みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ANAのブロンズカード(マイレージ)について知りたいのですが。。

こんばんは、アメリカ在住の高校生です。
ある理由で年にニューヨークと大阪を4回往復しています。
これまで一度もあまり使用する航空会社などを気に掛けた事はなかったのですが、マイルというものの存在を知り、同じ航空会社のマイルを貯めていると上級会員(?)になれるという話しを知人から聞き興味を持ちました。私は普段、NY-アトランタ-関空をノースウェストか、NY-東京ー大阪を全日空で飛んでいます。その知人はある一つの航空会社に絞って使用すると良いと言うのですが、そうならばサービスも機材もいい全日空を使用したいと思っています。

そこで全日空のマイレージカードはなぜか持っていたので、調べてみるとプラチナポイントという物でそのマイレージカードのランクが変わるそうです。

大阪ー成田ーJFKの片道のプラチナポイントは5,275ポイントだそうです。

全日空のANAブロンズカード(?)に昇進するには1年のうちに30,000プラチナポイント必要だという事ですが、その場合、もし僕が大阪ーNYを年に4回往復すれば

5,275×2(往復のプラチナポイント)×4 = 42,200プラチナポイント

ということで自動的にブロンズカードに昇進できるのでしょうか?

4回往復という少ない搭乗回だけで簡単にあがれてしまう物なのでしょうか。

知人によれば、ブロンズになれば優先搭乗などの良いサービスがあるそうですが(別に優先して搭乗したいつもりは全くないのですが)、もしブロンズになれるとしたら、どういった良い事があるのでしょうか。

飛行機は頻繁に利用するわりに無知なので申し訳ございません。
高校生の分際なので特別サービスなどは別にどうでも良いのですが、どうせ同じ飛行機を乗るならマイルはためた方が良いかと思い、疑問に思ってみました。
教えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-12-11 13:57:18

QNo.3589309

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

来年からポイントの換算方法が変わります。
また5275ポイントは何処から算出したのでしょうか??

ざっと計算しますと
エコ割などで登場すると往復9990ポイント×4=39960となり
30000以上なのでブロンズ会員になります。
通常料金だと往復14034ポイント×4=56136となり
50000以上なのでプラチナ会員になります。

ブロンズだとマイルの積算率が150%になるくらいでほとんど一般と変わりません。
プラチナになるとラウンジに入れる、優先チェックイン、専用手荷物検査場
座席も前のほうになったり、空いていればプレミアムエコノミーに乗れたりと
格段に待遇が良くなります。
またアップデートクーポンがもらえますのでビジネスになれたりもします。

詳しいサービスはANAのHPで確認してください。

参考URL:http://www.ana.co.jp/amc/reference/elite/index.html

投稿日時 - 2007-12-11 14:52:03

お礼

早急な回答ありがとうございます。
5275ポイントというのは、今回NYに来る時にマイルを貯めた時にアカウントについたプラチナポイントです。ITM-NRT-JFKのマイルは

ITM - NRT が 280マイル (プラチナポイントは国内線はマイルの2倍なので560ポイント)

NRT-JFK が 4715マイル (プラチナポイントも4715ポイント)

で片道の合計が5275ポイントでした。

毎回この航空券を使っているので、恐らく毎回5275ポイントがつくと思うのですが、エコ割などの区間最安価格で搭乗してもいずれにせよブロンズにはなるという事ですね。

ありがとうございます。あまりブロンズでも特に意味がないようですが、とりあえず上級会員に超した事はないのでとりあえずブロンズを狙ってみます。

ありがとうございました。

ただ、プラチナになると専用手荷物検査場というのはかなりいいですね。別にラウンジも優先してチェックインもいらないんですけど、成田の手荷物検査場で10分以上待つ事があるので、出来ればプラチナになりたい物です。そっちも視野にいれて全日空使ってみます。。笑

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-12-12 00:48:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問