みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

旅行(休暇)に対する考え方の違い

結婚して7年目の30代パート主婦です。子供はいません。
我が家では毎年7~9月に沖縄や海外などのビーチリゾートへ行くのが恒例となっています。今年はどこにしようかと私はとても楽しみにしていたのですが、夫が「今年は行かない」と言い出しました。

驚いて理由を尋ねると「お金がかかるから」「疲れるから」と言います。
お金がかかるといっても、2人で夏休み以外に旅行に行ったことはこの7年間で2回ほどしかありません。旅行が趣味で特に海外旅行が好きな私にとっては年1回の楽しみなのです。旅行代は、昨年は10万円台半ばでしたが、いつもは一人10万円以内ぐらいです。年1回のことなのでそのぐらいはいいだろうと私は思うのですが・・・。

夫は自分の趣味である釣り道具にはかなり投資しています。本格的には一昨年あたりから始めたのですが、行くのはいつも同じ近所の釣堀のみなのに、3万、5万という竿や何千円もするウキを何セットも購入しています。

私は「せっかく長期の休みがもらえるのだから、普段の休み(2~3日程度)では行けないようなところに行きたい」と思っています。
とくに昨年は乗り継ぎで疲れてしまった部分があったので、今年は乗り継ぎのないもっと近い所にしようと考えていたのですが、「とにかく海外は疲れるから嫌。国内ならいい」と言います。「だったら国内のどこに行きたいの」と聞くと、全く答えが返ってきません。

おそらく、夫は普段の釣りで自分の休暇は100%満たされているんだと思います。彼にとって、夏の旅行なんてどうでもいいものになっているのかもしれません。確かに飛行機は疲れますが、私はキレイな海や景色を見て、また1年がんばろうという気になるのです。

私が一緒に釣りを趣味とすれば一番いいのでしょうが(以前は付き合ったこともあるのですが)、私にとってはキツいです。

人生を一緒に楽しんでいけると思ったのに、こんなにも考え方に差が出てきてしまったのが悲しいです。夫は基本的に「一人」が好きなようで、特に結婚後、その傾向が強くなったように思います。休みの日に2人揃って近所に出かけるということも少ないです。
こんなすれ違いでこれから先やっていけるのかなんて不安になってしまいます。世の中にはもっと深刻なことで悩まれている方もたくさんいらっしゃるので、甘い考えかもしれませんが、私としてはかなり寂しく虚しい状況です。
ご意見・アドバイスなどありましたらよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-08-03 01:22:25

QNo.3222907

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

かなり寂しい思いをされているのでしょう。
また、夫婦としての「すれ違い感」が将来を懸念してしまいますよね。

旦那様の「一人遊び」や「自分が楽しみたい」の意向が現れ少し腹立たしい思いと、家族旅行での対応では「私を見てくれていない」とか「軽視されている私」につながり寂しい気持ちになるのでしょう。

以前、男女のカップルで、彼がよくデートを「すっぽかす」と彼女が怒っていることを思い出しました。彼は、仕事が大変で疲れたからもっと寝たいからといってデートをドタキャンするそうです。その彼女は、理解したいが彼は「釣りとなると早朝から起きて元気に張り切って遊んでいる!」その態度が許せないと。

今回私は、rontan1104さんに共感しつつも、この「釣りにハマル」メカニズムを理解していただき、客観的に状況を把握していただきたいと思い投稿いたしました。

私も釣りをしないのでその醍醐味を説明しづらいのですが、「いつ魚がかかるかわからない期待感」「魚がかかってもどんな魚かという期待感」「目的の魚をゲットしたときの達成感」が「脳の快楽ホルモンを味わえる」ことにつながっていると考えられます。それでハマルのです。この「快楽ホルモン」は普段のストレス発散に寄与します。途中の苦しさや達成感から「快楽ホルモン」を味わい、ハマルのが「登山」や「マラソン」です。
「ギャンブル」や「痴漢行為などの性依存」にもこのメカニズムが通じていると考えられます。

ですから、ご主人はある程度お金がかかっても「ギャンブル」ではなく「釣り」という行為でストレスコントロールをしてご自身のバランスをとっているのだと肯定されます。

旅行に関して今までとは違う態度となったことは、釣りにハマッタこととご主人の年齢や仕事の状況、取り巻く環境などによって、そろそろ「うつ」の懸念も考えられると感じるのです。「うつ」とされる「脳内セロトニンの不足」は、「快楽ホルモン依存」につながるとされています。(釣りに興じる=うつであるとは理解しないでくださいね。)

