みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本はなぜ世界と離れてしまうのか?

株式市場の動きについて質問させて下さい。
率直に言って日本の株は,米国が新高値をつけても,追随せずに下げる時に,一緒に成って下げている様に感じます。今,米国は新高値からの下げですね、しかし日本は多少の波は有っても、べたなぎの様です。
(私だけの感覚でしょうか判りませんが)
そこで、迷っています、日本の政、経、法、社が悪く成って来て居て、もう立て直す事は出来ないのでしょうか? 物資源のない国がこうなってしまうのは決まっている様な事なのですか。
多少の投資をさせて頂いている身ですが、退去しようかとも、思っています。 円安はともかく、原油価、外資、政治と経済の不協和等心配しているので国民の投資は安心して増えて来ないと思えてなりません。
日本が今後良い方向へ行くと確信の持てる方のご意見をお聞かせ頂きたいのです。(希望は私も持っては居ます)
乱文にて失礼。

投稿日時 - 2007-11-03 21:02:22

QNo.3486498

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

ほとんどの人が経済について完全に無知なので
言っていることのほとんどがデタラメになってしまいます。
新聞でもテレビでもデタラメのオンパレードです。

日本の金利が低いという認識そのものが誤りです。
たとえば物価が年に3.3%上昇する国で長期金利が4.3~4.9%程度の場合と
インフレ率がせいぜい0.5%の国で長期金利が1.6~2.0%程度の場合では
どちらの金利が実質的に高いと思いますか?

実質金利=名目金利-インフレ率

です。どちらの国でも実質金利は1%台で大して変わりはありません。
上の事例の前者が米国10年国債利回りで、後者が日本10年国債利回りです。
つまり米国と日本の実質長期金利は同じ程度なのです。

消費者物価指数を見れば日本はまだデフレから脱出し切っていません。
デフレ=持続的な物価下落は論外として、
実は低過ぎるインフレ率も安定的な経済成長を害することが知られています。
日本のインフレ率は先進国中最低であり、名目経済成長率も最低です。
しかもこの二つの数字はず~~~~~~っと最低のまま。

今の日本に必要な政策は3%のインフレと5%の名目経済成長率です。
それを実現するためには日銀は一時的に政策金利をゼロにすることを超えて、
目標のインフレ率を実現するためにあらゆる手段を取り、
目標が達成されなければ責任を取ることを宣言しなければいけません。

あと不景気で損をしているのは庶民そのものです。
一番損をしているのは運悪く失業してしまった人たちですね。
リフレ政策は特に運悪く失業してしまった人たちにとってありがたい政策です。

ちなみに「バブル崩壊後の日本経済低迷はバブルで浮かれた罰である」のような考え方も誤りだし、
「良いデフレも存在する」というのもひどい誤りだし、
「中国のせいで日本がデフレになった」というのも誤りです。

特に「不況は天災のようなものでどうにもできない」というのも誤りです。
中央銀行(および中央政府)が適切な手を打てば不況の損害は大きく緩和され、
場合によってはほとんど痛みのない程度の景気失速に抑えることさえ可能です。
もちろん日本政府や日本銀行のようなへまをやると十年以上もの最悪に近い長期不況を経験することになります。

http://cruel.org/krugman/ryoma/nopain.html

投稿日時 - 2007-11-05 22:38:58

お礼

お便り有難う御座います。
あっ痛い、 私にも分かり易くお書き頂いたと感じます
リンクも読ませて頂きました。
イギリス経済の波も、今の発展は、日本国のもたもたが逆に、参考に為ったのかも知れない、まぁ 世界の役に多少は立っているのかなぁ

国の発展を思わない人は居ないと、思っていますが、いま経済と社会の
専門な人が、 国への忠心を誓って立ち挙がって頂きますよう切に望んでいます。国会は一企業ではありません、就職の場は他に探して下さい、 と言いたいのです。

こんな私にも大変為になりました、また、お聞かせ下さい。

投稿日時 - 2007-11-06 13:45:32

ANo.8

1990年代初頭のバブル崩壊とその後の10年以上にわたる日本経済低迷の関係について。

これについてもひどく誤解している人が多いのですが、
バブル崩壊後の経済低迷が10年以上もの長期に渡ってしまった原因は
バブル崩壊そのものにはないことが、国際比較によって証明されています。

バブル崩壊は資本主義自由経済の下では日常茶飯事です。
他国でもバブル崩壊の多くの事例が見付かります。
ところがデフレが10年以上も続く状態まで経済状況が悪化したのは日本だけなのです。
他国の事例ではここまでひどくなった場合は見付からない。
10年以上続いた日本経済低迷の原因はバブル崩壊以外に求めなければいけません。
日本経済が10年以上低迷してしまった主な原因はバブル崩壊ではありません。
日銀による失策によって長期的なデフレから脱出できなかったことが最大の原因なのです。

日本経済の最大の弱点は日銀の金融政策がまずいことです。
そして金利を上げることが必要だと騒ぐ一般庶民も
日本経済を弱めることに協力していることになります。
一番馬鹿なのは日本株式に投資しているのに
日銀が金利を上げることに賛成している人たち。
ポジショントークでさえまともにできない投資家って一体何?

