みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

のだめスペシャル版のアヴェ・ヴェルム・コルプス

のだめカンタービレヨーロッパ編で、のだめが大聖堂で聞くモーツアルトのミサ曲アヴェ・ヴェルム・コルプスが、すごく素敵でした。
アヴェ・ヴェルム・コルプスで、出来れば声が入っていないオルガンだけの伴奏みたいなCDでお勧めのモノがありましたら教えて下さい。
あと、あんな感じの柔らかでゆったりした曲で、夜のカフェやお店でゆったり流せるような感じのミサ曲やお薦めCDがありましたら、合わせて教えてくださるとウレシイです。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-02-10 11:10:18

QNo.3761708

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

まず,アヴェ・ヴェルム・コルプスの声楽なしヴァージョンですが,たぶんオルガン版のCDも探せばあるだろうと思うのですが,適当に検索した限りでは見つかりませんでした。
私からは,こちらを紹介させていただきます。

☆チャイコフスキー 組曲第4番

えっ,なぜチャイコフスキー!?・・・と思われるかもしれませんが,この曲のサブタイトルは「モーツアルティアーナ」で,この3曲目「祈り」が,アヴェ・ヴェルム・コルプスのオーケストラヴァージョンなのです。
http://www.yung.jp/yungdb/op.php?id=735 (録音はあまりよくないですが)
ギリギリで(笑)清らかな雰囲気は保たれた編曲になっていると思います。
解説にあるように,#2さまがおっしゃっているリストの「システィーナ礼拝堂にて」をもとに管弦楽編曲されたものです。
CDは手に入りにくいと思います。
こちらは私は聴いたことがないCDですが,一応ご参考までに。
全体的には,柔らか・ゆったりとはちょっと言いにくいアルバムですが(汗)
http://ml.naxos.jp/?a=CHAN9514


ミサ曲は私もあまり詳しくない分野ですが,知っている範囲の中でいくつか。

☆シャルパンティエ 真夜中のミサ

真夜中というのはクリスマスイヴの真夜中のことで,実はクリスマス音楽なのですが・・・。
フランスバロックのとても穏やかで優しい雰囲気のミサ曲です。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000JLSVRO (試聴なしのリンクでごめんなさい)


それから,「スターバト・マーテル」という宗教曲があります。日本語では「悲しみの聖母」で,十字架にかけられたイエスの下で悲しむマリアの姿を描いた音楽で,しっとりと穏やかな曲想のものが多いです。
いろいろな作曲家がこのテーマで曲を作っていますが,私からのオススメは,

☆ペルゴレージ
☆プーランク
☆シマノフスキ (相当にマニアックな曲ですが,最近見つけて個人的に気に入っています)

です。

こちらは試聴できるところを探していて偶然見つけたサイトなのですが,スターバト・マーテル以外も含め,個人的にはなかなかいいセンスの選曲でまとまっているように思うので(サイト製作者様,生意気なコメントで申し訳ありません^^;),紹介させていただきます。
http://musico.jp/doc/071205ogosoka/ (試聴とダウンロード販売へのリンクあり)
お気に入りが見つかるといいですね♪

投稿日時 - 2008-02-12 01:40:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
チャイコフスキー、拝聴しました!
第3楽章までは???って感じで、どう出てくるんだろうと思っていましたが、ゆったりした感じで、すごく素敵でした!
オーケストラバージョンも雰囲気が合っていいですね。
と思うと、ますますリストの「システィーナ礼拝堂にて」も
聞いてみたいと思うのですが、Amazonで見てみましたが、CDはないようでした・・・残念。
色んなサイトを当たってダウンロード出来るところなど探してみたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-17 17:02:27

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

回答#4です。再びこんにちは。
お礼ありがとうございました。


その後,「システィーナ礼拝堂への祈り」の原語タイトル(Evocation a la Chapelle Sixtine)が分かったのでそれで検索すると,
次のようなものが出てきましたのでご参考に。
(マメ知識:英語や原語のタイトルが分かると検索でヒットする可能性が高いですよ^^)

http://www.hmv.co.jp/search/workdetail.asp?artistcode=000000000020537&cid=C%20%20%20%2049137
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_m?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dmusic-song&field-keywords=Evocation+a+la+Chapelle+Sixtine&Go.x=8&Go.y=14&Go=Go

私は聴いたことがないCDばかりですが,この中では,naxos(ナクソス)レーベルのものがお値打ちで無難かと。
http://www.amazon.co.jp/dp/B000024L8Q/
ちょっとだけ試聴できますが,アヴェ・ヴェルム・コルプスと分かる部分はこの中には出てこないようです(^^;

投稿日時 - 2008-02-17 19:24:39

ANo.3

ANo.1のhossannpapです。何度もすいません。
曲をご紹介しておきながらCDの事には触れずじまいでした。

●シューベルト/ドイツ・ミサ曲は、四十年以上昔、父の持っていたレコードで好きになった曲でした。その後、随分経って、CDを探しましたが、当時は、中々見付らず、寂しい思いをした記憶が有ります。今は、便利な世の中になったもので、ネットで、かなり見つける事が出来るようになりましたし、ネットオークションでも、思い掛けない演奏に出会える事があります。横道に逸れてしまい御免なさい。
私が所持しているCDは、
SONY→「シューベルト/ミサ曲第5番&ドイツ・ミサ曲」ブルーノ・ヴァイル指揮/エイジ・オブ・印ライトゥン・メント管弦楽団/コルス・ヴィエネンシス(グイド・マンクーン合唱指揮)/ウイーン少年合唱団(ペーター・マルシック合唱指揮)/アルノ・ハルトマン(オルガン)
です。が、偶々手に入れたもので、これをベスト盤と言う気は有りませんが、意外と発売されている種類が少ないようで、中々見付りません。

