってきましたが、自分のフィーリングに会うのは日産、スバル、トヨタの順で、ディーラーのサポートが良かったのは、スバル、日産、トヨタの順ですね。
 車に良い悪いに関してはメーカーの責任かもしれませんが、メーカーの手を離れユーザーに渡ってからはディーラーの対応が重要ですよね。
 

投稿日時 - 2002-11-30 07:52:49

ANo.2

私は,親がトヨタに勤めていました。
反抗するわけではないのですが,好きな三菱車を買いました。
ある日,調子が悪くなったので修理を依頼するも直っていませんでした。
2度の修理で症状が出なくなったものの,原因を聞くと,
「キャブをオーバーオールしたら治ったんです。」
と煮え切らない返事でした。
それ以降,三菱に対しての不安が離れず,敵情視察のつもりで,2台目からトヨタにしたらやっぱりいいです。
私の車も,リコールを隠されていたのかな?なんて思っています。
だいたい,まじめなんて言って・・・今まで不真面目?などと思いたくなる体制が悪いでしょ。
裏切られたファンの怒りは冷めませんよ。

投稿日時 - 2002-11-29 23:19:24

お礼

 回答どうもありがとうございます。 
 私は今までトヨタ、日産、スバルの車に乗ってきました。
 その中で一番サービスでの対応がよかったのがスバルです。
 何度か調子の悪いところがあったのですが、その都度きちんと見てくれて理由も分かるように説明してくれました。
 同じ症状が2度、3度と出ても嫌がらずに前回はここを見たから今回はここを見ましたと説明してくれてすごく信頼できました。
 ですので、メーカーというよりはディーラー、それそこ対応する人ですよね。
 たとえ不調部分があったとしても、きちんと見てくれ納得できる説明もしてくれれば、不信感どころか信頼につながりますよね。
 私はsiroyamaさんとは逆に、1番最初に購入したトヨタ車を購入したディーラーの対応が悪かったため、たった1台だけでお付き合いをやめました。
 メーカーの体制も重要ですが、直接ユーザーと接するディーラーの担当の責任もそれ以上に重要かもしれませんね。
 対応がしっかりしていれば、今もsiroyamaさんは三菱車に乗っておられたかもしれないわけですからね。
 ご意見にまったく同感です。
 

投稿日時 - 2002-11-30 07:43:23

ANo.1

r390gt1の意見に同感です。
私も違和感を受けています。
一時は、もうこの会社は終わりかと思いました。
しかし三菱自動車自体、経営陣が一掃され、
やはり車づくりをしていこうということで、
(企業ですから収益を上げるため)
取り組んでいるのかなと思います。
きっと、広告代理店との間で、
思い切ったインパクトのあるPRをコンセプトに、
このCMが出来たのではないでしょうか。
ただ、あまりまじめ、まじめは、
まじめじゃないみたいですね。
きっと、まじめに作ったのでしょうが。
ほんとにまじめなのか、チェックしに行きたいと思ってます。

投稿日時 - 2002-11-29 23:16:59

お礼

 回答どうもありがとうございます。
 私は今現在の三菱に不信感があるわけではないんです。
 私自身トヨタのファンではないのですが、世界でもっとも進んだハイブリット車を発売し、まだ高価で走行距離など一般的ではありませんが燃料電池車もリースを開始しています。
 このような企業がまじめとコマーシャルで使うのなら理解もできるのですが、三菱が使っていることについて、ちょっと言葉は悪いのですが「お前が言うな」って気持ちになっちゃうんですよ。
 でも過去は過去、これからはまじめにいきますと割りきりが必要かもしれませんね。
 どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2002-11-30 07:28:59

あなたにオススメの質問