みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医療保険いったいどうすれば・・・。悩んでいます!

つい最近も医療保険についてここで質問をさせて頂きました。
その際、医療保険の根本的な考え方について親切丁寧に教えて頂いたのですがやはり結論を出すことができず再びの質問となってしまいました。
まず、基本的な我が家の状況ですが、

〇夫(30) サラリーマン・年収330万(ボーナス含)
〇妻(29) パート年収100万(妊娠したら退職)
〇子供なし(来年あたり第一子希望。2人は欲しいと考えています)
現在は夫婦ともにこくみん共済にしか加入しておらず、月保険料が夫婦で5千円です。

死後整理費用とも言われる終身保険および、夫に万一のことがあった際の家族収入特約はソニー生命で契約を考えております。
こちらは子供ができてからの契約でも遅くないかな、と思っているのですが加入は早ければ早いほうが良いのでしょうか?
加入時期に関して少し迷っています。

さて問題の医療保険についてですが、希望としては
1.通常のけがや病気の入院についての保障はいらない(日額5千円120日型=60万円+α ぐらいは貯金で補いたい)
2.長期入院や高額医療費が心配される「七大生活習慣病」「三大疾病」についてはできれば終身で保障が欲しい。

自分で考えたプランとしては、
(1)医療保険+がん保険
→オリックス生命CURE-W三大疾病治療一時金100万特約つき(終身保障・終身払月\6,039)
(※入院日額1万も必要ないのですが三大疾病一時金が100万ほどあれば安心という気持ちから。またCURE-Wは60日間の労働制限がなく、診断確定後入院開始時に支払われるのも魅力的です)
→がん保険は「日本興亜」か「あんしん生命」で迷っています。両者とも詳しい見積もり等はとっていないのですが、候補としてあげています。診断給付金額は100~200万
★不安点★
医療+がん保険になるので保険料が高くなる。
三大疾病特約100万が妥当な金額なのかよくわからない。(いざというとき役に立つ金額?)

(2)三大疾病の不安はあるものの、とりあえず医療保険全般は貯蓄でまかなうとして、がん保険のみ加入する。診断給付金は300万
★不安点★
がん以外の重い病気にかかったときが心配。特に私の母方の家系は、
祖父→脳溢血で死亡(55歳)
祖母→くも膜下出血で意識不明の植物人間状態で5年以上入院中
母→高血圧のため投薬中
といった状態で脳血管疾患(?)にとても不安感があります。
特に祖母のように植物人間で長期入院などになった場合、どのくらいの自己負担がかかるのか想像もつきません。
(75歳未満で倒れた場合でも高額療養費制度を利用すれば大丈夫なのでしょうか)

(3)先進医療費・長期入院にも対応できる損保系の実費補填タイプに加入する。
→「セコム/メディコム」「AIU/スーパー上乗せ健保」「富士火災/みんなの健保」
★不安点★
何より更新ごとに上がっていく保険料と、保障が終身ではないところです。

どれも保険でまかなおうという考えに無理があるのは承知の上ですが、
将来医療費のために何千万も貯金できる自信はありませんし、保険適用外の高額医療費は民間の保険を掛けておかないと心配です。
かといって現時点で何万円もの保険料を払っていける余裕もないし、自分にとって一番良い妥協点が見つからずにもがいている状態です。

こんな私に何かお勧めのプラン(保険の組み合わせ)はないものでしょうか・・・。
アドバイスを宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-09-11 18:09:28

QNo.3336204

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

pi--coさん

再びのコメント失礼します。
「健康保険のきかない所謂自由診療というのは、がん以外の生活習慣病にも用いられることがあるのでしょうか。」
というご質問ですが、申し訳ございませんが詳細を承知していません。

しかし、消費者の不安を煽って医療保険に加入させたがっている保険会社の広告にも、生活習慣病治療のための自由診療の具体例は出ていないようですので、
そもそも、実際にも高度な医療技術を必要とする自由診療となるような事案がないのかもしれません。