●ERATO→プッチーニ/ミサ・ディ・グローリア(四声のためのミサ曲)
南ヨーロッパらしい明るさ、イタリア人のオペラ作曲家が宗教曲を書くとこんなにもドラマッチック!でも同国のヴェルディーとは、又、違うおおらかさ!明るく、優しく、伸びやかで、ダイナミック!そして美しい!理屈抜きに元気が出ます。顔がほころびます!
私の所持盤は、ミシェル・コルボ指揮/リスボン・グルベンキアン管弦楽団・合唱団、テノール:ウイリアム・ジョーンズ、バス:フィリップ・フッテンロッハー。ですが、レコードです。CDが出ているかも知れませんが私には解りません。

●フォーレ/レクイエム は、
(1)EMI→アンドレ・クリュイタンス指揮/パリ音楽院管弦楽団/エリザベート・ブラッスール合唱団

(2)ERATO →ミシェル・コルボ指揮/ベルン交響楽団/サン・ピエール=オ=リアン・ド・ヒュル聖歌隊

(3)PLATZ →セルジュ・ボド指揮/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団&合唱団

(4)グラモフォン→カルロ・マリア・ジュリーニ指揮/フィルハーモニア管弦楽団&合唱団

(5)DENON→エマニュエル・クリヴィヌ指揮/国立リヨン管弦楽団&合唱団{レコード芸術特選}
の、五種類所持しています。この曲も、クリュイタンスの演奏と45年位前(レコード)からの付き合いだった為、この演奏に耳が慣れきっていて、他の演奏を中々受け入れられない時期が長かったと記憶します。今は、説明しにくいのですが、聞く時の心のスタンスで、聞き分けている様な感じです。そこで、所持しているCDの全ての評論はされていませんが、随分幅広く批評されていますので、下記のURLを参考になさってみて下さい。
http://classic.music.coocan.jp/sacred/faureq.htm

余計なお世話「だったかも知れませんが、フォーレのミサ曲を気に入って頂いた書き込みを読み、書き忘れていたCD情報に気が付き、再度書かせて頂きました。
長くなって、御免なさい。

投稿日時 - 2008-02-11 22:13:21

お礼

hossannpapさま、度々のご回答ありがとうございます。
レコードで聴くと、また全然違った雰囲気になるんでしょうね。
聞く時の心のスタンスで聞きわける、というのも若輩者ながら
何だかわかる気がします。
初めてアヴェ・ヴェルム・コルプスを聞いた時は泣いてしまいそうでした。色んなCDが出ているようですので、お気に入りを探していきたいと思います。ご丁寧にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-02-17 16:36:49

ANo.2

アヴェ・ヴェルム・コルプスの編曲版は多数ありますが、私の持っているなかで、オルガンが使われているのは、コルティ(オルガンソロANTES BM-CD931029)、ゴルターマンという人がチェロ・オルガン二重奏に編曲したもの(オフラ・ハーノイ/マイケル・ブロス。RCA09026-68368-2)があります。また、リストがアレグリのミゼレレと一緒にして編曲した「シスチナ礼拝堂への祈り」というオルガン曲がありますが、これはモーツァルトのメロディーがほぼそのまま出てきます。CDは見当たりませんが、コスタという人が演奏したLPがあります。(ややっこしいですが「シスチナ礼拝堂に」というのもあり、こちらはピアノ曲で、CDもあります。)ただ、残念ながらいずれもアマゾンあたりにも在庫は見当たらないようです。

投稿日時 - 2008-02-11 10:10:28

お礼

ご回答ありがとうございました。
リストのオルガン曲かなり気になります。
CDになっているものってなかなか無いんですね。
レンタル屋さんなどで探してみたいと思います。

投稿日時 - 2008-02-11 15:25:32

ANo.1

「ヴェ・ヴェルム・コルプス」短い曲ですね。ゆっくりした演奏でも三分半位、早い演奏ですと、二分半のものも有りますが、美しくて、良い曲ですね。
声楽無し演奏のCDを、私は存じませんので、二つ目の質問にのみの限定で、書かせて頂きます。
●シューベルト/ドイツ・ミサ曲 D.872
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1073042
は、確か全曲で15分程度だったと思うのですが、9つに分かれていますので、其々は、短い曲です。
それと、少しお求めのものと、ニュアンスが違うかも知れませんが、
●プッチーニの、ミサ・ディ・グローリア
●フォーレのレクイエム
は、全曲では、長い曲ですが、これも幾つかに分かれていますし、聞く場所に因っては、アヴェ・ヴェルム・コルプスの様に、穏やかで、美しいメロディーが、随所にあります。
下記のURLで、両方の試聴ができます。
http://www.geocities.jp/joc255/netcon.htm

以上、三曲は、全て大好きな曲です。
気に入って頂けたら幸いです。

投稿日時 - 2008-02-10 16:56:09

お礼

ご回答ありがとうございました。
どれもゆったりして、穏やかになれそうな感じの曲ですね。
特にフォーレの曲が良かったです。
今までミサ曲はほとんど耳にする機会が無かったのですが、
これを機に色々聞いてみたいと思います。

投稿日時 - 2008-02-11 15:22:34

あなたにオススメの質問