みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

四柱推命で自分の命式を上手く読み取れなくて困っています

 インターネットで四柱推命の自動計算を行ったら以下のような命式が出ました。

四柱 干支 蔵干 根(五行) 通変     十二運      空亡
                  天干 地支 天干 地支
年  丁卯 乙  木       傷官 劫財 病   帝旺  戌亥
月  甲辰 戊  木水土   比肩 偏財 衰  衰    寅卯
日  甲辰 戊  木水土        偏財 衰   衰     寅卯
時  辛未 己  火木土   正官 正財 衰   墓    戌亥

 ここから意味を読み取ろうと自分で少し勉強してみたのですが、自分自身と一致しないような気がしてよくわからず、困っています。特に偏財という通変星が月柱地支や日柱地支にあると社交的で明るいなどとききますが、全然そんなことないのです。むしろ逆です。
 どなたかこの命式から分かることを教えてください。
 また自分は将来、何らかの創造的な仕事(劇作家・小説家等)に就きたいと考えているのですが、その芽はあるのでしょうか。印星がないとそういった才能には乏しいとききますが、やはり難しいのでしょうか。

投稿日時 - 2008-01-04 12:02:38

QNo.3648948

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

見たところ、木気2干1支更に地支蔵干にも透干しているところから、身旺であり土気が財星で適当にあるところを見ると、お金を稼ぐ意欲が強く、自我も強いが特にそういった志向の持ち主にみえる。傷官が1干あるがこの場合は強い自我を漏らす働きをするため表現者として働くか、商売や人間関係などはっきりしたものの中に隠れた本質を見抜くためにその自我をぶつければ財成へと結びつくような構造になっている。ただ、干に財があるわけではないので、直接的に交渉など人間関係における才能があるというわけではなく、そういった方向に自分の意識というか価値判断の基準があり磨かれていくという格好なのでお金はあるだろうが大成といったカンジではない。さらに、組織体のなかで働く場合などは、真面目だが自己の地位を危うくするような行為や心情になりがちで内面の葛藤などが多いと思う。ゆえに、批判精神は抑えむしろ目に見える問題点や現実的な問題に対して鋭い視点で本質を見抜いて解決するような方向に力を尽くすことでそういった葛藤は薄れていくように思う。
てことで、結論。現実の問題、身近な問題に対して鋭い視点を持ち新たな発想を生み出すことで何かを良くしたり創造することがこの人に財産や人をもたらしひいては自分の地位の向上へと繋がっていく。また、いわゆる勉強のできるタイプではないが、現実的なものにつよいのでどちらかといえば理系よりで数字に強いと思います。
さらに、真面目な人にしかられ正される傾向が強く、それに対する反発心との葛藤がある。が、特に現実の問題に対する批判から生じるイマジネーションは大事にした方が良いので何事においても立ち上げる時が難しいでしょう。うまく循環し始めると良い流れが生じるので比較的にスムーズに終わりまで行きます。
とりあえず、大運は、丙火が最もよく、丁火は命式上地支と年運の影響が大きいので閑神、壬癸もよい、甲乙は悪い、庚辛も良くない、戊己は良い、といったところでしょうか。また、この10代もしくはそれ以前に印星が行運している場合は、勉強できたと思います。

投稿日時 - 2008-01-04 16:05:53

お礼

>お金を稼ぐ意欲が強く、自我も強いが特にそういった志向の持ち主にみえる。
 仰るとおりだと思います。私は創造的に何らかの作品を生み出す芸術家としての作家よりも、自分の想像力を文章にすることでお金を稼ぐ職業作家に興味があるのです。更に学生特有の甘い夢のような考えで恐縮ですが、出来ることならば他に本業を持つ兼業作家になりたいのです(ですが、命式的には複数の仕事を持つと危ないなどと書いてあったような気がして困っています)。

>何事においても立ち上げる時が難しいでしょう。
 この意味が良く分からないのですが、これは「物事をやり始めるまでが長い。食わず嫌い的」という解釈でいいのでしょうか。

>また、この10代もしくはそれ以前に印星が行運している場合は、勉強できたと思います。
 自分では申し上げにくいのですが、仰るとおり、勉強はよくできました。ただある意味そのせいで現在、自分の人生がおかしな方向に行ってしまったふしがあるので少し困っています。