貯蓄と保険とのバランスを考えて、pi--coさんが納得できる簡素な医療保険に加入されますように。

医療保険に加入したから、もう大丈夫、暴飲暴食、不規則な生活を送っても良いということではありません。
民間医療保険は、どんな厚い保障の医療保険に加入しようと、契約で定められた範囲内の保障しかしてくれません。

先にも申しましたが、ご夫婦そろって末永く、健康で、明るく楽しくすごせるよう、
若い年齢である今から、バランスのとれた食生活や適度な運動を心がけることにより、病気になりにくい体を作ることが最も大切ではないでしょうか。
そして、このことも、貯蓄とあわせ、保険にも勝る"保障"の一種かもしれません。

投稿日時 - 2007-09-16 10:59:02

お礼

ucosmosさん、こんにちは。
毎回ご丁寧な回答を頂き感謝しております。

>消費者の不安を煽って医療保険に加入させたがっている保険会社の広告にも、生活習慣病治療のための自由診療の具体例は出ていないようです

やはりそうですか。
私もここ数日保険に関してはかなり調べたつもりですが、健康保険適用外の高額医療についての情報を目にすることは少なく、あってもがん治療に関係しているものばかりでした。
がん以外では、美容整形手術などの治療を目的としない手術や、運動制限を伴わない傷跡の修正(瘢痕拘縮形成術)ぐらいでしょうか。
ということは、現時点で重病にも関わらず健康保険が適用されない治療はほとんどないに等しい、と考えても良さそうですね。
それならほとんどの治療は高額療養費制度をはじめとする公的保障を利用すれば医療費は貯金で何とかなりそうです。
(実際に具体的な計算もしてみました!)
おかげさまで随分肩の荷が降りたような気がします。

ただがんだけは心配なので単独でがん保険には入っておこうかな、とは考えています。
そうなると、上記質問の(2)か(3)での比較検討になると思うのですが、どちらも一長一短あり、これまた決めかねている状態です。

しかしながら、ようやく医療保険の必要性というか、加入するときのポイントがわかってきました。
一番大切なのは健康であること。そしてある程度の貯蓄があること。
そんな当たり前のことがわかっていませんでした。
それにしても当初は月額1万近くするソニー生命の終身医療保険に加入しようとしていたのですから、無知とは本当に恐ろしいことですね。
ucosmosさん、改めてありがとうございました!

投稿日時 - 2007-09-16 16:50:11

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

pi--coさん

自分の貯蓄を振り向ける先を「通常のけがや病気の入院」だけに限定することなく、医療費全般で考えられたら如何でしょう。

個人的には、「診断一時金」は、一体何に使うのだろうと考えています。入院時の初期費用に使うのであれば、パジャマ代や他の入院準備費でしょうか。100万円も必要ですか?

入院準備費等を貯蓄で賄うこととし、入院治療費を保険で助けてもらうことと考えれば、
オリックス生命CURE-W 入院日額5千円 というものだけでもよろしいのでは?
別途ガン保険もお考えのようですが、CURE-Wは七大生活習慣病に手厚くなっており、ガンもカバーしています。
保障が重複するので、ガン保険には加入しないという選択肢は考えられませんか?

あるいは、三大疾病等に手厚い保障がない一般の医療保険と、ガン保険とに加入する方法も考えられます。
一般の医療保険の例として、あんしん生命 「メディカルミニ」なら、1入院120日限度、終身保障、29歳、女性、入院1日5千円で、月額保険料2560円です。

また、身近な方が病気でいらっしゃることがpi--coさんの不安をもたらしていらっしゃるご様子。
特に
>祖母→くも膜下出血で意識不明の植物人間状態で5年以上入院中
ということです。
おばあ様のお世話をしていらっしゃる方(叔父様?叔母様?)に、ご自分の心配を率直にお話になって、(場合によっては、お母様を通じて)必要となる医療費について、実態をお聞きになったら如何でしょう。
それを踏まえた対応を考える方法もあると思います。

ちなみに、高額療養費について
70歳未満は、http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step01/14.cfm
70歳以上は、http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step01/15.cfm
さらに、高額療養費以外に、国や自治体が負担してくれる、公的保障は、http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step01/16.cfm

