みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

離婚による共有名義不動産の処理と住宅ローンについて

この度離婚することになりました。
不動産については、私が全て取得します。
夫の不貞によるので、財産分与と慰謝料こみです。

・住宅金融公庫で、マンションを購入。
・夫が債務者で、私が連帯債務者
・所有権は半分ずつ
・私は現在も正社員だが、夫より年収は低い
・私がこのまま住み続けたい。

そこで、問題なのが住宅ローンの返済についてです。
私の年収では、債務引受、債務者変更に応じてくれる
かが難しいです。
所有権のみ私に移し、債務者は夫のままで、
返済は私が行っていくしかないとは思っていますが。
収入合算で借入したので、ぎりぎり返済できるかどうか
といった感じです。

借り換えも検討中ですが、年収380万円、残債1300万円
の状態で、貸してもらえる金融機関もあるかどうか、また、
住宅金融公庫の長期固定低金利で借入したので、
借り換えしても、金利が増えたら、意味ないんじゃないかとも
思います。

色々考えすぎて、混乱しています。
どのように進めていったらよいか、お知恵お貸し下さい。

投稿日時 - 2008-05-28 11:43:21

QNo.4056735

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

収入対借入残の基準では借入も何とかなる水準ですが、経験則では、夫婦間の譲渡・財産分与を理由にして住宅ローンを認めてくれる銀行は無さそうです。手続的には以下の二つのどちらかになりそうです。

(1)離婚を理由にして、不動産の登記名義の変更と連帯債務の負担割合を現状の夫100%・妻0%から妻100%・夫0%に変更してもらうように住公・窓口銀行に申入れする。(貸し手側にとっては夫+妻合算での収入要件は不変、返済口座は変更が必要)登記名義変更は公庫の了解後に行う。夫にとっては従たる立場での返済義務は今後も継続する。但し、現実面で公庫側が応諾してくれるかどうかは不透明です。

(2)公庫・窓口銀行へは何も知らせないまま、登記名義の変更をした上で夫名義の返済口座の印鑑・通帳を質問者が完済まで預かって管理(毎月返済額の入金)をする。これは当事者の意思だけで何とかなる手法ですが、今後夫の名義の支払が回ってこないよう夫名義のクレジットカード等の引落契約は変更させる必要があります。

(3)上記(1)(2)のどちらにしても、そもそもの問題として、今後のローン返済が確実に継続できるのでなければ、先になってかえって不幸な事態になる事になります。物件時価が不明ですが、借金1300万円が残っている不動産は、資産価値が無い(マイナス1300万円)として財産分与の処理をされているか疑問です。

(4)仮に、将来の一定期間夫が慰謝料の分割支払といった名目で毎月のローン返済を負担するような取り決めをして返済を継続するような資金繰りを立てても、夫側にも新しい生活負担もあって、支払が維持できなくなるといった事例は世間に多々発生しています。

投稿日時 - 2008-05-28 16:15:56

あなたにオススメの質問