みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

herbの発音

アメリカ人の友達はherbs and spicesをアーブと発音しますが、Herbと言う名前はハーブと発音するように聞こえます。
またhumanはユーマンと聞こえるのですが自分の耳がおかしいのでしょうか。ややこしいのはイギリス人の友達はハーブ、ヒューマンと発音しているようです。でもイギリス人はhomeをオームとか、hを発音しない事もあると聞いていて、ますますわからなくなってきています。恥をかかない使える英語の発音を先生方にお伺いいたします。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2002-10-23 13:04:05

QNo.387768

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

どうでも良い事ですが、一般的に使われる口語でHを発音しないとされているのは、

honor
honest
herb
heir
hour
これは米語

honour
honest
heir
hour
これは英語

特にハーブだけが特別と思っておられる方が多いかと思いますが、hourでもhを発音しません。別にhを意識しているとか否かでは無く、この単語の発音はこうだと頭に入っているからであり、ネイティブの方が一々個別の単語の綴りから分析し、どう発音するべきかと考えてしゃべっているのではないと思います。

では一つ例を。
Our hour is up!
これは誰でも同じようにアゥア アゥア イズ アップ!と発音されます。
誰もアゥア (ハ)アゥア イズ アップとは言いません(厳密に言えば、English cockney の場合、敢えて発音しないhを発音し、その逆をしないと言う変わった人種(?)がいますが)。

よって語源がフランス語であるherbの発音は二通り存在し、英語のoftenの発音が二つあるのと同様に両方とも正しいものであるとの結論で良いかと思います。

ご質問の解答としては、上記の例だけを覚えて頂ければ、通じる使える発音になり、恥をかくような事はないでしょう。

それから humanの発音についてですが、発音のおかしい米国人は多くいます。例えばnuclearをニューキュリアと発音する人がとても多いです。正式にはニュークリアです。

英語って面白いですね。

投稿日時 - 2002-10-24 17:41:09

お礼

すごーく分かりやすい説明、ありがとうございます。
これ、何かパズルの回答みたいですね。
そうです。確かに。ハウアーとはだれも発音しないんですよね。
英語は深い!
頑張らなくっちゃ!
これからもよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2002-10-25 19:15:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

車のJaguarの宣伝を今ラジオでやっています。

昔日本で、ジャガーと言われていた物です。 そして、アメリカではja-g-warと発音されていました。

しかしながら、このラジオの宣伝、男の人は、このとおり、でも、同じ宣伝で女の人(アメリカ人)がもう一つの発音の仕方をしています。 というのは、ja-gyu-warと発音しているんですね。

私自身この両方の発音を知っていましたので、「へぇ、この発音する人いるんだ」くらいしか思っていませんでした。

ところがどっこい、この発音の件で、ラジオのトークショーで問題(話題)になってしまいました。

発音は人さまざまです。育った地域により、発音/イントネーションが変わってきますし、親/友達環境の影響もかなりあります。

特にアメリカでは、いつも書いているように、訛りは問題ないのです。 つまり、似た音であれば、また、世間一般に認めている発音であれば、問題はないと言う事です。

herbのhをつけようが、つけまいが、問題ではないと言う事なんですね、なぜかと言うと、それでいいとされているからです。

でも、Pさんの例をHをつけて発音してはいけないということもあるのです。 つければ、教養無しと思われるだけです。

基本的なことを知っていれば、後は、違いを知り、状況に合わせて、発音すればいいのです。

humanですが、一般的という以上の数の人がHを発音しています。 ですから、Hを発音してくださいと言うわけです。

南部の田舎へ行けば殆んどの人はyouとは発音しません。 yauと発音します。 でも、youでいい訳です。 yauと発音して問題なければ、すればいいし、する事によって、その地域の人に溶け込めるなら、それもいいし、その土地から出て、コメディアンがこの発音して、笑っていたら、なんでそうなのかと言う事がわかるようになるわけです。

