みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

債権者の立場

取引先の会社が民事再生法を適用申請しました。
債権者としては
民事再生がいいのか破産してしまった方がいいのか。
額は何億とあります。
どちらにしても100%返済は不可能だと聞きました。
民事再生と破産、どちらがよいでしょうか?

投稿日時 - 2007-08-27 21:25:20

QNo.3292018

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

配当額(弁済額)は民事再生の方が良いです。
民事再生というのは、破産よりも配当額が上になるようにする手続きですから。ただ、民事再生では、3年とか5年かけて返済して行く手続きです。

例えば、破産では1000万円配当が得られるが、民事再生では3年かけて1200万円という計画が提示されたといします。この場合、即金で入る1000万円を取るか、3年かけて1200万円を取るかという選択になります。もちろん民事再生は失敗する可能性もあります。

また、経営者は基本的に退陣しませんから、この経営者で上手く再生できるのか、また経営不審に陥った原因は除去できるのか、資金繰りが上手く行かないといにはスポンサーはいくら出せるのかなど、判断しなくてはいけません。

おそらくそれほど大きな取引額なら、民事再生の申し立てを代理している弁護士が、質問者さんの会社方に「ぜひとも民事再生の決議に賛成してくれ」ということで根回しに来ると思います。その際に民事再生計画案を提示されますので、その計画案を観て、破産がよいか、民事再生がよいか検討することになると思います。

要は、民事再生、破産どちらを取るのも一長一短というわけです。

投稿日時 - 2007-08-28 02:22:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こちらなどを参考にしてはいかがでしょう。

http://www.tsuchida-kaikei.com/contents/mini_info03/08.html

民事再生の方が最終的な弁済率は良いことになっています。

投稿日時 - 2007-08-27 22:09:45

あなたにオススメの質問