みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

地盤改良の見積もりの違いについて

地盤改良についてなのですが、我が家ではセミパイル工法というもので8月に実施後、最近になって以下のような見積書をもらいました。
 ・セミパイル径500mm、長さ1.5~2.5mで32本
 ・1本あたりの単価19,691円
 ・運搬費 120,000円
 ・排泥処理費 100,000円
 ・合計 850,000円(-112円割引)

上記の見積だけを見たら何も疑問に思わなかったのかもしれませんが、地盤調査前の3月に以下のような仮の見積書を同じ会社からもらいました。
 ・セミパイル径500mm、長さ3mで30本
 ・1本あたりの単価14,900円
 ・運搬費 80,000円
 ・排泥処理費 70,000円
 ・合計 597,000円

確かに実際に地盤調査を行わなければ、正しい金額は出ないと思うのですが、セミパイルの量は減っているにもかかわらず、全ての金額が大きく上がっているのが納得いきません。

工務店からは当初地盤改良の合計金額しか入っていない見積しかもらっていなかったのですが、最終の支払い前にちゃんとチェックしたいと思ったときに、地盤改良の結果(何をしたのか)をうっかり聞き忘れていたことに気付き、地盤改良の見積書を要求して出てきたのが、条件はそんなに変わらないのに(むしろ工事量が減っている)3月の597,000円とはかけ離れた金額がでてきたのが不思議で仕方ありません。

この地盤改良工事の内容で、597,000円と850,000円のどちらが妥当なのでしょうか?
また、実際に地盤調査前と改良工事実施後でこんなにも違う見積が出るものなのでしょうか?

長文となってしまい申し訳ございませんが、誰かお答え頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-12-11 23:08:12

QNo.3590865

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

初めの見積は概算見積です。口頭で言ってると思います。
この金額なら間違いなく大丈夫と予想した見積で
最終見積は 無駄を削った正式な見積になります。
マジメな会社ですね。

投稿日時 - 2007-12-13 03:52:01

お礼

回答ありがとうございました。
最初の見積が概算であることはわかりますし、そこから工事量が減っているのに金額大幅アップと言うのが理由がわからなくて・・・。
工務店の方では、施主に最初にこれ以上にはならないと提示した見積よりも金額があがらないように注意するだけで、実際に行われた地盤改良工事の内容に対する単価などについてはどうでもいいようです。せめて、地盤調査後の見積をその時点でうちに見せてくれれば、工事前に質問することができたのにと思います。
別に最終的にかかった85万円が不満というよりは、最初の見積はいったい何?というのが今の疑問点です。

投稿日時 - 2007-12-13 07:20:22

ANo.2

私でしたら、Googleで、地盤改良の会社を検索し、3社程、貴方の地域に、近い、業者に、見積もりを、依頼しますね。
∵貴方の手元に、自身の家の、設計図が有ると、思います。図面には、建物の、全てが、仕上げリストに、表していますから、地盤改良の技術者が見れば、見積もりは、苦も無く出来、3社の比較が、できますよ。

投稿日時 - 2007-12-12 15:25:32

お礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
昨日電話してみたところ、改良工事をおこなった会社からは直接施主に金額の話はできないので工務店を通してくれ、工務店からはすでに終わっている工事なので今更聞いても仕方ないんじゃない・・・みたいなことを言われ、結局なにもわからず。ただ、なんで工事量が減っているのに金額がものすごくあがっている理由が知りたいだけなんですが・・・。

投稿日時 - 2007-12-13 07:09:45

ANo.1

値段の違いの原因がわからないのでネットでも指摘しにくいですね。
はじめの見積もりは地盤調査前という事は、見積もりなんて普通は出来ません。数年前のどこかの現場を参考にしたとか、単なる営業の概算見積もりだったのかもわからないのでなんともいえませんね。

調査前の総額表示なら営業が資金確保に暫定的決めた数字等で、
資金計画時の概算と考えてたいした根拠もなく提出したのかもしれません。
そのあと、項目を出してくれというので項目に割り振って出したずさんなものかもしれません。しかし、8月の工事で、最近見積もりですか?着工前に見積もりってもらいますよ普通。ちょっと生ぬるい仕事してますねそこの業者。

投稿日時 - 2007-12-12 14:12:34

お礼

回答、ありがとうございます。
最近の見積りとは、7月に工務店に出していた(はず)の見積書のことです。
はじめの見積りは、地盤改良を行った業者が近隣の場所で過去に行ったものを参考に出したとのことでした。
それを元に新築を請け負った工務店が、念のため多めにと地盤改良費85万円と仮に見積書に記載していました。着工前に工務店に地盤改良は結局いくらかかったのか?と聞いたところ、85万円だったと聞き、てっきり思ったよりもセミパイルの長さが必要だったのかな、と考えていました。
ところが、最近(一昨日くらい)にもらった地盤改良業者からの見積書ではセミパイルの長さが減っているのに単価が著しく上がり、質問には記載し忘れたのですが、運搬費も8万円から12万円に、排泥処理費も7万円から10万円にあがっていました。
今日の夕方に工務店ではなく、改良工事を行った業者に直接質問する予定ですが、一般的には3月の見積りと7月の見積りのどちらが妥当な金額なんだろうと疑問に思い質問させていただきました。
わかりにくい質問をしてしまったようですみません。

投稿日時 - 2007-12-12 14:50:01

あなたにオススメの質問