個人的に日本企業の素晴らしさは世界的に尊敬に値すると考えています。
もしも日銀の金融政策が足をひっぱらなければ
日本株式は素晴らしいパフォーマンスを示すことになると思います。
唯一の希望はこの事実を多くの人が常識とするようになることです。

投稿日時 - 2007-11-04 21:24:44

お礼

ご返事有難う御座います
日本はこんなに多くの企業が、頑張っているのに、国内に余り良いニュースは聞こえて来ません、私は金利は、株価に反比例することは知りながらも、今の金利では国民の側から見て、どうなんでしょうか、
少なくとも米国の半分は有ってこそ国力ではないですか。
バブル後の失策は、何につけても割り切った反省の無さに引きずられている現状ではないかと、一般庶民の私は思うのです。
失礼しました。  あっ!そうだ 株価の事、半年先にはどうなるとお思いですか、お考えを、また教えて下さい。

投稿日時 - 2007-11-05 21:17:25

ANo.7

良い方に変わるかと思っています。
たぶん^^;
マスコミニケーションの突き上げと、今日、喜ばしい事にそれによって民主の悪の黒幕モドキの小沢さんの辞任、多分此れによって一党独裁の終焉。腐りきったかと思われている公務員の中から沸き起こる一部のまっとうな考えの残っている人のリークなどで、少しずつでしょうけれど変わっていくかと。
私などは、その恩恵には与らないかも知れませんけれど(;-_-)

投稿日時 - 2007-11-04 19:53:08

お礼

チラッと耳にした事、小沢さんの辞任は本当なんですね。
今日は忙しくてニュースを見てないのです、また独裁は可能になって来ませんか、単独採決に戻りませんか。
連立だと次に回ってくる予想の総理ですがね、一党独裁になる考えはおありだったんですか ? 知りませんでした。
今からニユースに繋ぎます、
重ねて、どうも ありがとう。

投稿日時 - 2007-11-04 20:41:38

ANo.6

こんにちは、驚く事に自民から共産までが最後には我が身の欲望しか頭に無い政治家が無能なのは当然ですけれど、其れにも増して官僚、つまり学歴と近辺だけの根回しの能力しか無く、学校の勉強だけ出来るようだけれど過去の事例に捕らわれて上辺と目先の事しか頭に無く、悪い事に実践では口先だけ一丁前で、挙句に私利私欲の塊で無責任なこーむ員のせいかと思います。

投稿日時 - 2007-11-04 09:00:29

お礼

ご返事有難う御座います
私には分からなくて困って居まして、
これからの日本はどうなりますか?
良いほうに変わって来るとも思われませんか
悪いままですか ?
どうもありがとう。

投稿日時 - 2007-11-04 19:26:31

ANo.5

今回も「歴史は繰り返す」です。

96年の96兆円の国民負担、98年の増税、今回も株式譲渡益の軽減税率廃止や消費税増税の議論、いずれも早過ぎる逆噴射が問題です。
これでは株価が上昇しないのも当たり前です。

日本が成長していくには、株高は絶対に必要です。個人消費も設備投資も株高がなければ、歯車が回転しません。
景気も良くないので、TVをつければ暗い話ばかりです。

多くの国民がこの現状に危機感を持ち、絶望感が蔓延した時、この国の新しい未来が始まると思います。その時私たち国民は、与党野党という垣根を越えたリーダーを迎え、日本が一致団結してひとつになると思います。
その時は、すぐそこまで来ていると思います。
日本は必ず復活します。

投稿日時 - 2007-11-04 08:16:48

お礼

ご返事有難う御座います
日本にとって頼もしい事ですが、人生には色々な時限があります、
一寸遅すぎると言いますか、今のペースでは、No4さんの言われますのが当たっていませんか、復活の時は何時で、また、分かり易いので株価で言えばどの辺りが復活とお考えでしょうか、教えて頂けませんか。
株高は必要!は、同感です。
またのお便りをお待ちします、どうも、ありがとう。

投稿日時 - 2007-11-04 18:22:16

ANo.4

すみません。誤植を修正させて下さい。

誤>さらにそのダメな政策を国が後押ししているものだからどうにもならない。
正>さらにそのダメな政策を国民の多くが後押ししているものだからどうにもならない。

投稿日時 - 2007-11-03 23:19:09

お礼

態々ありがとう

投稿日時 - 2007-11-04 18:27:03

ANo.3

ひとつめの理由はすでに masuling21 さんがお答えになっているように、
それは日本経済の信用がないから。
TOPIXのここ20年の値動きを見て信用しろというのは無理。

それではどうして日本株式(TOPIX)がそのような動きをするようになってしまったのか?

