みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

消費税 土地の譲渡の非課税についての疑問

初歩的な質問ですがよろしくお願いします。
消費税について、消費税は消費するものにて対して消費税を課するとよく書かれておりますが、次の場合なぜ非課税取引に該当するかその根拠が分かりません。ご質問よろしくお願いします。
土地は一般的に消費しないものと思われます。
にもかかわらず、消費税の対象取引に該当し、譲渡の場合非課税取引になっております。(貸付の場合も同様非課税)
そもそも消費しないものは消費税では不課税になると思いますが、土地は消費しないものにもかかわらずなぜ譲渡の場合非課税になるのでしょうか。不課税になぜならないのでしょうか。
また、印紙の譲渡におきましても、印紙そのものは印紙税と言う税金にもかかわらず不課税にならず非課税扱いになっております。
以上、なぜ非課税扱いになるのかが分かりません。(消印がない為納税していないためでしょうか。)
変な質問ですが宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2007-09-11 22:48:25

QNo.3337072

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1です。あらためて・・・
消費に当たらないものは非課税です。
土地は消費しませんし、プリペイドカードや印紙・切手などの金券も使用するまでは消費ではないので非課税です。

投稿日時 - 2007-09-12 00:12:58

補足

本当にご回答ありがとうございます。
分かったような気がします。
つまり、
「消費税は消費に対して課される税」
「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等・・・」において消費税が課せられる。
消費税の不課税取引は
(1)事業者でない者の資産の譲渡等
(2)事業者の取引でも対価性のない取引(寄付、贈与、損害賠償金など)
(3)事業者でない者による役務の提供など(給与など)
土地の譲渡等は不課税取引とはならないず消費税の対象取引となる。
消費税の対象取引となるが消費しないため非課税取引となる。
以上のような考え方により土地の譲渡は非課税取引となる。
これでよろしいでしょうか。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-12 00:22:42

お礼

なんだかすっきりしたような気がします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-12 00:37:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No.2です。

土地の譲渡は対価を得て行う資産の譲渡等に該当し課税対象となるため、不課税とはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm

しかし、土地は消費しないので非課税扱いとなっていると思われます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6209.htm

投稿日時 - 2007-09-12 00:41:18

お礼

本当にありがとうございました。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2007-09-12 00:44:10

ANo.2

消費税の課税の対象は対価を得て行う資産の譲渡等とされていますので、消費するかどうかは関係ないと思います。
その中で消費税を課税するには相応しくない物の譲渡等については、非課税とされているようです。

印紙税以外の税金は対価を払って直接的に何かを譲渡されることはないので不課税ですが、印紙税については印紙を譲渡しているので非課税扱いになっているのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-09-11 23:41:12

補足

ご回答ありがとうございます。
消費税の課税対象が、消費するかどうかは関係なければよく分かります。
消費税法におきましても、課税対象にはご回答通り
「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等・・・」
と記載されており事業者が行う土地譲渡も上記文面に該当します。
ただ、その性格上非課税とされているようです。
ただ、WEBでも雑誌等でも
http://www.mitsui-hanbai.co.jp/tebiki/mtebiki/07.html
消費税の課税の変遷の項目で
「消費税は、平成元年4月1日に税率3%で創設されました。もともと消費税は、消費に対して課税されるものであり、・・・」
とあり
http://www.taxinfo.jp/kihon/frame-k-01.html
消費税の目的や基本的なしくみについて
「消費税とは、消費に対して広く薄く公平に負担を求めるものです。」
その他色々と「消費税は消費に対して課される税」と書かれております。

土地そのものは消費しません。 何故非課税となるかが分かりません。(課税売上割合に大きく影響する場合もあります。)
対象外取引(不課税取引)でもいいと思うのですが。如何でしょうか。
宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2007-09-11 23:59:23

お礼

分かったような気がします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-12 00:41:26

ANo.1

非課税と不課税のイミが逆転していませんか?

非課税・・・課税されず・・・そもそも課税対象ではないもの。
不課税・・・課税せず・・・本来なら課税するのが相当だが何らかの理由で課税しないもの。

投稿日時 - 2007-09-11 22:55:01

補足

早速のご回答ありがとうございます。
非課税・・・課税されず・・・そもそも課税対象ではないもの。
不課税・・・課税せず・・・本来なら課税するのが相当だが何らかの理由で課税しないもの。
と書かれておりますが、非課税の場合課税するがその性格等から非課税とされており、不課税の場合、もともと消費税とは関係がないものと理解しておりますがいかがでしょうか。
質問は、消費税の性格での質問で、消費税は消費するものに対して課する税金と一般に記載されていることです。
消費税法では
国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等と書かれておりますが、この文面では土地の譲渡も当てはまると思います。
しかし、土地はそもそも消費しないものとすれば不課税取引に該当すると思うのですが如何でしょうか。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2007-09-11 23:03:06

あなたにオススメの質問