>現実の問題、身近な問題に対して鋭い視点を持ち新たな発想を生み出すことで何かを良くしたり創造することがこの人に財産や人をもたらしひいては自分の地位の向上へと繋がっていく。
 この点を特に参考にして、今後どうするかよく考え直してみたいと思います。
 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-06 17:55:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

追加です。

正官が時間の上にあるので仕事は会社とか大きな組織での仕事が適します。独立・自営ではない方が良いでしょう。
ただし、職種はプロ意識の職種になるので資格を活かすとか専門職の方が適性が高いです。技術者でも良いでしょう。

日の偏財は経済的観念の強さを意味します。まあお金に拘るということになります。

それから偏財の特徴として他人から自分の考えが影響されやすいということがあります。良く出ると柔軟性があるとか合理的に自分を変えて行ける、悪く出ると「自分がない」とか日和主義となります。

投稿日時 - 2008-01-12 23:21:51

お礼

>正官が時間の上にあるので仕事は会社とか大きな組織での仕事が適します。独立・自営ではない方が良いでしょう。
>ただし、職種はプロ意識の職種になるので資格を活かすとか専門職の方が適性が高いです。技術者でも良いでしょう。
なるほど。これに適するのは例えば公認会計士の資格をとって監査法人で働くとか、司法試験通って弁護時事務所で働くとか、理系の院を出て技術・開発職で企業就職するとか、専門職で官庁入りするとかそんな感じになるのでしょうか。
何だか作家とはかけ離れていますね…。
難しいですね。うーん…。

>偏財の特徴として他人から自分の考えが影響されやすいということがあります
確かにこれは当たっているかもしれません。人の意見に左右されて迷いがちなところがあります。ただ表面的に合わせるだけであって、心の中では全くマイペースだったりもするんですけど。
何度もご回答していただきありがとうございました!

投稿日時 - 2008-01-13 18:50:50

ANo.4

まず、年の支ですが甲・比肩になります。
確かに偏財には社交性という特徴がありますが、
(1)比肩が2つあるので偏財の特性が減じられている
(2)社会での対人行動は時間の正官と正財が影響力します。
正官・正財ですので消極的・慎重という行動になるため、偏財の社交性はかなり低下します。

ただし、偏財の持つ合理性とか世話好きとかはあると思います。ですから人間関係は多くなくてもその維持は上手くできているのではないでしょうか。

仕事ですが、月の上に比肩があるので、プロ志向が強いです。自分の意思で物事が進められる専門職、独立職に適します。なお、自分に厳しいですが、同様に他人にも厳しいので職場で孤立しないように注意が必要でしょう。
このプロ志向が強いという点と自分のペースでの仕事という点は重要で、仕事選びの基本に置いて下さい。

傷官があるので表現力を持っている、偏財は趣味性、芸術性を意味しているので創造的な作家、劇作家という希望になったと思います。
偏財ですのでどちらかといえば芸術至上主義でなく大衆的な要素がある方に向く思います。
ただし、時間の上が正官なので人気運、偏業(作家など)とは遠いですね。まずは趣味の一環として実際に付く仕事とは別に創作業をしてはどうですか。

投稿日時 - 2008-01-06 16:40:28

お礼

>正官・正財ですので消極的・慎重という行動になるため、偏財の社交性はかなり低下します。
そうだったのですか。謎が解けてよかったです。単に命式の一部に着目するのではなく、全体の流れから読み取るのが大事なのですね。

>このプロ志向が強いという点と自分のペースでの仕事という点は重要で、仕事選びの基本に置いて下さい。
なるほど、そうなのですか。そうすると、普通の会社組織で働くよりも個人事業を営んだりとかそういった方面がよいということになるのでしょうか。

>ただし、時間の上が正官なので人気運、偏業(作家など)とは遠いですね。
なるほど。そのあたりの才能に恵まれてない部分は技術と努力で頑張ってみようと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-12 21:26:47

ANo.3

こんちわ。命式から見ると20代?(もしくは80代?)多分、人生これからですね。

□□□劇作家・小説家になれますか□□□
小説家なれる命式です、と信じてがんばれるのであれば、それでもいいんじゃないでしょうか。甲→丁なのでよく燃える(すなわち賢い)と見ることができるそうです。アイディアを形にするという感じです。

