みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

心理学でDistance Learning

現在留学しているのですが、来月帰国したらすぐに大学受験になります。ですが私は1年分日本での勉強が遅れている事もあり、日本の大学はあまり受験に向いてはいません。
そこで海外の大学を受験しようとも思ったのですが、留学生は現地の学生の授業料の数倍は軽くとられてしまうということで、Distance learningにしようかと考えています。いろいろ調べてみたのですが、Distance Learningは大学によっては現地の学生と同じくらいの料金で受けれるとか。また、手続きをすれば普通に学校へ行って授業を受ける事も可能ということを耳にしたのですが、どうなのでしょうか?
心理学を専攻して博士号をとるのを目標にしています。大学院は海外の大学へ行く予定ですが、大学の4年間は通信にしたいと思っています。そうすると単位がちゃんと大学院にトランスファー出来る大学にしぼられてしまうのですが、どこの大学へ行けばいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-05-27 03:20:53

QNo.4053599

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も夏からDistance Educationで学位を取得しようかと検討しています。
米国で高校卒業後、2年半程大学に行ってましたが諸事情により帰国しました。それから、仕事や結婚で大学に戻れずじまいでしたが、経済的にも余裕が出てきたので、戻ろうかと検討中です。

まず、ネットでわんさか出ているOnline Collegeは就職に直結するプログラムばかりで、心理学を専攻できるのは州立・市立大学がオファーしているDistance Educationにほぼ限られると思います。日本で仕事をしながら、と考えているのであれば、No.2の回答者の方がおっしゃっているように米軍基地内の大学を検討してください。心理学ならUMUC Asia(メリーランド大学アジア校)があります。できれば通学のほうがいいかと思いますが、無理であればDistance Educationが可能かどうか、学校にコンタクトを取ってみてください。http://de.asia.umuc.edu/about/ ←ここのEligibilityを読んでください。サイトによると授業料は1単位$181、1教科(3単位)およそ$543となってます。
ここ沖縄では、県人材育成財団が窓口で試験や面接を行い、合格者を決定してます。ちなみに、TOEFLはPBT550/CBT213以上が必要です。それ以下だとブリッジプログラム(ESL)になります。Distance Educationにはブリッジはないかもしれません。

私は学士を取るのが目的ですが、博士であれば、大学に実際に通うことをお勧めしますよ。私は今の職場で日本の有名大学で修士を取得している方々が欧米大学で博士を取る為に苦労して受入大学を探しているのを見てます。大学院に行く事も考えてGeneral Studyの単位のみを通信で取って、専攻分野の授業は米国本土の大学へ編入するほうがよいかと思いますよ。

また、日本の大学の中には帰国枠入試を設けているところもあります。国際基督教大学、上智大学、早稲田等、意外とあるので、その線も検討してみてはどうでしょうか?各大学によって入試時期・入学時期が違うと思うので調べてみるといいでしょう。

あとは、グリーンカードの抽選に応募して、当選を狙うしかないでしょうか。行きたい大学の州に永住してResidentになる・・・。まぁ、冗談ですが(笑)。

参考URL:http://de.asia.umuc.edu/

投稿日時 - 2008-05-30 17:36:15

補足

ご回答ありがとうございます!参考にさせていただきました。

一応海外の大学へ進学することにしようかと思います。

そんな事も出来るんですね!ではGeneralの単位はなるべく安く済むように考えたいと思います。

帰国子女推薦は私は使えないのです。帰国子女推薦は2年以上海外の学校で教育を受けた生徒でなので、私には該当しないんです(涙)

グリーンカードは弁護士に頼めばとれると聞いた事があります。
どの道を進むにせよ今後の計画をたてて行きたいとおもいます!

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-05-30 22:55:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

28人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

理系の心理学は実験、文系の心理学は実習がつきものですから、通信教育には向きません。
実際には、かなりの長期間を現地で過ごさなければなりませんから。

また、州立大学でも州外の学生は留学生と同じNon-Resident値段なのは通信教育でも同じです。
よって、それほど安くはなりません(アメリカ在住で自分も受けてみようと思って調べてみたことがあります)。

No1さんの仰る通り、通信教育は働きながら学びたい現地人のための講座なので、言葉のハンデのある留学生には厳しいです。
留学生の友人があるDistanceの講座を履修しましたが、授業のビデオ音声が外国人には聞きづらい、ものすごい勢いで質問がチャットされるので読みきれない、教授や学友にすぐに聞くわけにはいかないので、分からない部分は独学で勉強しなければならず、途中で挫折しそうになり、仕方がないので私の自宅で家庭教師をしました。

心理学を学ぶのであれば、日本か海外の大学へ行って、きちんと基礎を習得されることをお勧めします。
授業料を節約したいならば、日本で通信教育の大学で単位を取得するか、米軍基地内にある大学などへ通って(基地内大学で検索してみてください)単位を稼ぎ、アメリカの大学へ編入するという手段もあると思います。

投稿日時 - 2008-05-28 22:20:15

ANo.1

もしまともな大学院に進学を希望されるなら、通信教育はお勧めできません。おそらく、この通信教育が私立であれば、大学を卒業するまでに係る授業料をかんがえれば、州立の安い大学でもとあまり変わらないのではないでしょうか。

高校のGPAがたりない、SATの点数が低いということであれば、別ですが、私は教授と面談できる環境のある大学に進学する事を勧めます。大学院の入学のためには、教授(複数)からの推薦状が必ず必要ですが、顔も知らない学生の推薦状を通信教育の担当教授が書けると思いますか?

通信教育というのは、働きながら大学の学位を取得したい人たちのためにあります。したがって、その学位も職業訓練的な物が多く、学術的な評価は通信教育の大学には与えられていません。したがって、ここから、学術的な研究を主とする大学院に入学することは無理があると思うのは私だけではないように思います。

アメリカの大学院は、大学の成績を重んじてその出自(どの大学か)ということを重視しないという意見もありますが、これは真実の半分で、同じ成績であれば、高い評価されている大学の卒業生が有利であることは自明の理です。また、出身大学によって、その大学が歴史的に優秀な学生をある大学院の送り込んでいる場合には、その大学の名前が入学の審査を有利にします。

結論としては、博士号取得を目標としているのであれば、通信教育はその目的から一番遠いところにある大学教育であるので、やはり普通の大学に入学して、心理学部で一番の成績をおさめるとが博士号の近道のように思います。アメリカの南部にはまだ経費の安い州立大学が沢山あるように思いますが、いかがでしょう。また、2年間のコミカレ経由4年制大学という手も総経費を安く上げたいのであれば、あるように思います。

投稿日時 - 2008-05-28 08:46:02

あなたにオススメの質問