みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

リースと購入 結局のところどっちが得?

リースと購入 結局のところどっちが得か知りたいですOkwaveでも色んな参考意見が乗っていますが結局のところ、どっちが得なのかわかりません。

条件
・50万円相当の複合機をリースするか購入する
・購入するのは法人で1000人以上の大企業です。

私の結論は最終的にはリースは損ということになるのですがいかがでしょうか?

理由
リース会社の儲けとして手数料を支払わなければいけないから


なお、ここでは資金繰りは無視いただいて結構です。

固定資産税、法人税などは自社で支払うかリース料金に含めるかだけの違いだと思っています。

ただ、貸借対照表上で固定資産になるため、徐々に費用処理していく(減価償却)していくため、購入の場合は財務基盤強化には向いていないかな?
といったところです。


もちろんおのおの見積をとればわかることなのですが、すべてに関してリースと購入の見積をとっていたらきりがないようにおもえます。

どなたか?どっちが得なのか?もしくはこういうケースではリース、こういうケースでは購入など

いい考え方があれば教えてください。

投稿日時 - 2007-11-20 15:17:54

QNo.3533391

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

”得”とは金銭的支出の多寡でしょうか
 当該資産を購入してから廃棄するまでの必要な費用の額が少ないほうを得と
 するのであれば、購入の方が得です。(これは論議する必要はありません)
 (メンテナンス料は、購入でもリースでも同じく必要です)

リースのメリット
  ○固定資産管理をしなくても良い
    ※ただし、これは中小企業の場合。
     大企業の場合はリース会計を行いますから、事務処理はそれほど変
     りませんのでメリットとはなりません。
   http://www.shinnihon.or.jp/knowledge/account_co/account/account69_01.html
     固定資産の場合、棚卸しを行って、実際に固定資産がある事を確認
     することが企業会計上必須となります。これに対しリース資産は管
     理しなくても良い。なんて意見もありますが、企業会計上リース資
     産も管理しなければなりません(特に御社のような大企業の場合)
     よって、管理コストの低減は望めません。
  ○資金が一時に社外流出しない。
    ※最初に全額を支払うこと無く、(概ね)総額×リース料率÷リース期間
     の月額料金を支払う事によって機器等を使用できます。
     イニシャルコスト無しで、ランニングコストのみとなりますから、
     資金繰りが楽になります。
  ○固定資産税を払わなくても良い
    ※固定資産は固定資産税(償却資産税)を納付しなければなりません。
     リース資産はリース会社の固定資産ですから、リース会社が資産税を
     納付しているのです。
     という事は、リース会社も資産税の納付を考慮してリース料率を設定
     しますから、金銭的にメリットが発生するとはとても考えられません。
     ただ、申告する必要がありませんから、事務作業が軽減されます。

リースのメリットでもデメリットでも無い事
  ○メンテナンス
    ※リース料の中にメンテナンス契約を含める場合もあります。
     しかし、この場合のリース料は
     (購入価格+メンテナンス料)×リース料率
     によって算出しますから、別に損でも得でもありません。

>貸借対照表上で固定資産になるため、徐々に費用処理していく(減価償却)していくため、購入の場合は財務基盤強化には向いていないかな?

御社の場合のメリットはイニシャルコストが安い事と、償却資産税の申告及び
納付の事務作業が低減される事だけです。
資金繰りが御社にとって問題が無いのであれば、申告・納税手続きだけが御社の
メリットとなりますので、このメリット比較材料として検討してください。

投稿日時 - 2007-11-20 17:34:56

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

 リースのばあい、メインテナスンスは含まれていますか。故障時の出張費・修理費、トナーの交換費などがリース料に含まれている場合は安心料と考えることもできます。

投稿日時 - 2007-11-20 15:54:24

ANo.3

資金繰りを、無視にするのであれば
 どちらがとくかわかりません、
 資金繰りを計算に入れるのであれば資金の運用しだいで
 リースが特になるよう資金繰りをすることも可能でしょう。
 いずれにしろ資金に余裕があれば別ですが資金繰りは
 リースをする際に無視できません。

投稿日時 - 2007-11-20 15:38:54

ANo.2

私見ですが、結局、分割支払の分だけ高い金利が乗っかってくるので、
健全な財務状況で、運転資金、設備資金などを低金利で調達できる
企業であれば、リースは明らかに不利です。

減価償却ってなんのこと??というような社長がやっているような
中小零細企業であれば、煩雑な事務処理が省けるという点のみで
リースの方が有利ということも考えられます。

>条件
・50万円相当の複合機をリースするか購入する
・購入するのは法人で1000人以上の大企業です。

この程度であればキャッシュでポンが一番有利なように思います。

投稿日時 - 2007-11-20 15:30:38

お礼

やっぱり私も瘙だと思います。

当社では複合機(50万円くらい)はリース、プリンター(15万円くらい)は購入と決まりがあるのですが、周りに聞いたのですがいまいちはっきりした理由を言える人がいなかったので聞いた次第です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-20 15:38:11

ここでは資金繰りは無視いただいて結構です。
   
  資金繰りを考えるからリースになるわけです。
  無視するのであれば、リースが損することは
  当たり前のことです。

投稿日時 - 2007-11-20 15:27:21

補足

当社では複合機(50万円くらい)はリース、プリンター(15万円くらい)は購入と決まりがあるのですが、周りに聞いたのですがいまいちはっきりした理由を言える人がいなかったので聞いた次第です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-20 15:32:55

あなたにオススメの質問