みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本が立ち行かなくなり、都道府県を外国に売却することになったら・・・

日本の借金が、国債残高に換算すると約770兆円となっています。
借金額以外は、すべて仮定の話として聞いて下さい。

日本が失政により、外国から経済的信用が落ち、国としてとても成り立たなくなるところまで来てしまったとします。

そこで窮余の策として、都道府県を外国に売却することになりました。
1都道府県当たり30兆円で売られます。
今の所どこが売られるかは未定ですが、売られた場合はその国の領土となります。
関心を示している国は「アメリカ」「中国」「ロシア」「韓国」「オーストラリア」「インド」「ブラジル」「サウジアラビア」「フィンランド」です。
売却候補の都道府県に住んでいる住民には、6ヶ月間の猶予で次の選択肢が与えられます。

1.そこに住み続けて売却先の国の国籍となる。
そこは特別区ということで、首長は今まで通り日本人で、住民は2年間は税金面や福祉面で優遇される。
また定住費として、大人子供に関わらず1人あたり500万円が本国から支給される。
言語や生活様式は今までと変わらないが、本国から移住してくる人もいる。
日本への行き来は、特別の許可証により自由となる。
学校では、本国の言語が新たに科目として加わる。
段階を経て、本国の通貨となる可能性がある。
なお、売却先の本国への居住・渡航は自由となる。
将来的には、本国と同じ政策が実行される可能性がある。

2.隣接する、またはそれ以外の都道府県に移って、従来通り日本国民として生活する。
移るに当たって、日本国からの経済的援助は一切ない。
なお移っても、その都道府県が新たに売却される可能性がある。

売却候補の都道府県に住んでいる場合、1と2のどちらを選択しますでしょうか。

投稿日時 - 2008-01-15 15:52:39

QNo.3682275

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1.を選択します。

「住民は2年間は税金面や福祉面で優遇」されて、「1人あたり500万円が本国から支給」されて、「日本への行き来は、特別の許可証により自由」であれば、「経済的援助は一切ない」状態で移転を繰り返すかも知れないことよりもリスクが低そうだからです。
また、売却候補の国は現時点で国民が日本へ移住しにくい国ではないと思うので「本国と同じ政策が実行」された時に、本当に嫌であればその時点で日本への移住を考えてもいいのではと思います。

投稿日時 - 2008-01-15 16:09:22

お礼

回答を頂き、ありがとうございます。
なるほど、当面は1の選択で、状況に応じて日本に移住するということですね。ある意味賢明な選択かも知れませんね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-15 18:05:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

アメリカ、オーストラリアなら1番を選択します。
借金が770兆、一都道府県30兆であれば、もしこれで借金を返しきると仮定すれば26の都道府県を売ることになります。
たぶん日本の中枢都市である東京は売却しないであろうと思われるので、確率で言えば、26/46≒56%、約半数の道府県が売られる計算となります。
なので、2は少し現実的ではありません。
で、アメリカ、オーストラリアは英語を日常的に使う国です。英語であれば世界で一番使われている言語ですから、まだ慣れるのに時間がかからない可能性はあります。
アメリカ、オーストラリア以外で、他に米豪が購入する道府県がないなら2番、あるならそこに移住します。

投稿日時 - 2008-01-16 23:33:14

お礼

回答を頂き、ありがとうございます。
国によって選択するのですね。
確かに英語圏は馴染み易いかも知れませんね。
1都道府県は確実に売られますが、770兆全てをカバーするための売却までは考えが及びませんでした。
もし約半数の都道府県が売られるとしたら、2の選択肢はかなりリスキーですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-17 09:33:14

ANo.5

1.
日本って1年に1cmずつハワイに近づいているんだよ(本当!)

なので、みんなでハワイ人になろう(アメリカ国籍)!!

投稿日時 - 2008-01-16 08:28:38

お礼

なるほど、アメリカに近付いているということですね!
でも100年で1mですか?1千年で10m・・・
その頃には日本がどうなっているか分かりませんね。
皆さん、アメリカに買ってもらいたい意見が多いですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-16 16:47:08

ANo.4

売却先が、「サウジアラビア」の場合は、2番ですが、それ以外の国でしたら1番を選択します。

サウジアラビアは、現在宗教の牢獄とも言われ、イスラム原理主義の巣窟で、イスラムへや王室への反論には死刑に処されます。
またタリバン並のイスラム法を守らねば、これも死刑か鞭打ちの刑に処せられます。
世界で最もバカげた国の住民になどなる気はさらさらありません。

投稿日時 - 2008-01-15 20:02:22

お礼

イスラム圏かそれ以外か、ですね!
確かに中東諸国の場合は、一種独特の文化圏ですね!
当然将来的にはイスラム教が根本になってきますね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-15 23:35:19

ANo.3

2です。預貯金の中から投じて。移り住んだ都道府県が売却されない可能性にかけてみます。
>言語や生活様式は今までと変わらないが、本国から移住してくる人もいる。
生活習慣の違いを乗り越えるのは金銭面と同じくらい苦労しそう。

投稿日時 - 2008-01-15 19:54:32

お礼

ありがとうございます。
確かに生活習慣を乗り越える精神的な苦痛を考えたら、2の選択肢もありますね。
買ってくれる国によってはガラっと生活習慣が変わる事もありますね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-15 23:32:48

ANo.1

1.そこに住み続けて売却先の国の国籍となる。

私はもともとアメリカの52番目の州になれば良いという考えですから…

投稿日時 - 2008-01-15 15:57:41

お礼

さっそく回答を頂き、ありがとうございます。
アメリカが買えばそういう考えもできますね。
アメリカと利害で敵対する国が買ったとしたら、ちょっと面倒なことになるかもですね。

投稿日時 - 2008-01-15 18:03:31

あなたにオススメの質問