今回アドバイスしたいのは、rontan1104さんのご主人に対する「この理不尽さ」を前面ぶつけて、ご主人から避けられてしまう~もっとも寂しい結果となるよりは、このご主人の変化に注目して、つらそうな兆候があれば専門医に受診するような体制がとれる余裕がいいのかなと感じました。

また、ダイレクトに話を通すよりは、「あなたも仕事頑張っているから一人でゆっくりしたいのでしょう。大変だもんね。~でも私は一緒でないと寂しいなぁ」とご主人への理解とご自身の気持ちを優しく伝えることもいいかもしれません。

ご主人に「心理的負担」を感じさせる手段よりは「必要とされる感覚」でPRするのもようでしょう。「感謝」気持ちを数多く伝えるとか、ご一緒にいるときの「楽しさ・嬉しさ」の気持ちの表現です。このような「承認欲求の充足」は、ご主人にとって夫婦でいることでも釣りと同じような「快楽ホルモン」を満喫できてきます。特に「一人好き」の「内向性」タイプには「ほめる」ことや「称賛」と言ったアプローチがモチベーションにつながります。

ご主人もこの状況には「何とかしたいがなんともならない」感じで~閉塞感のスパイラルにならないためにも、rontan1104さんのちょっとした接し方の工夫で乗り越えてみてください。

ご一緒の旅行で、ご主人は釣りでrontan1104さんは観光といった形でも、夕食時に楽しさの共有(当初ご主人は無口でノリが悪いかもしれませんが)釣り話をきくことからはじめ、ご自身の嬉しい楽しい気持ち伝えることによって、次回の旅行へつながるのではないでしょうか。
「小さい幸せ」を「深く味わう」ことからはじめてみてください。
「寂しさ」が緩和されてくるでしょう。

「何で私がこんな努力を」と感じるかもしれません。
しかし、いい感じの、寂しさを感じないご夫婦がこれからずっと続いていただきたいと願うばかりだからです。

大変でしょうが、是非乗り越えてみてください。ご多幸をお祈りしています。

投稿日時 - 2007-08-03 03:36:55

お礼

ご回答ありがとうございます。

>ですから、ご主人はある程度お金がかかっても「ギャンブル」ではなく「釣り」という行為でストレスコントロールをしてご自身のバランスをとっているのだと肯定されます。

なるほど、その通りだと思います。夫は繁忙期は午前様になるなど、かなり疲れていると思います。
海への旅行ですから、その時はもちろん釣りを入れようとするのですが、自分の釣りたい魚ではないようでいつも断られます。それよりもシュノーケリングがしたいと言います。どうも自分の得意(好き)な竿や針の設定では海釣りはできないので、「じゃぁ、いいや」となってしまうようです。
ただ、nazenazedaさまのご回答を読み、それ以前に日ごろの接し方に余裕がなかったと思い反省しています。一歩引いたところから自分を見つめ、もっと相手を気遣えるようになりたいと思います。

うつに関しては正直なところ今まで全く考え付きませんでした。しかし、一見してうつとは分からない場合もあるでしょうから些細な変化にも気付いてあげられるよう心がけていきたいと思います。

反省の第一歩として、負担になっているのならばと、とりあえず、旅行のことを言うのはやめてみました。私も何か新しいことに挑戦して寂しさを紛らわせます。

投稿日時 - 2007-08-03 10:19:56

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私の家でも似たような感じです。
旅行大好きの私と、旅行苦手(というより飛行機嫌い)の主人。
なので、海外へは、ほとんどが友人と行っています。
主人と行くときは列車で行ける範囲のところか、車で行ける範囲でのアウトドアになってますね。

私も以前は、断られて寂しい、つまんないとか思っていました。今では二人で楽しめるなら主人との旅行もOKなのですが、やっぱり飛行機以外にも海外は苦手なようで、無理矢理誘うと旅行の手配とか旅先での対応とか全部私の役目になっちゃうので、私は主人と行くと疲れてしまいます。
旅行の目的が、純粋に旅行を楽しむ為ならやっぱり友人を探した方がいいと思います。旅行の目的が二人で何か一緒に楽しむなら、旅行と釣り以外で何か二人ともが楽しいこと話してみたらいいと思います。難しいかな。例えば、釣りはご主人一人で行って、釣ってきた魚の料理法を塩窯とか燻製とか凝ったものを二人でしてみるとか。

