みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記

簿記の問題で下記のようなものが出題されました。本をみて調べてはいるのですが、よく
分かりません。宜しくお願いします。

A社(資本金1000万円、当期純利益12,907,000円)の税額計算。
 前期に未払計上した法人税の納付額   4,822,000円
 前期に未払計上した住民税の納付額     463,640円
 前期に未払計上した事業税の納付額     500,000円
 当期に中間納付した法人税(予定納税分)2,530,000円
 当期に中間納付した住民税(予定納税分)  438,000円
 当期に中間納付した事業税(予定納税分)  475,000円
 源泉所得税の期限後納付にかかる延滞税    50,000円
上記の時の
1.損金の額に算入した法人税
2.損金の額に算入した住民税
3.損金の額に算入した納税充当金
4.損金の額に算入した附帯税
5.納税充当金から支出した事業税

投稿日時 - 2007-07-30 19:52:21

QNo.3213061

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「損金の額に算入した法人税」等は「損金計上法人税」等のことを意味していると思うので、答えとしては・・・
1.2,530,000(加算留保)
2.438,000(加算留保)
3.0
4.50,000(加算社外)
5.500,000(減算留保)

解説は無理です。すいません。
どうしても気になるようなら、書店に行って「よく分かる法人税法(仮)」みたいな本を読んでください。ペラペラの本で十分載っています。

投稿日時 - 2007-07-31 11:02:52

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

1.0
2.0
3.0
4.0
5.500,000円

です。
しかし、これは簿記の問題ではなく、法人税法の問題なので特に理解する必要はないでしょう。

投稿日時 - 2007-07-31 00:24:27

あなたにオススメの質問