□□□小説家と印星□□□
17名の誕生日を眺めてみたのですが、印星のない人は少数派ではあるけと、います(ただし時柱が分からないので、そこにはあるかもしれません)筒井康隆さんとか室井佑月さんとか。好きな小説家の誕生日を調べて、命式作成ソフトにブチこんで確かめてみてください。「正しい小説家」という人はいないわけで、従って小説家になれる正しい命式というのも存在しないと思います。
ただし、印星には「世の中のできごとをキャッチして」形にするというような役割があるように思えます。

□□□占いはあてにならないからまず作品を書け□□□
正しいといえば、正しい。誕生日だけですべてが決まるっていうのも、科学的には証明できないですし、まず努力しないとね。しかし、何らかの傾向はありそう。で、なければこんなに占いに尋ねる人が多いとは思えません。

□□□偏財□□□
偏財を二つ持っているのに社交的で明るくないということですが、人から見ると「ソツなく友達関係をこなす」というという感じに見えているかもしれません。友達に聞いてみては?

日柱十二運衰ですから、控えめなタイプとも言えます。また、土の中にあるので、表面に出てこないとも読み取れます。いずれにせよ、まだ社会に出ていないのであれば、本来の性格が表に出ているかはわかりませんよね。

男性だと仮定すると、女の人にもてる人もいるみたいですが、どうでしょうか。

□□□空亡について□□□
男性であれば20代中盤まで偏印運。大運空亡中。命式にも空亡あり。このときに大きな切り替えがあるかもしれません。今はどちらかというと夢の中。好きなことがガラっと変わるかもしれません。かなり特殊な時期だといえます。

「空亡」というと恐ろしく聞こえるかもしれませんが、そんなことはないそうです。逆に思いもよらない活躍ができる人もいると聞きます。さらに言うと、空亡は全く関係ないねという人もいます。ご参考まで。

□□□最後に□□□
ここで「小説家になれない」からあきらめなさいと言われても、書く人は書くでしょうからあまり心配はしていないのですが、がんばってよい作品を世に送り出してください。ご活躍を期待しています。

投稿日時 - 2008-01-06 11:06:31

お礼

>□□□小説家と印星□□□
 百人くらい調べてみたのですが、やはり印星を持っている人は少なかったです。更に印星がなくても、五行で「水」に当たる十干十二支を持っています。やはり何か関係があるのでしょうか。

>今はどちらかというと夢の中。好きなことがガラっと変わるかもしれません。かなり特殊な時期だといえます。
 大運が空亡してる時期はそんなに特殊なものだったのですか。私の命式は確か6歳6ヶ月~26最5ヶ月までが空亡のようです。物心ついたときには既に空亡していました。そう考えるとこの時期が過ぎるとこれまでの私の人生とはまったく別の展望が待ち受けているのでしょうか。できればその方が面白そうでいいです。

>ここで「小説家になれない」からあきらめなさいと言われても、書く人は書くでしょうからあまり心配はしていないのですが、がんばってよい作品を世に送り出してください。ご活躍を期待しています。
 仰るとおり、先天的な才能以外の部分でも運命を動かせるようにやれるだけのことはしてみたいと思います。
 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-06 18:15:02

ANo.1

分かる事は、「占いはあてにならない」。

話の種レベルとか、ちょっと気にするぐらいなら良いですけど、
人生賭けたり、頼ったりするのは危ないですよ。

>何らかの創造的な仕事(劇作家・小説家等)に就きたい

という事なら、まずは作品を書き始めてみては。
書いてみないと、才能があるかどうかは判断つかないですから。

投稿日時 - 2008-01-04 12:55:02

お礼

 仰るとおり、素人考えで占いに手を出して、それによって人生観や価値観を左右されてしまったりすることは危険ですし、良くないことだと思います。最近ではテレビなどでもスピリチュアル何とかですとか、そういったものが目に見えないものであることをいいことに体よく利用しようとする風潮も感じられますしね。
 ただ、目に見えない何らかの「流れ」や「運命」のようなものは、一般的な科学法則や因果関係などと同様に世の中に存在しているように私は思います。まるで信仰するようにそれらに縋るのではなく、あくまでも冷静な視点を持って参考にするような形で接するならば、四柱推命などのような長い歴史を持つ占術は興味深いものではないかなと思います。
 ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-01-06 17:34:35

あなたにオススメの質問