友人のほとんどが既婚で一緒には行けないということですが、結婚する前はどうされていたのですが?案外、独身時に旅行好きなら今も好きだと思いますよ。友人もあなたが既婚ということで遠慮されているのでは?それと、二人一緒でなくても、別々の趣味を楽しんで来て、それを報告しあうのも結構楽しいですよ。
資格取得とかいきなり実用に方向転換しなくても、まだ方法はあるのではないかと思いました。

投稿日時 - 2007-08-03 14:58:03

お礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。

>なので、海外へは、ほとんどが友人と行っています。

いいですね~。うらやましい。

既婚でもお友達同士で海外旅行に行かれる方がいらっしゃるのですね。
よかった。なんか、いけないことのように思っちゃってました。
同じ状況の女性と知り合えるようなところがあればいいのですが、お友達になってすぐ旅行っていうのもナンですし、やっぱり昔からの友達に越したことはないですよね。

私の周りの友人たちは赤ちゃん~幼児ぐらいの子持ちか、子供がいなくても旅行は全てダンナさまとだけで「友達とは無理ねぇ・・・」といった感じだったのであきらめてましたが、未だに旅行好きな子なしの友人が一人います。彼女のだんな様は奥さんの旅行にも寛容な感じの方なのですが、昨年結婚したばかりでまだ新婚旅行にも行っていないのでちょっと遠慮してました。
そろそろ声かけてみようかな。

投稿日時 - 2007-08-06 01:13:30

ANo.3

>私が一緒に釣りを趣味とすれば一番いいのでしょうが
>私にとってはキツいです。

ご主人も実は同じなんだと思います。「私が一緒に旅行を趣味とすれば
一番いいのでしょうが、私にとってはキツいです」が本音なのでしょうね。

だんだん年ととってくると、のんびり過ごしたいと思うようになります。
アクティヴな人にとってはつまらないかもしれませんが(笑)。これから
は、少しプランを変えてみてはどうでしょうか。旅行って、一緒に行く
相手とのコミュニケーションも大切なんじゃないでしょうか。ただ楽し
いことをめいっぱいするだけなら、お友達同士で行った方がいいかも…
…です。家計から出るお金も半分で済むし(笑) 

我が家は私と主人、娘の希望がそれぞれ違うので、全員の希望が適う
旅行ってムリなんです。でも、一緒に計画を立てたりするのが楽しい
ですね。。。そんな時間が楽しいから、主人も疲れているのに無理し
て旅行しようと言うのだと思います。旅行の目的って、本来そんなも
のじゃないでしょうか。。。

投稿日時 - 2007-08-03 06:40:12

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに旅行を趣味としているのは私のほうですが、ビーチリゾートにはあまり興味がありませんでした。夫はきれいな海に行くのが大好きで、それに付き合ううちに私もハマったという感じなので、決して海に無理やり付き合わせていたわけではありません。
ただ、年とともに考え方が変わっていくというのはおっしゃるとおりだと思います。

kazuko1972さんのお宅はご家族みんなで計画を立てられるのですね。とても楽しそうでうらやましいです。夫は「全部任せるからやっといて」というスタンスで計画に加わることは一切ありませんので・・・。

これからはもっと臨機応変に考えていきたいと思います。

投稿日時 - 2007-08-03 10:15:30

ANo.1

>こんなすれ違いでこれから先やっていけるのかなんて不安になってしまいます。

ははは、釣りに付き合わない自分を棚に上げて、そんな大げさな(笑)。何か一緒にできそうなことを別に探して、旅行は他の人と行くか、一人旅にするといいですよ。

人生って変わっていくんだから、その変化を楽しむのが醍醐味なんじゃないのかな。そして変化によって育てられることが進歩なんじゃないのかな。ご主人は今まで、多少の無理をして海外に付き合っていらしたのでしょう。ここらで切り上げないと、無理やり付き合せても、きっと旅先であなたが寂しく虚しい思いをなさいますよ。

投稿日時 - 2007-08-03 02:13:07

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
旅行先であるビーチリゾートはもともと夫の希望なのですが、確かに釣りに付き合わない私もいけないのでしょう。
7年間、一緒に出来そうなことを探してきてやっと見つけたのが旅行先でのシュノーケリングでした。かといって、夫は近場でのシュノーケリングでは気が進まないようですし、友人はほとんど既婚で旅行は難しいので、この機会に考えを改め割り切って、自分自身の資格取得や自己啓発を始めようかと思います。

投稿日時 - 2007-08-03 02:55:00

あなたにオススメの質問