みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

東京ラブストーリーの終わり方は何故?あのように

終わらせたのでしょう?脚本家がそう描いたからだと言われてしまえばそれまでですが・・・

リカは悲しいに決まっている、電車の中であんなに泣いていたんだぜ・・・
華やかなファッションストリートの雑踏の中で、昔の彼氏と偶然出会い、その時、元彼と一緒に居たのは昔の友達で、今は元彼と結婚している・・・

「ふざけんじゃねぇ・・・作り笑いに決まっているだろ・・・そんなに視聴率大事か!!」

その悲しみの追い打ちをリカにしなくても・・・

好きなドラマですが、最後の終わり方は嫌いです。このように感じていますが・・・

1.このような終わり方にしたのは何故だと思いますか?視聴率を意識しての事ですか?日本人の特性としてアンハッピーエンドで終わらせた方が、視聴者の受けが良いからですか?

2.あなたはこの終わり方をどのように思いますか?

以上、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2007-08-03 03:14:34

QNo.3223046

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

東京ラブストーリーですか、懐かしいですねぇ。当時私はランドセル背負っていたくらいの年齢でしたが、周りの子が千堂さん(役名忘れてしまいました・・・)が江口さんのところに行ったりしたりしなければあんなことにならなかったのに・・・みたいなこと言っていた記憶があります(爆)まぁ、彼女は小さい子にもそう感じさせるほど、同情されるべき立場だったということでしょうか。というわけで質問に答えます。

1、リカとカンチがうまくいったらありきたりになりすぎるからですかね。実際は、その意図は作者にしかわからないと思います。

2、とても印象には残っていますが、あまり気分いいものではなかったですね。リカとカンチが別れたのはしょうがないとしても、ちゃんと彼女が幸せになった姿をかいて欲しかったです。

そういえば、たしか最終的にカンチと結婚した女性はリカと友達ではなかった気が・・・?彼を通しての知り合いってかんじだった記憶があります。カンチが元好きだった女性だったか元彼女ではありませんでしたっけ?

投稿日時 - 2007-08-05 02:03:37

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-08-13 15:39:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

確か原作(柴門ふみさんのマンガ)のラストシーンは、カンチとさとみの間に子供が生まれた日、カンチは街でリカを見かける・・・と思ったが、振り返った女性は別人。カンチは人違いしたその女性と「今日、子供が生まれたんです」「おめでとうございます」と会話をかわす、だったと思います。
ドラマではダイレクトにリカと再会させてますね。わたしはリカの笑顔は本物だったと思います。もうふっきれているように見えました。

ちなみに#3さんが書いてらっしゃるように、リカとさとみは友達ではありません。さとみはカンチの高校(中学だったかも)時代からの憧れの人で、リカは東京で就職してからの同僚です。

投稿日時 - 2007-08-06 00:24:44

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-08-13 15:35:09

ANo.2

1:いやいや、ドラマはハッピーエンドのほうが圧倒的に多いし。てことは、そっちのほうが受けがいいって事でしょ。
だからこそ、あの終わり方が記憶に残ってるわけで。そういう意図じゃ?

2:あれはあれでリアルでいいんでは?。まあ、「チクショーくやしー」とリカがむかついた顔のアップで終わりじゃあんまりだしね。

なぜリアルかというと、私事ですが、昔好きだった子が近所の酒屋の奥さんに納まっておりまして、コクった事はなかったけどバレバレだったらしく、「エヘヘー、○○クン私の事スキだったろーが」「んなわけあるかボケはよそのビールよこせやボケ」と、オレ的には切ない会話を繰り広げておりますが、当時の気持を思い出して、決して悪い気分では無いんですよ。知るかそんな事?そうですね。

投稿日時 - 2007-08-03 09:37:21

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-08-13 15:36:47

ANo.1

終わりかたは
1万のラブストーリーがあれば
1万の終わりかたがあります。
東京ラブストーリーの終わりかたは
すべての特徴を総合させた終わりかたです。
「よくある」という人もいれば
「こんなのない」というひともいます。

視聴率といえばそうもうけとめられますが、
それは結果論です。
仮想ですから、いかに読者・視聴者を
ぐいぐい引き込ませるかが
ポイントとなります。

投稿日時 - 2007-08-03 05:49:59

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-08-13 15:35:52

あなたにオススメの質問