私の第二の母という人はイタリアからの移民でした。 子供たちは大変でした、なぜって、すべてのHを発音しなかったからです。 そして、彼女にとっては、hotelではなくotelが正しいと譲らないのです。 RRがあったら、それこそ大変です。

hairsplitterさんが、今回質問してくれたと言う事は、質問した事以外ののいろいろな回答が出ました。 その回答によって、私たちが、さらに英語を使える英語として、習っていけばいいと思っています。 今回の場合は、文法でも、フィーリングでもありませんでした。

又、教育方法の事でもありませんでした。

でも、質問してくれた事によって、発音と言う物がどういうもので、又、教養的に、なぜこう発音するのか、又、アメリカとイギリスの発音の違いも、反論と言う雰囲気が全くでずに、それこそ、みんながみんなと一緒に、英語を習っていこうよ!と言う雰囲気だったと思います。 その雰囲気を作る事が出来たのです。

先日も書かせてもらいました。 すばらしい回答がたくさん、いろいろな角度でなされ、かえって当の質問者が、「ちょっと待った! 情報が多すぎる!」と言いたくなるようになったと思います。

たまに、まだ、「訳してください!」が来ますが、もう殆んどありません。私がきた当時は毎日、回答としてでていた、といっていいほどの「機械翻訳」はもうありません。

いろいろな意味で、すばらしい場所を作り上げたと思います。 私も、いろいろ勉強させられています。 日本語もうまくなりました(自慢じゃないですが)

本当に、ありがとう、と皆さんに言いたい。

こんごとも、よろしく!

投稿日時 - 2002-10-24 18:25:25

お礼

さすがG先生。ありがとうございます。
うま~く締めくくって頂けたようで、そのようにさせて頂きます。

皆様のご回答は全て参考になり、おもしろい物ばかりでした。本当にありがとうございます。
点数を皆様に差し上げたいのですが、そうもできないのですみません。僕のくだらない質問につきあって頂いてとてもうれしいです。
また、今後もよろしくおねがいいたします!

投稿日時 - 2002-10-25 19:23:05

ANo.12

この質問が出る前からherbの発音の仕方について調べたいと思っていました。良い機会でしたので、Randam House とOxford の分厚い辞書(厚さが10cm位!)で、Herb とherbを引いてみました。

そうしましたら、Oxfordではhの所は(h)になっていたので、hはあってもなくても良いみたいです(自信なし。小さい声で発音するのかも)。でも、 Randam Houseでは[u]のような発音記号が使われていたので、hは発音しないということになるのだと思います。

註: どちらかの辞書でhを抜かしていることだけ覚えているのですが、もしかしたら、わたしが書いたのと逆かもしれません。

おまけで、フランス語の辞書を開いてみましたが、hの部分はシャネルのマークのような発音記号が使われていました。これをどう発音するのかわからなかったので、ネットでフランス語の発音を確かめることができるサイトを探しました。探し方が悪かったので見つかりませんでしたが・・・。

ここでフランス語が出て来たのは、herbの語源はフランスだからです。

hを発音したりしなかったりするのは何故か? それは、herbはイギリスにとってもアメリカにとっても外来語だということに関係があるのではないかと想像しています。

初めはフランス語らしくh抜きで発音していたのが、そのうちにhが微妙に入るように発音するようになったのかもしれませんね。

ですが、名前のHerbではhを抜かす事はないと辞書(Oxfordだったかな?)には表記されていました。

だれか、フランス語に堪能な方、何かコメントしてくださいなー!

