みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

業務委託契約の場合の確定申告

よろしくお願いします。
私は30歳の主婦です。育児の合間にほんの少しだけ働いています。

確定申告のために資料を集めようとしたところ、
1つは派遣で働いた時の2万円の収入の源泉徴収票をもらえたのですが、もう1つ働いていた先が、業務委託契約だから、源泉徴収票は発行できないとのことでした。
そちらの収入は今年3万5円程の収入です。

依頼すれば収入証明の用紙はくれるとのことなのですが、契約している人たちにも不要な人が多いという回答でした。不要な場合というのがあるのでしょうか?

私は税務署で源泉徴収票と収入証明票を見せて、確定申告をすればよいのでしょうか?
それとも、業務委託契約の方は確定申告は必要ないのでしょうか?

いろいろ検索したのですがわからなかったので質問させていただきました。
初めての質問なので、わかりにくかったら申し訳ありません。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-02-14 14:56:38

QNo.3775050

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1つは派遣で働いた時の2万円の収入の源泉徴収票をもらえたのですが、もう1つ働いていた先が、業務委託契約だから、源泉徴収票は発行できないとのことでした。
そちらの収入は今年3万5円程の収入です。

収入合計五万五千円ほどですか。他には収入はありませんか。

それならば、質問者は所得税法第百二十条第一項に該当しないので所得税の確定申告をする法的義務はありませんし、住民税の申告をする義務もありません。(給料の方も、業務委託契約の方も、両方とも申告しなくていいです。安心していいです。)

投稿日時 - 2008-02-14 18:58:27

お礼

住民税の話まで答えていただいて、どうもありがとうございます。
では、今年は確定申告しなくてもよいということなんですね。
税金の話は難しくて、どうしたらよいのか不安で仕方なかったので、質問させていただいてよかったです。
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2008-02-14 20:40:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>税務署で源泉徴収票と収入証明票を見せて、確定申告をすればよいの…

給与所得の「源泉徴収票」は必須ですが、事業所得の申告に『収入証明票』なんて必用ありません。

>契約している人たちにも不要な人が多いという回答でした…

皆さん必要ないことをわかっているからです。

事業所得の申告は、自己申告でよいのです。
税務署で申告書用紙と一緒に『収支内訳書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/10.pdf
をくれますから、そこに「売上」と「仕入」、「経費」から「所得」を計算し、申告書と一緒に提出するのです。

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>1つは派遣で働いた時の2万円・・・・そちらの収入は今年3万5円程の収入です…

いずれにしても、二つの収入を足しても 55,000円だけですか。
それならわざわざ申告などしなくてよいです。
「所得」(収入ではない) で 38万円以下なら、税金は発生せず、申告の必要ありません。

それとも、2万円の給料から源泉徴収された税金を取り返すための申告ですか。
それなら遠慮せずに申告すればよいです。
「収支内訳書」は、税務署まで取りに行かなくても、自分で印刷すればよいです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2008-02-14 16:44:40

お礼

詳しくありがとうございました。
確定申告のことがよくわかっていなくて。
38万以下で申告は必要ないんですね。
妊娠出産のため、収入がおととしよりも減ったので、住民税などの関係で申告しなくてはいけないかと思っていたのですが。
そのことについてはまた調べてみます。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-02-14 17:06:12

ANo.1

源泉徴収票と収入証明(支払証明?)で確定申告してください。

> もう1つ働いていた先が、業務委託契約だから、源泉徴収票は発行できないとのことでした。

業務委託契約のほうは源泉していないので源泉徴収票が
出せないということです。

> 契約している人たちにも不要な人が多いという回答でした。不要な場合というのがあるのでしょうか?

質問者さんの場合は、確定申告で税金が還付されるため、
確定申告する必要がある(したほうがよい)ということに
なりますが、業務委託契約先からの収入しかない人たちは、
そもそも所得税を引かれているわけではないので、
確定申告の義務が発生しなければ申告する必要もないため
証明自体が不要という人が多いということだと思います。

投稿日時 - 2008-02-14 15:21:04

お礼

早い回答、どうもありがとうございます。
噛み砕いた説明ですごくわかりやすかったです。

今年は業務委託契約の方だけの収入になるので、そうしたら特に確定申告は必要なくなるんですね。
確定申告の意味をいまいち理解できていなかったようです。
もう少し勉強してみます。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-02-14 17:09:38

あなたにオススメの質問