みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

地震と断層につて教えて!

 次の2つについて 教えてください。

1 フォッサマグナは大丈夫ですか?
 かなり過去に、断層で阪神、中央アジアで、少し過去に これも断層で日本海側で チョット前に 中国でも そして今回岩手県でも 断層による地震がありました。

 日本列島で有名な、フォッサマグナ(中央地溝帯)には、これら(中国の地震は関係がないと思われますが)の地震により、ひずみが加わり ズレなどの圧力がかなり増大していると思うのですが、大丈夫でしょうか?


2 プレートは、過去から一様な速度で移動しているのでしょうか?
 移動の早い時期、あまり移動しない時期など、周期的繰り返しは無いのでしょうか?

 周期的であれば、現在はプレートの移動が「速い(プレートの活動が活発)」「遅い(活発でない)」時期のどちらになっているのでしょうか・・・。なんだか、最近地震が世界(地球上)においてやたらに多く感じるのですが。

 単純に、情報網が発達したせいで 多くの情報を知ることができるようになったため、地震発生を多く知ることができるようになったのであればよいのですが。

投稿日時 - 2008-06-22 16:09:36

QNo.4120463

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

専門家ではありませんが 地震に関心があって色々とWebで何年か見ていたので 知っていることを紹介しますね。
まずフォッサマグナですがこれは断層ではありません、それは糸魚川-静岡構造線断層帯と言われるものだと思います。フォッサマグナは断層ではなくて日本列島を分断するように存在するくぼみのようなものです。
こちらを参照
http://www.city.itoigawa.niigata.jp/fmm/outline-menu/02outline-fm/02fossamagna.html
それで本題ですが 最近地震が多い事は周知の事実です。日本は神社やお寺が昔からあって そこで過去の地震に関する情報がかなり細かく確認できるので現代の地震研究にもずいぶん参考になっています。過去の地震の歴史を見ると地震が多い時期と平穏な時期が存在しているようです。
おっしゃるように日本列島はプレートの圧力を受けていますが、1つはフィリピン海プレートでもうひとつは太平洋プレートです。
フィリピン海プレートは東海地震などの南海トラフの地震ですね、このプレートは年間5センチ程度の速度で日本列島に動いているらしいです。
太平洋プレートは関東以北の東北沖のプレートですがこちらは年間10センチの速度らしいです、プレートの速度はほぼ一定ですが日本列島にかかる圧力が変化することに注目してください。
結局この2つのプレートが日本列島に圧力をかけていって、境界で歪が耐えられなくなると海溝型の地震が発生して歪が解消されますが、同時に日本列島への圧力も低下するようです、要するにプレートの歪が高くなると日本列島が高い圧力を受けて列島内部の活断層が動き易くなると言うことです。
フィリピン海プレートの引き起こす南海トラフの地震は120年周期くらいで東南海地震は30年以内の確立が70%くらいあります。
また太平洋プレートの地震は場所により異なりますが宮城県沖茨城県沖の地震は30年以内の確立が50%超えています。
要するに 現在は日本列島は2つのプレートによって高い圧力を受けている時期であり、内陸の活断層が活発化する時期と言えると思います。

活断層も発生確率が公表されていますが周期が何千年と長い為に、何十年というスパンでの発生を予期するのは困難な状況です。ご心配されている糸魚川-静岡構造線断層帯には幾つか断層帯が特定されていますがかなり高い確率で危険性を指摘されている断層があります。1つは塩尻付近の牛伏寺断層で もうひとつは静岡の富士川河口断層帯です。いずれもトップクラスの発生確率です。
ただし 今回の秋田の地震のようにノーマークの内陸地震が発生する可能性も十分ありますので日本のどこでも今後の何十年かは注意が必要ですね。
地震活動の平穏期が訪れるのは南海トラフの地震と宮城県沖茨城県沖の地震が起こった後になると思います、だいたい3、40年後でしょうか。

http://www.jishin.go.jp/main/p_hyoka02.htm

中国の地震は日本の地震とは直接的な関係は少ないと思います、あの場所はインド亜大陸のプレートの北上により発生するひずみによるものと思います。

いずれにしても十分ご注意ください。

投稿日時 - 2008-06-23 01:03:35

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 とても参考になりました。
 
 ご指摘のとおり『フォッサマグナは断層ではなくて日本列島を分断するように存在するくぼみ』です。
 
 気になっていたのは、フォッサマグナの部分に、数年前に長野県伊那の博物館で断層の現状を見て、四国、淡路島をとおり、ご指摘の南海トラフの上部を通過し伸びている「中央構造線」が関東平野の下部に入り込んでおり、上部にローム層が堆積して断層面が分からなくなっていること、またご指摘の「糸魚川-静岡構造線断層帯」を思うと、少々心配になって、この質問をしたしだいです。
 さらに上述した博物館で、関東平野はローム層で断層の発見が遅れているとも聞き、心配になっていました。 

投稿日時 - 2008-06-23 23:12:38

あなたにオススメの質問