ご参考になるかどうかわかりませんが、
平均的な病気ごとの入院日数は、http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step02/01.cfm 。
(なお、ここに記載されている「医療費」は自己負担額ではありません。自己負担額の1ヶ月上限は高額療養費適用により8万円程度です。念のため。)
入院日数が長くなるのは、一般的には高齢になってからです。

将来病気になったときのことばかりを心配せず、若い年齢である今から、バランスのとれた食生活や適度な運動を心がけることにより、病気になりにくい体を作ることも大切ではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-09-12 22:23:25

お礼

ucosmosさんこんにちは。
再度のご回答本当にありがとうございます。
情けないことにまだ保険で悩んでおります・・・。
保険について日々再考している毎日ですが、なかなか決心がつかずにいます。

ucosmosさんの言うように、公的保障を考えたら診断一時金100万は必要ないと思います。
普通の医療保険もオリックス生命の日額5千円のもので十分です。
ただ怖いのは保険が使えない大病にかかったときです。
診断一時金なしのオリックス生命(七大生活習慣病・日額5千円・手術10万・180日)にしか保険にはいっていなかったら、例えばがんで自由診療を受けることになり、入院はせず長期の通院が強いられるような状況になった場合、頼れるのは事前にもらえる診断給付金なのでは、と思うのです。

ここで保険にお詳しいucosmosさんにお聞きしたいのですが、健康保険のきかない所謂自由診療というのは、がん以外の生活習慣病にも用いられることがあるのでしょうか。
脳関係の手術は日々進化しており最先端手術により入院も短期化傾向にあるというのはよく耳にします。
しかしその治療には健康保険が適用されるのかはっきりとした情報がなく、「最先端治療・自由診療」で検索しても、そのほとんどががんでヒットします。
もし、がん以外の病気で健康保険適用外の手術を受ける可能性が低いのであれば最低限の医療保険とがん保険で十分なのですが…。

ちなみに、私の祖母は被爆者手帳を持っていたので医療費の自己負担はなく、現在も保険の利かない食事代や差額ベッド代のみ負担しているそうです。
手術をしたときも何百万か請求がきたらしいのですが自己負担はなかったそうなので保険のきく手術だったのだと思います。

ただこうしていろいろ考えたとこところで公的保障が将来どうなるかわからないし、保険に入ったからといってどんな病気にも保険金が100%支払われるわけでもないですよね。

ucosmosさんの最後の言葉が胸にしみました。
保険は最低限におさえてとにかく貯蓄に励もうと思います!!
ご回答本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-14 16:55:11

ANo.2

参考までに、このような保険もありますよ
http://www.sonylife.co.jp/insurance/nursing/files/OA20.pdf

個人的には定期保険のみに加入して後は貯蓄にまわした方が良いと思いますけどね。貯金したお金は用途を選ばずに使えますしね

あくまでも統計では夫に万が一のことが有る場合より
リストラ等されて保険料が納められなくなるケースや
離婚するケースの方が圧倒的に多いのが現状ではないでしょうか?

投稿日時 - 2007-09-11 22:38:59

お礼

sasa007さん、こんばんは。
早速のご回答ありがとうございます。
ソニー生命のFPさんには自宅で保険の説明をしていただいたのですが、この商品についての説明はなかったので参考になりました。
早速URLを拝見してみたのですが…内容については、やはり一長一短ですね。。。
死亡保険と疾病一時金が同額というのはかなり安心ですが、その分保険料もかなりお高めな設定。(当然ですが)
また、ソニー生命の特定疾病保険金に躊躇してしまうのは、上皮内がんが支払対象外であること。急性心筋梗塞、脳卒中の保険金支払いには60日間の労働制限がついていること。などがあげられます。

>リストラ等されて保険料が納められなくなるケース
確かに近々転職を考えている我が家にとって一番考えられるケースです。しかし夫に何かあっても毎月の保険料分ぐらいは私が働くことで払っていけるだろうし、逆に自己負担100%の先進医療費などは私だけの収入では払えないだろうとも思いますし・・・貯金も頑張って月数万円です。
本当に万が一の心配なんでしょうけど可能性はゼロではないのでそうなったときの不安がどうしても拭えず悩んでいるのです。。。
きっと私のような者が保険貧乏になるのでしょうね。
でもsasa007さんも保険より貯金派ということで少し心は動かされました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-09-12 00:32:30