投稿日時 - 2002-10-24 16:17:53

お礼

ありがとうございます。
シャネルマークの発音がちょっと気になります!
どうやって発音するんだろう。

投稿日時 - 2002-10-25 19:09:25

ANo.11

補足です。↓の辞書はアメリカ英語の発音に関してはもっとも信頼の
おけるデータを持っているものの一つですが、herbのところにこのように
書いてあります。

Pronunciation: '&rb, US also and British usually 'h&rb

'&rbはh抜き、'h&rbはhありの発音を示しています。この説明の意味は
「'&rb(が普通)で、アメリカでは(頻度は落ちるが)'h&rbもある。
イギリスでは通常'h&rbである」ということです。

参考URL:http://www.m-w.com/cgi-bin/dictionary?herb

投稿日時 - 2002-10-24 06:53:25

お礼

やっぱり!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-10-24 12:17:19

ANo.10

何人かの回答者の方がherbのhをアメリカ人が発音していると書かれて
いますので、またやってきました。アメリカ英語にはherbの発音は
二通りあります! hを抜かすものと発音するものの二つです。h抜きが
普通ですが、いずれも辞書に載っています。↓に行ってお聞きください。

hを発音しているけれど、聞こえないというわけではないのです。hは
そんなに聞こえにくい音だというと、なぜhで始まる他の語
(hand, hair, head, etc.)のhははっきり聞こえるのか説明できない
でしょう?

弱形の発音を持つ機能語でhで始まるものは、確かにhを落とすことが
多いので、hなしの発音がよく聞かれます。例えば、I like him.が
I like im.と発音されるようなものです。しかし、herbのhが落ちる
というのはhonestのhを発音しないということと同様の現象です。
herbをerbと発音する人は常にerbと言っています。ゆっくりはっきり
言えば、herbと言うのに、速く話すとhが弱まり、聞こえにくいと
いうわけではありません。

参考URL:http://www.m-w.com/cgi-bin/dictionary?herb

投稿日時 - 2002-10-24 06:44:20

お礼

そうなんですか。
両方が正しいのですね。
そうなんですよ、他のhで始まる言葉と明らかに発音がちがうんです。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2002-10-24 12:14:40

ANo.9

hは発音していますが、「ha ah bu」とローマ字した時の「ha」ではなく、あえてカタカナで表記するとしたら、「(小さい)は」+「あ」というように、「h 」よりも「er」の方がよく聞こえるから、ア-ブと聞こえるのだと思います。

辞書サイトで発音をチェックしてみて下さい。変換できなかったのでお見せ出来ないのですが、「(小さい)は」+「あ」+「ー」+「ぶっ」というように聞こえると思います。

投稿日時 - 2002-10-24 01:05:06

お礼

ありがとうございます。
「は」を小さく、その後を普通に。
これって難しい!

投稿日時 - 2002-10-24 12:12:22

ANo.8

hairsplitterさん、よくぞ聞いてくれました。
そうだったんです。my 2 cents worth の2 cents は、英英語でいう「取るに足らぬ物」の意味の two pence のことだったんだと、お蔭様で気が付きました。それで、イギリスでは、"my two pence worth" です。two pence はくっつけて「タペンス」と発音します。それから、sixpence worthとも言うそうです。勉強させてもらいました。

投稿日時 - 2002-10-23 23:42:26

お礼

two penceですね。
なんでタペンスと発音するんでしょうね。
これも又不思議。
six pence worthの方がtwo penceの3倍・・・じゃないですよね!
ありがとうございます。

投稿日時 - 2002-10-24 12:10:30

ANo.7

アメリカ英語では「H」は誰でも発音しています。もしくは発音しているつもりです。

herbもherbalも「H」を発音している人が大多数ですが落ちてしまっている場合もあります。「H」を発音していない人もいるようです。僕はあまり発音しない人を知りませんが。

