みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アフィリエイト収入の申告と税金

自分のおこづかい稼ぎで、HPやメールマガジンでアフィリエイト等
の収入をえてます。
先日、税務署の方が突然自宅に家宅捜索?に来て、申告してくださいといわれました。
前年度分までは主人の扶養として申告しなければなりませんが、
アフィリエイト収入月20~50万あって主人の扶養がいいのか、有限会社などにして税金納めたほうがいいのか、どちらが得?なのかわかりますか?

前スレなどを読み
アフィリエイト広告の収入は、パートとは違う収入になる。という事はわかりました。

お恥ずかしいばかりですが、収入は子供の塾や旅費などに消え
5年分は分割でかえすことになりそうです

税金は本当に無知です。
毎日、1000円~単位で収入があるので、今後の対策も早急にしたいです。
文章へたですいませんが、回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2007-11-05 14:00:29

QNo.3491049

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

あなたご自身の納税とご主人の配偶者控除を気にするとともに、ご主人の社会保険の扶養も気にされた方がいいですよ。

税務面で配偶者否認が入ると、社会保険の確認・是正も必然的に必要となってきます。
お話ですと過去にさかのぼっての確定申告を求められているようなので、さかのぼっての、医療費の保険負担の返還や年金加入、会社の扶養・家族手当の返還など、負担は目白押しです。お早めにご主人と相談されて、会社の給与・労務担当に事情をお話しされた方がよろしいかと。

投稿日時 - 2007-11-05 21:38:55

ANo.1

>前年度分までは主人の扶養として申告しなければなりませんが…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入で 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

それで、前年分まではいくらの「所得」(収入ではない) があったのですか。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>アフィリエイト収入月20~50万あって主人の扶養がいいのか…

そんなに稼いでいて、夫は「配偶者控除」も「配偶者特別控除」ももらえません。

>有限会社などにして税金納めたほうがいいのか…

突拍子もないことを言う人ですね。
有限会社なんてとんでもなく、個人で確定申告をして税金を納めます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
前年以前の分は、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
前年以前に夫が配偶者控除を受けていたのなら、夫も確定申告 (修正申告) をして、税金の追納を行います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2007-11-05 16:34:26

あなたにオススメの質問