みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

同じブレーカーがついている場合は?

最近、設備管理の仕事についた電気初心者です。うちの電気設備の中に、キュービクル、分電盤、端末のブレーカーがまったく同じものがついている系統があります。その場合、過電流になった場合はどこのブレーカーがおちるのでしょうか?稼動中なので実験もできません。ちなみに漏電等はついてないです。宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-11-07 01:31:55

QNo.3496161

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

どこが落ちるか判りません。
過電流(過負荷、短絡)においてブレーカ(MCCB)はある特性の範囲で作られているので、その上限、下限のどこにその個体の特性があるかは判りません。質問者は「全く同じもの」と書いていますが、
トリップ値が同じで、遮断容量は違うものがついているのでは
ないでしょうか?
MCCBは同じトリップ値でも、電源に近いところから、遮断容量といって、短絡電流を遮断する能力が大きいものが
選定されているはずです。末端に行くほど短絡電流は小さくなるので、
それに見合った遮断電流容量の小さいMCCBを設置するので、
遮断容量は違うが、トリップ値は同じということがあります。
特に末端に行くたびに業者が違う場合は、よくこういうことが
起こります。違法ではありませんが、保守面ではどこがトリップするか
判らないことは不安要素です。短絡事故では協調して遮断できるはずです(ちゃんと設計されていればですが・・・)
一度、最上位から、トリップ値だけでなく遮断容量も確認することを
お勧めします。型番からメーカーサイトで性能は確認できると思います。

投稿日時 - 2007-11-07 08:33:25

お礼

ありがとうございました。来週、確認してみます!

投稿日時 - 2007-11-09 22:03:32

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

全く同じ型式でも 機器固有の差異があります

ブレーカ設置の環境でも大きく異なります

さらに 若干の過電流によるトリップと、短絡の様に瞬間的な大電流によるトリップでは挙動が異なります

状況によっては、容量の小さいブレーカより先に容量の大きいブレーカがトリップすることもあります

一般論では言い切れません

投稿日時 - 2007-11-07 11:44:36

お礼

ありがとうございました。電気ってむずかしい

投稿日時 - 2007-11-09 22:04:56

あなたにオススメの質問