みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【工業簿記】売上原価を構成するもののうち、材料だけなぜ資産?

工業簿記を学習すると、まず最初に
勘定体系の流れ図を目にすると思います。
材料、賃金、経費がそれぞれ仕掛品(製造間接費)勘定へ振りかえられ、仕掛品が製品勘定に振りかえられ・・・という、あれです。
賃金、経費、仕掛品等は、すべては最終的に「売上原価」という費用に
集約されるため、費用として考えるのはわかります。

でも、なぜ材料だけは分類上は資産になるのでしょう。
わかりやすく説明してくださる方、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-11-15 01:58:33

QNo.3519161

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

材料だけでなく、仕掛品も製品も「資産」勘定ですよ。材料も賃金、経費、仕掛品等と同様に最終的(製品として販売された場合)には売上原価(製品製造原価)として費用計上されます。
あなたが「材料だけ」と思っておられるのは期末等でまだ販売に至っていない在庫(棚卸資産)の部分のものですよね。社内に存在しているものが資産であり、社外に販売等で流出したものが原価(費用)と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-11-15 09:27:50

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問