しかし、どこの国でもそうだと思いますが「H」は落ちやすいのですよ。言っているつもりで落ちているのです。
もともと「H」は落ちやすいのでしょう。

「H」を 発音していない/ほとんど落ちている(聴きとりにくい) ものは聴けばわかります。

東部の一部地域で「H」を発音しない所があるようにも思いますが、ほとんどのアメリカ人は「H」を発音しているつもりです。

蛇足:これは、silent「W」と呼ばれる発音しない文字とはまた違うものです。

投稿日時 - 2002-10-23 19:21:09

お礼

追加の情報、ありがとうございます。
そうか、言っているつもりだけど聞き取りにくいこともあるってことですよね。

投稿日時 - 2002-10-23 20:26:10

ANo.6

こんにちは!もう良い回答が出てしまっているので、ただのおまけです。("my 2 cent's-worth" GさんPさん、勉強させてもらいました―hairsplitterさんも見ましたか?)読み捨ててください。

アメリカでの話しはGさんが説明してくださいましたが、このherbとhumanにおいてアメリカ人がhの音を発音しないことは、イギリスでも面白がられています。なので、Hairsplitterさんは耳がいい!っていうことですよ。

母音の前のhが無音化するのは、eliotさん(お帰りなさい!)のご説明の通り、コックニーの特徴の一つです。面白いサイトを見つけましたので、よかったらご覧になってください。ライミング・スラングの"Half Inch"のところをクリックすると、見事にhの落ちた発音を聞くことができます。

イギリスの場合、訛り(地域によるアクセントの違い)に加えて、階級による発音の違いがあります。労働者階級の人たちは、ハリー・ポッターを、アリー・ポッアーと発音したりします。often は「オフトゥン」と「オーフン」で、確か後者の方が上流の発音です。おまけにいうと、上流階級を真似して気取った発音(やふり)をする人のことを"la-di-da"(ラーディダー)と呼んで皮肉ります。

私はアメリカ人の友人が鷹の"hawk"を「ハック」と発音したので驚いたことがあります。逆にアメリカ人から見れば、イギリス人の発音は気取って聞こえるんでしょうね。

それから、かつて"French Lieutenant Woman(フランス軍中尉の女)"という小説/映画がありましたが、この"Lieutenant"、アメリカの映画やドラマでは「警部補」の意味でお馴染みですが、これも英米で発音が異なります。英は「レフテナント」、米は「ルーテナント」というような発音です。

きりがないのでやめますね。最後に、eliotさんが書かれたMy Fair Ladyのくだり、

In Herford, Hereford and Hampshire, hurricanes hardly ever happen.

教授の名前もHigginsでした。

参考URL:http://www.honmanolondon.com/cockney1.html

投稿日時 - 2002-10-23 19:17:22

お礼

そういうことだったんですね。
Lieutenanがなぜレフテナントになるか不思議!
ありがとうございます。
ところでmy 2 pence worthになるんですか、イギリスでは?

投稿日時 - 2002-10-23 20:23:43

ANo.5

herbもherbalもアメリカ英語ではhを発音しない方が普通です。
イギリス英語(BBC英語)ではいずれもhを発音します。人名のHerbは
英米ともHを発音します。私たちはいずれの発音でもかまわないでしょう。

humanはBBC英語では常にhを発音し、アメリカ英語でも通常はhが発音
されます。しかし、アメリカ英語ではhを抜かしてyou-manのように発音
する人もいて、hあり、h抜きのいずれの発音もアメリカの英語辞書には
掲載されています。私たちはhを発音すべきでしょう。

イギリス人やオーストラリア人の一部はhomeに限らず、hで始まる単語の
hを抜かすことがありますが、これは標準英語とはみなされていません
から、私たちは真似をしてはいけません。ロンドンの下町の方言を
コックニーと呼びますが、この方言の話者はh抜き発音で有名です。

映画 My Fair Lady の中でオードリー・ヘップバーン扮する主人公が
コックニー発音を矯正し、上流の貴婦人としてデビューするために
特訓を受ける場面で、h抜き発音を正そうと、hで始まる単語をたくさん
含む文を練習するところがあります。

投稿日時 - 2002-10-23 17:35:00

お礼

ご丁寧な説明、ありがとうございます。
そうなんです。アメリカではユーマンと聞こえるのです。
と言う事は、ずべてhを発音すれば間違いなさそうってことですね。
わかりました!

