みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日焼け用の薬

日焼け止めの逆のローションやクリームを探しているのですが、「サンオイル」というのがこれにあたるのでしょうか?
つまり日焼けを促進、といいますか、きれいに焼くためのものです。
薬店で買いたいので、具体的な商品名などを教えていただけますでしょうか。

投稿日時 - 2008-02-05 18:08:05

QNo.3747457

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

厳密には日焼けを促進させるクリームはありません。
紫外線には2種類あって、赤くなったり焼けど状態をひきおこす紫外線と。サンタンと呼ばれる肌を黒くする紫外線は別のものです。

一般的に、肌の炎症(サンバーン)を防げるものを日焼け止めといっており、サンタンを防ぐのは二の次のことが多く、SPF15程度の日焼け止めもサンオイルもサンタン(色が黒くなる)事に関してはほとんど結果はかわらないこともおおいです。
つまり、日焼け用オイルというのは、サンバーンによる肌の乾燥を防ぎ、サンバーンを防ぐ指数が低いだけで、サンタンを促進するものではないんです。

逆にサンバーンを防ぐ指数が低いので、、肌が白い人がコレ塗ってバリバリ直射日光で焼くと、有害なサンバーンを起こす紫外線を防ぎきれず、焼けど状態になってとてもきれいとはいえない日焼けになってしまう可能性も。

また、これとは別に、肌にケミカル物質で色を着色してしまう商品があります。セルフタンニングクリーム、で検索してみてください。科学的に色をつけるので、本物の日焼けとは色の出方が若干異なりますし、色をつけているだけなんで、使用をやめれば数日で垢といっしょにおちます。

今の時期であれば、紫外線が弱いので、何もつけなくてもかわらないでしょう。ただ、沖縄とかビーチリゾートいって焼くんなら、特に色黒の方でない限り、SPF15くらいの日焼け止めをぬって焼くのがいちばんきれいに焼けます。私はいつも、南の島ではこれで焼いていました。
まあ、ドラッグストアでうっている日焼け止めのSPFの一番数値の低い物で選べば間違いないです。
サンオイルは肌がしっかり黒くなって肌色をキープするときに使うとよいです。

投稿日時 - 2008-02-05 18:55:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

有名なのはコパトーン。
でも季節商品だから扱ってないところもあるかも・・・。

http://www.sslhealthcare.jp/coppertone/

投稿日時 - 2008-02-05 18:36:52

あなたにオススメの質問