ANo.1

終身保険は現在は予定利率が低いし、中途解約で元本割れするし、倒産リスクはあるしお勧めできません。
葬式代300万円作りたいのなら、共済+60歳になるまで300万円になるよう貯蓄 のほうがパフォーマンスはいいと思います。

旦那さんが亡くなったとき子供がいなければ、ふつうは奥さんは働きに出ますよね。
若ければ再婚の可能性もありますし。
働いてふつうに生活できる人が、収入保障で月何万円も貰ってもねぇ・・・
収入保障は子供が出来てからで十分じゃないですか?

医療保険+がん保険ですが、保険料月6000円を30年間複利で2%で運用したとしても、280万円にはなりますよ。
医療保険+がん保険をフルに貰える可能性はかなり低いと思いますが、たとえフルにもらえたとしても、超長期入院などカバーできていると言えるかどうか。
超長期入院など、本当に破滅的な危機を迎えた時に、120日で打ち切られるような保険が本当に必要でしょうか。
本当に必要な医療保険は、傷病手当金が打ち切られる1年半後以降の入院をカバーしてくれる保険ではないでしょうか。
ちなみにそういう保険はほとんどないので、結局手元に現金を残しておくしかないと思います。

お勧めのプラン
・共済+60歳までに夫婦二人合計600万円貯めるよう貯蓄(株式・投資信託・個人向け国債で運用も可)
・子供ができたら、必要最低限の定期保険(収入保障)
・医療保険を掛けるつもりだった額分貯蓄(これも株式・投資信託・個人向け国債で運用も可)

これが最強だと思います。

投稿日時 - 2007-09-11 22:24:17

補足

※医療保険についての補足(再質問)です。
お勧めのプランでは保険は共済のみ、他は貯蓄にまわすとありますが、仮に働き盛りのときにがんなどの三大疾病で倒れ、保険適用外の手術を受けなければならなくなったとき、もしくは入院は短期間でも通院が長期になってしまった場合、そのお金はどこから捻出すればよいのでしょうか?
例えば今から10年後そうなったとして、10年で貯金がどれほど貯まっているか・・・。
その時に加入している保険が共済だけだとしたら、(今入っている)共済は女性疾病以外の手術に対する保険金の支払いはありません。
おまけに通院も交通災害通院共済金(日額3千円)しかでませんし、共済自体交通事故に対する保障が大きく、病気などでの保障はとても少ないのが不安点です。
その割に掛金も他と比較して凄く安いかといえばそうでもありません。

貯蓄が一番大事なのはごもっともですし、保険に入れば貯金をしなくても良いとは考えておりません。
しかし、個人向け国債にしても5年、10年は預けておかなければなりませんし、株や投資信託もいざというときにすぐ使えるのかどうか。
また投資に関しては夫婦ともにど素人なので、すぐに期待するほどの運用結果が出るとは思いません。
ある程度の貯金が貯まるまでの保険が共済だけで良いのか、共済だけにするメリットがどうしてもわかりませんでしたので補足としてご質問させていただきました。

投稿日時 - 2007-09-11 23:24:50

お礼

t_____ouchさん、こんばんは。
前回の質問にも素早いご回答をいただき感謝しております。
やはりt_____ouchさんのお考えは、いざというときに一番頼りになるのは自由になる現金(貯金)。その現金は資産運用で増やしていきましょう、というものですね。
60歳までに600万円なら今から貯金を始めても毎月2万弱の積立で
可能な金額ですね。
この2万の積立分を絶対に使わないお金にしてしまえば確かに夫婦の終身保険はいらないですね。
終身保険の加入については少し見合わせたいと思います。
ありがとうございました。
※医療保険については少々お伺いしたい点がありましたので補足欄に記載させていただきました。

投稿日時 - 2007-09-11 23:24:37

あなたにオススメの質問