みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

学会発表での失敗・・・

この前学会発表がありました。パワーポイントでの発表が5分とその後にポスターだったのですが、パワポでの発表のとき制限時間を過ぎてしまって司会の人に、「制限時間を過ぎましたし、話がまとまっていないので次の人いきましょう」と強制終了させられました。自分が悪いのですが初めての学会発表で緊張して練習どうりに行かなかったのが原因だと思います。しかもポスターもあまり見に来てくれる人がいなかったですし・・・かなりへこんでいます。こんな人間は研究の才能は無いですか?

投稿日時 - 2007-09-02 22:40:48

QNo.3310061

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

大学教員です。
それを失敗と思うか、勉強させてもらったと思うかの問題です。初学者にはありそうなこと。また自信過剰な研究者にもありそうな事項です。時間を超過しても延々としゃべり続ける研究者もいます。制しても聞かない。困り者です。
あなたの場合はほほえましいと思いますが、模擬発表を重ね、友人やその他の人の批判を受けながら、論点を明確にした発表を心がけましょう。
今回の場合は、次につながる学習だと思いましょう。
ポスターに多くの人が参集すると思うのは思い上がりです。あなたが興味関心を引くポスターはどういったもの?それと比較しましょう。ポスターはよほど苦心しないと埋没してしまいますよ。
経験を生かして次は少しだけ成長しましょう。一足飛びに完璧を期待すること無かれ。先輩としての助言です。

投稿日時 - 2007-09-03 13:55:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

なぜ上手くいかなかったかを整理して、
そうならないように次に頑張ればいいと思います。

緊張するのは仕方ないですが、練習を重ねることで自信はつくと思います。
色々な人に発表練習を見てもらって、客観的な意見をもらいましょう。

ポスターは見やすいものが作れましたか?
他の人のポスターを見て、見やすい・わかりやすいというものを参考に、
構成を考えると良いんじゃないでしょうか。

投稿日時 - 2007-09-05 00:13:09

ANo.11

気にすることないです。
自分なりになぜ、時間内に収まらなかったのか、話がホントにまとまっていなかったのか、検討して次に生かしましょう。

投稿日時 - 2007-09-03 17:05:14

ANo.10

研究以前の問題ですね。
4回生ですら強制終了くらった人間なんて見たことありません。

人一倍努力しましょう。

投稿日時 - 2007-09-03 15:14:12

ANo.8

初めから上手く出来ません.そうやって学習して上手くなっていきます.上手く説明しようとするからいけません.自分のやった事なのですから自分が一番良く知っているのだと自信を持ってしゃべります.

投稿日時 - 2007-09-03 06:24:29

ANo.7

場慣れと要領の問題です。初めてだと、予演をしても、本番で舞い上がるなんて事はよくあります。
早口すぎて、よく分からないなんて事もありますし、質疑応答で立ち往生するなんて事も、珍しくないです。
聞いている方も、発表者が慣れていない事も分かりますので、余り気に病む事はないですよ。
ポスターは学部生のレベルの発表だと眺めて終わり、と言う事もあるかと思います。まあ、専門家の集まりですからね。致し方ないかなと思います。

投稿日時 - 2007-09-03 01:23:48

ANo.6

学会発表はしたことありませんが、
最初から上手く行くはずだ、なんてのが甘いだけです。
人間失敗の連続です。
で、大事なのは、あなたが指導者になった場合、人は最初は失敗する物なんだ、ということを忘れないことです。
おそらく大学にはそういうことが頭にない指導者がうじゃうじゃいるはずです。

練習通りに行くハズなら、音楽家は苦労しません。
プロボーラーの試合は、一週間徹夜しても勝負が付かないでしょう。
練習したから上手く行くはずだ、なら、本当に偏差値35から1年で東大に入れるでしょう。一通りやるだけですから。

失敗したくなければ、最初のうちは練習に練習を重ねて、どうやっても失敗するわけがないというところから更に練習を重ねるくらいで、少しの失敗で済む程度でしょう。
私の音楽の経験から考えてそうです。大体本番は6割の力が出せれば十分です。
ちょっと失敗した、ってピーピー泣いている奴をよく見かけましたが、おまえの6割よりはずっとマシだったろう、ってよく思いました。
力が100%出し切れるだろう、ってのは考えが甘いですよ。
経験が浅いのならなおのことです。

後輩の面倒をよく見ていると、説明能力や表現力は上がるかも知れません。
説明のスタート地点を相手の知らないところに合わせることです。
おまえそんなことも知らないのか、と言う奴に限って説明能力は無い物です。

投稿日時 - 2007-09-02 23:50:23

ANo.5

大変でしたね。普通、教員の発表の際には多少時間が過ぎても、質疑応答を削って、最後まで話をまとめさせてくれるのですが、ダメだったのは以下の理由だと思います。
・準備通りに原稿を読もうとして、はしょったり、臨機応変に話をまとめる努力をしていない
・学生ということで、教育の意味
・発表が下手で、これ以上続けてもよく意味が分からない
この3つの複合的な理由でしょう。

ポスターは、分科会よりも難しいですよ。人に立ち止まってもらい、説明をさせてもらうというのは、私もあまり得意ではありません。

いずれにしても、これは研究以前の能力で、研究の才能とは関係ありません。そして、経験で鍛えることができるものですから、あまり落ち込む必要はありません。
ただ、研究というのは、「発表し、分かってもらってなんぼ」ですから、今回の失敗を今後の経験として、頑張って下さいね。

投稿日時 - 2007-09-02 23:12:28

ANo.4

理工系か文系によってかなりアドバイスが違ってくると思います。
ただ共通していえる事は本論に比べてイントロ部分が懇切丁寧過ぎたきらいがあります。学会は専門家の集まりですので、くどくどした説明は省略してさっと済ませ、本論に入るべきです。多分卒業研究発表と同じような気持ちで発表に臨んだのでしょう。
 何度か学会発表の場を積めば、発表要領は覚えられますのでくよくよしないで次回の学会発表に向って邁進しましょう。
 ポスターセッションで、あまり注目されなかったのは、研究内容によるのかも知れません。

投稿日時 - 2007-09-02 23:08:33

ANo.3

私も(学会ではないですが)大舞台で大きな失敗をしてしまった
ことがあります。当時は本当に落ち込みました。

「研究の才能が無い」ということではないと思います。
>初めての学会発表で緊張して練習どうりに行かなかった
こんな事は、誰にでもあると思います。
あなたの周りの研究者の方も、昔そんな経験をされたかも…。

今回のことで自信を無くされているようですが
大事なのは次の機会です。 またチャレンジしてください!
次がうまくいけば、逆に自信に繋がると思います(^^)

以上、ささやかな経験談でした。

投稿日時 - 2007-09-02 23:05:58

ANo.2

そうは思いませんよ。
しかし時間を守るというのは“ものすごく大切なこと”なので次回から沢山練習して時間以内にできるようにすればいいと思います。
司会の人が強制終了させたのも、まだ学生(←ですよね?)だから教育という意味でそうさせたのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-09-02 22:54:39

ANo.1

それだけでは才能の有無は判断出来ません。
緊張しないような訓練をすることと、前もってしっかり計画しておけばそのようなことにはならないと思います。

投稿日時 - 2007-09-02 22:51:30

あなたにオススメの質問