その原因は日本経済の構造にあるのではなく、日本のマクロ経済政策の失敗にあります。
日本政府と日本銀行のマクロ経済政策はどうしようもなくダメなのです。
さらにそのダメな政策を国が後押ししているものだからどうにもならない。
こういう仕組みを打破すれば日本株式が急騰するのは間違いありません。

政府と日銀では日銀の責任が重いです。
デフレは中央銀行(日銀)の責任です。
日本経済はデフレに陥ったせいで十年以上低迷し続けることになりました。

最近の消費者物価指数の数字および
消費者物価指数上昇率が実際の物価水準上昇率より1%程度高め
に出ることを鑑みると、日本のデフレ懸念はまだ終わっていません。

ところがマスコミおよび一般庶民の反応はみなさんの知るとおりです。
デフレ懸念が終わっていないどころか、
すでにひどいインフレになっているというお馬鹿な意見をよく聞きます。

インフレを止めるためには日銀が金融引締をする必要があります。
日銀は伝統的に引き締め方向の政策を好みます。
デフレ懸念が終わっていないのに政策金利を上げたがるのは
世界の中央銀行の中で日銀だけです。
ところが日銀の利上げをマスコミや一般庶民まで待望する始末。
頭が悪いことに日本株式にも投資している一般個人投資家まで
日銀の利上げを望む声をあげている場合さえある。
日本の株価が低迷するような政策をどうして支持するのか?

FRB(米国中央銀行)のトップのバーナンキはこの日本経済低迷に関する
論文も書いており、日銀がいかに失敗したかをよく知っています。
米国経済はバーナンキがいる限り、危機に陥っても日本ほどひどい状況
には陥らずにすむでしょう。(ああ、うらやましい。バーナンキには
日銀総裁になってもらいたかった。)

日本政府(というより財務省)も日本政府は財政破綻の危機にあるというデタラメを
宣伝しまくっています。そのデタラメをマスコミも一般庶民も信じている。
失われた15年のあいだに不況下ではやってはいけない財政引き締めぎみの政策を日本政府は行ない、
しかも財政引締を一般庶民まで支持していました。
いまでも海外債券に投資するよりも日本国債に投資する方がリスクが高いと思っている馬鹿がいる。

政府も中央銀行も国民も経済に関して馬鹿ばっかりの国の株式の投資するのは正解でしょうか?

以上否定的なことばかりを書きましたが、
ひとつの希望は経済についてもっとまともな意見を言える人が増えることです。
リフレ政策が必要であるという主旨の本が一時たくさん出ていましたが、
そういう流れがもっと力を持つころがあれば良いと思います。
我々一般庶民が賢くなれば政治家ももっとましな財政政策をせざるを得なくなるし、
必要なら法律の改正によって日銀が馬鹿げた金融政策をできなくすることもできます。

投稿日時 - 2007-11-03 23:17:19

お礼

ご返事有難う御座います。
全文読ませて頂きました。
金融政策の事、まだバブルの終末は過ぎていない様にさえ思えます、
現財政破綻は、そのバブル時の、政治の姿勢、考え方に基本が有ったと
思いますので、どこかで変える政治(今はひきずっている)が要る。
国民の、変化を良く見ての参政を期待したいところですね。
もっと細かくご相談したいところですが、これにて失礼します。

投稿日時 - 2007-11-04 12:41:37

ANo.2

現在の戦闘状況。^_^

はっきりと言える事実は、

1、アメリカの不動産ファンドは崩壊。
2、海外FXは大損害。
3、海外ヘッジファンドは、株式から手を引いた。(負けて逃げて行った。)

現在、恐らく石油先物で暗躍ちう。

1+2+3の馬鹿ファンドは崩壊寸前。いや、死んでよし。
3だけの「低脳」ファンドはまだ救いようがある。^○^

こう言う状況。

ここの東京金のチャートを開いてみてほしい。
http://www.fuji-ft.co.jp/newspaper/frame.htm

マネーは確実に先物に流れている。
「物だ。」
現在の強いマーケットは有価証券ではない。

投稿日時 - 2007-11-03 23:17:04

お礼

ご返事有難う御座います
仰せのとうりですね。
そのうちには株式に、戻って来ますでしょうね、
そこで、住鉱を、少しかじっていますがついていきません。
銀行が安定するのは何時でしょう?
ありがとう   また 教えてください。

投稿日時 - 2007-11-04 12:09:41

ANo.1

東証の6割以上が外人で、売り越しです。原油高は、実需以外の投機資金によるといわれます。日本の政治は大きな要素ではないと思います。買い手不在が低迷を招くことになっていると思われます。
希望じゃ株価は上りません。

投稿日時 - 2007-11-03 22:31:25

お礼

>東証の6割以上が外人で、売り越しです

第一の原因でしょうか、何故こんな状態なのですか
逆に言えば、それだけ魅力があって投資されてる、の6割ですか、
世界に、ばら撒かれている単なるものですか、  日本にも投資家が
居ますね、国内の資金は他の魅力(そこで政治は出て来ませんか?日本のバブルは其処に有ったのではないかと・・・)在る所に向いているのではありませんか。
言っている希望とは、私が日本を捨てているわけではない、と言っているだけです。       
ご返事頂けて幸せです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-11-04 11:53:18

あなたにオススメの質問