投稿日時 - 2002-10-23 20:10:35

ANo.4

Empereur Hirohito ≒ アンプロール・イロイト
Mlle Hamazaki   ≒ マドモアゼル・アマザキ
Mme Hiroko    ≒ マダム・イロコ


になります。(ほぼ、発音できない。)

投稿日時 - 2002-10-23 16:13:19

お礼

ありがとうございます。
これって面白いですね。
これでフランス人のマネができそうですね。
こんにちはをアローってこれから言うことにしようかな。

投稿日時 - 2002-10-23 20:07:47

ANo.3

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

アメリカではherbsの場合はhを発音していません。 イギリスでは、Hを発音されるとの事を聞いています。 でも、なまえのHerbは必ずHを発音します。 

Humanですが、Hは発音されています。 ただカタカナのヒューとはかなり違う音なので、ユーに近く聞こえるのでしょう。

ただ、カタカナのヒューは通じます。 日本語のラでRかLを発音するのとは違う次元です。 ですから、ハーブの方はHをとり、名前の方はHを入れればいいです。

なお、HomeにはHが入っています。

又、この質問をしたということで、この音に対してより、敏感になると思いますので、体が音を覚えてくれると思います。

頑張ってくださいね。

補足質問がありましたら、又聞いてください。

投稿日時 - 2002-10-23 15:28:59

お礼

ありがとうございます。
でも、なんでherbsでは発音しないのでしょうかね。
耳のトレーニングを始めよう!
(でも、どうやって?)

投稿日時 - 2002-10-23 20:06:04

ANo.2

フランスでは、h は発音しません(無音のアッシュ(H))ので、
仏系?

herbe   (≒ エルブ)草、植物
humain  (≒ イメン)人間の、人間

なので...

投稿日時 - 2002-10-23 14:17:31

お礼

フランス系の人ではないのですが、フランス語ではhの発音はしませんね。と言うことはフランス人はハヒフヘホがそもそも発音できないのかなぁ?
ありがとうございます。

投稿日時 - 2002-10-23 14:51:24

ANo.1

日本語の「ハ」「ヒ」「フ」「ヘ」「ホ」は、英語の【h】と性質を異にする音素です。ですから、【ha】を「ハ」だというように短絡的に考えない方がよいです。

【h】は、ヨーロッパ言語においては、喉の奥から出すような発音をします。
喉の奥から息を出して、ハァーッと音を出すと、その前に手のひらを置いていればそれが温かく感じるはずです。ふつうに「はあーっ」と言うより。つまり、息が前に飛んでいるのですね。

本来、【h】とは音声的にはそういう記号ですから、カタカナで表記して「ハーブ」か「アーブ」かということを論じるのは、ちょっと難があります。

そしてまた、時代によりその【h】音の発音が省略されている部分もあるので、杓子定規に言うわけにはいきません。例えばghostは【goust】となっていますが、もともとは【g】の後に喉の奥から息を出して次の【o】を発音するべきものだったと考えてよいと思います。

例えばイタリア語など、ロマンス諸語と呼ばれる言語においては、【h】を全く発音していませんが、そうした言語圏との交流によって揺れが生じた部分もあるのかもしれません。

英語は文字と発音が一致しない言語なので、恥をかくことを恐れずに発音するしかないものと思われます。

投稿日時 - 2002-10-23 13:59:14

お礼

さっそくのレスありがとうございます。
発音はとても奥の深いものなのですね。
質問がわるかったんですが、カタカナ英語の発音と言うより、アメリカ人とイギリス人の発音がちがうのか、個人の発音の問題なのか、どのようなルールでネイティブの方が発音のしかたを区別しているのかを知りたかったのです。hairsplitterなので<g>。

投稿日時 - 2002-10-23 14:08:11

あなたにオススメの質問