みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

借家と購入

賃貸と購入は結局将来的にどちらが得でしょうか?

投稿日時 - 2008-01-06 15:35:58

QNo.3654985

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

価値観の違いにもよるので一概には言えない問題ですが。

ローンを無事払い終えることが出来て、土地も建物も名実共に自分のものになる頃を見据えての「将来的」なら、購入が得でしょうね。
賃貸は自分の持ち物になりませんので。

ただ、そこに行き着くまでの支払いに関しては購入の方が多い(損)と思います。毎月のローンと家賃が同等だとして、これとは別に賃貸は更新料が掛かり、購入は固定資産税や修繕費が掛かります。
2,3年に1回の(毎年かもしれませんが)賃貸の更新料より、毎年の税金と修繕費の積み立ての方が多いです。

投稿日時 - 2008-01-07 14:37:36

ANo.3

 賃貸は何年支払っても、自分のものにはなりません。購入する資金力があるのでしたら、購入をお勧めします。自分の所有であれば、自由に改築もできます。また、不動産資産として残ります。

 結局はその方のライフプランの考え方になります。多額の借入を背負ってローンを払い続けることになりますが、一生賃貸で家賃を払い続けるのも、結果的にはその負担においては、変わりません。

投稿日時 - 2008-01-07 08:56:42

ANo.2

家賃と購入費、資産ということだけでは購入のほうがお金の計算としては「得(という表現が適切かどうかわかりませんが)」です。

けれども家は住むだけではなく、生活活動が伴って価値が出てきます。

都市で働く人は、いくら持ち家でも通勤2時間でボロ雑巾のようになって働くのと、通勤30分の賃貸でバリバリ働いて出世するのとでは、じゃあどっちが人生として「得」か、はわかりません。

人生を「流すだけ」の人にとっては、購入のほうが財産は残ります。それでよいかどうかは人それぞれです。

投稿日時 - 2008-01-06 20:50:26

ANo.1

結局は購入が得のようです。

投稿日時 - 2008-01-06 18:28:17

あなたにオススメの質問