みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

安倍さんに厳し過ぎたのでは

メディアは安倍政権にやたらと厳しいように感じましたが気のせいでしょうか?
功績はあまり報道せずに、不祥事は大きく伝える・・・。

これは安倍さんに限らずに、これから総理になる人もこのようなことになるのでしょうか?

ぜひお教え下さいませ。

投稿日時 - 2007-09-19 01:41:41

QNo.3357650

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

評価は様々で結講かと思います。総理就任1年未満で何を期待し、評価できるのでしょうか。日本の官僚システムでは、総理が替わろうが、官僚組織はびくともしません。アメリカのように大統領が交代すれば、官僚も交代というシステムであれば、指導者の評価もできるかと思います。

社会保険庁を含めて、官僚機構のでたらめさが浮き彫りになっただけでもよかったのではないかと思います。テロ特措法に関しても、集団自衛権とか我が国の資源確保に関する問題とか、国際政治・外交における我が国の位置づけを改めて問題提起したことに意義があったように思います。

官僚が政治を動かして居る以上、だれが総理になっても短期間で大きな変化はおきないでしょう。たとえ民主党が政権奪取したとしても急激な変化は期待できないと考える方が無難でしょう。現在の自民党の総裁選びも、所詮、コップの中の争いと官僚は判断しているのではないでしょうか。

優秀な官僚も大勢いるので、真の意味で、官僚機構の改革ができれば我が国の将来にも期待がもてるように思います。総理は、だれがなっても、これからは二世・三世の時代なので大きな期待をすると失望するのではないかと懸念します。

投稿日時 - 2007-09-19 12:35:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

小泉政権の反動という面もあると思います。
小泉さんは非常に強いキャラクターを持った人で国民の人気も高かったので、
マスコミもなかなか手を出せないでいました。
その腹いせというか、「マスコミの復権」を狙っての攻撃だったと思います。

実際、意図的な歪曲報道や情報操作、捏造などで安倍内閣は相当の打撃を受けました。
いまやマスコミの信頼は完全に地に落ちましたが、その影響力はまだまだ大きいです。
自分たちの地位を守るために、都合の悪い人間(今なら麻生氏など)が総理になれば
また攻撃を行うでしょうね。

投稿日時 - 2007-09-20 10:31:42

ANo.6

ちょっと厳しかった?とは思います。

マスコミのネタとして狙われたとしか。。。

後手に回ったので、かわしきれなかったとしか。

危機管理がどうだったとか?

投稿日時 - 2007-09-19 19:21:34

ANo.4

確かに安倍さんに対して、メディアは厳しかったという印象は受けます。しかし、それは安倍さんにもスキがあった(ありすぎた)ということだと思います。

やはり戦後稀に見るような強行採決のオンパレードは民意の無視と取られかねないですし、なんといっても定期的に起こる閣僚の不祥事とその対応はメディアにネタを提供しているとしか思えません。
強行採決も不祥事も、国民が「ま た か !」と思われるほど繰り返し起きています。関心が高まればメディアの追求が激化するのは自然の流れです。

年金問題に関しては、安倍さんは不運だったと思いますが…

安倍さんの自業自得と言えると思います。

投稿日時 - 2007-09-19 10:27:27

ANo.3

安倍内閣の功績を報道しようにも、具体的成果が出た政策は、中国との国交関係改善くらいしか思いつきません。このニュースは、成果として、ちゃんと報道されているはずです。しかし、安倍内閣は悪いところのほうが多いのですから、当然、全般としてはマスコミの批判対象になります。「再チャレンジ」は良い発想だと思いましたが、公務員の途中採用枠をほんの少し作るだけで終わってしまいました。本来、一般企業がニートやフリーターの採用に踏み切らないと、再チャレンジしようにも枠が小さすぎます。また、彼の理念的で中身のない演説より、民主党の「政治とは生活である」のほうが分かり易かったのは事実です。

次の総理が誰になるかはわかりませんが、マスコミは常に、批判精神を持って取材をしています。が、安倍ほどボコボコにたたかれることはないと思います。安倍がボコボコにたたかれたのは自業自得です。政権運営が下手だったほかに、自分の宣伝のためにTV局に小沢一郎は呼ばずに単独出演させろといってごねたり(露骨な言論の自由への干渉です・・・普通はTV局も報道の中立性を保つため、与野党双方を呼ぶのが慣習です)、以前はNHKに従軍慰安婦問題の番組制作に批判的な圧力を加えた悪行もおこなっていたし、選挙前の記者クラブでの党首演説会では大物新聞記者を相手に、「あなた、ちょっと口を止めてください。国民はあなたの話より、私の話を聞きたがっているんです。質問を止めてください」なんてことを言って新聞記者全員を敵に回したりしているのですから。

むしろ、メディアは安倍に甘すぎると思います。彼は美しい国とか復古調のことを言っておきながら、良心的右派であれば絶対にやってはいけないことを2回もしているのです。(1)天皇のスケジュールをチェックするのを忘れて国会開催日を決めてしまったので、初日に天皇による開会宣言が出来ず、2日目に天皇が開会宣言をした。(アホか・・・)(2)松岡の葬式に出たいといってごねていた日は、実は天皇がヨーロッパ歴訪から帰国する日で、衆参両院議長と内閣総理大臣が空港に出迎えに行くという慣習を無視していた。(小沢との党首討論は待てますが、天皇無視って、どうよ?)

投稿日時 - 2007-09-19 08:25:59

ANo.2

安倍さんの「功績」は教育基本法や国民投票法など、立場や考え方の違う人から見ると「ちょっと恐い」法案も強引に通過させました。
つまり「安倍さんよくやった!」という意見と「もう少し議論が必要だったのでは?」という意見にわかれるため、メディアも一概に功績と誉めることができないのかも知れません。
これらの法案の功罪は、はっきり判断出来ないのではないでしょうか。

(今回の参議院選挙では、安倍政権の姿勢、方針に危惧を感じたために、反対票を投じた方もいらしたかと思います。)

一方、不祥事は大抵の立場の人から見てもお粗末だったので、叩かれても致し方ないことかと思います。

またメディアには権力の暴走を止める役割もあるでしょうから、これから総理になる人も厳しいでしょうし、そうあってほしいです。
(例え与野党が逆転しても、今までどおり、メディアには権力者の襟を正す役割を担ってもらいたいです。)

投稿日時 - 2007-09-19 02:47:07

ANo.1

>安倍さんに限らずに、これから総理になる人もこのようなことになるのでしょうか?



今考えると小泉さんには優しかったと思います。
有名な
「人生いろいろ、仕事もいろいろ」、
「この程度の約束を守らないのは大したことではない」
は凄すぎます。実になめた発言です。
同じ事を言ったら安倍さんなら即死寸前まで行くと思いますが、小泉さんは打たれ強いのか、人気があったからか、マスコミの追求が甘かったです。

その後を継いだのが若い安倍さん。
若いゆえに遠慮のないマスコミのあたりは容赦なかったのです。
福田さんは今は優しいですが結構こわもてで、官房長官の時は記者のあしらいに長けていました。
勉強していない記者は小馬鹿にされます。
その点、安倍総理と違い押さえがきくと思います。

投稿日時 - 2007-09-19 01:59:20

あなたにオススメの質問