みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

叔母名義の土地家を甥の私に名義変更する

叔母の夫はすでに死亡しています子供はいません、叔母の兄弟は相続放棄すると口頭で言われました兄弟の印鑑証明、戸籍謄本などの書類は準備できます、甥の私が名義変更出来ますか、出来るとしたらその費用と税金などの費用いくら位掛かりますか、教えて下さい。

投稿日時 - 2008-02-23 22:34:51

QNo.3803600

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

相続放棄の申し立て期限を過ぎていますから 相続放棄はできません

叔母に子がいれば、質問者には贈与以外の方法はありません

叔母に子がいなくて(戸籍を綿密に精査し養子等がいないことを証明する必要がある)、その親が二人とも亡くなっていれば(ここでも養親がいないかの確認が必要) 叔母の親の子(普通は兄弟ですが 異母兄弟異父兄弟も該当)で遺産分割協議です、該当者が亡くなっている場合には、亡くなった人の子が代襲相続します
質問者の親(叔母の兄弟)が亡くなっている場合は質問者と質問者の兄弟が代襲相続で遺産分割協議に参画します

事態は質問者が思っているほど単純には進展しません
この回答で理解できないことがあれば、司法書士に相談することが必要です

質問者は、状況を楽観視しすぎていますし、社会をなめています
少し知識のある者に介入されればすぐに自滅します
自分のことは自分で守らなければなりません
知識と常識を身につけるよう努力が必要です

投稿日時 - 2008-02-24 11:34:06

ANo.2

叔母が亡くなられているか 生存しているかで変わります

亡くなられている場合には 相続になりますが
質問者が相続するには
1:叔母の子 が 相続を放棄し
2:叔母の親(質問者の祖父母)が亡くなっているか、相続を放棄し
3:その子(質問者の親と兄弟)の内 質問者の親以外の全員が相続放棄し 
4:質問者の親が亡くなっている
場合に 初めて質問者に相続できます

以上のひとつでも欠ければ 相続できません
相続放棄は、相続を知った日(普通は被相続人の死亡の日)から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請し無くてはなりません

叔母が生存している場合には
売買 もしくは 贈与によります(兄弟等の相続放棄の意思は無意味です)
この場合には 両者の合意のみで 他の制約はありませんが
どちらかに 税金がかかります

前者の費用は 相続を証明する書類の作成と資料の調査収集費用と登記申請手続き費用と登記に要する登録免許税です
通常は司法書士に依頼しますが、関係親族の人数・親族関係の複雑さで大きく変わります
登録免許税は 不動産の評価額に依存します

後者の場合も司法書士に依頼しますが、費用は契約書の作成と登記申請書の作成です
登録免許税は前者と同じです

投稿日時 - 2008-02-24 08:21:32

補足

書き忘れてました、叔母は昨年10月に他界しています、3ヶ月以上経過していますが家庭裁判所にまだ申請していません大丈夫ですかね?

投稿日時 - 2008-02-24 09:05:36

ANo.1

どんな土地でも、名義人の了解があって法廷相続人との話し合いが済んでいれば名義変更可能です。
但し後で揉めないように、法定相続人からの相続放棄を書類化しておくことをお勧めします。
勿論費用はケチらずに、司法書士に正式に依頼してください。

どのくらいの費用がかかるかは、その土地の課税評価額がわからないと・・・
以下は最低必要とされる費用です。

1)相続放棄資料作成のために司法書士への報酬
 報酬は依頼する司法書士によって異なります。
2)贈与税
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/zouyo.htm
3)登記費用(登録免許税+司法書士への報酬)
 http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/Taro12-1251.pdf
 報酬は依頼する司法書士によって異なります。 
4)不動産取得税(これは登記後に通知がきます)
 http://www.pref.chiba.jp/syozoku/a_zeimu/taxtype/hudousan.html

あたりです。

投稿日時 - 2008-02-23 23:31:43

お礼

たいへん参考になりました、有り難う御座いますm(__)m

投稿日時 - 2008-02-24 07:44:34

あなたにオススメの質問