みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

参議院選挙

こんばんわ。
参議院選挙はどうやら自民党大惨敗のようです。
今TVで安倍首相のインタビューを聞いてましたが、
どうも首相辞任の意向はないみたいですね。
確かに
現在の法律では首班指名選挙は衆議院の議決が優先されますから
(自民党内で造反でもないかぎり)参議院がいくら野党が過半数を占めても、それだけでは政権はとれません。
しかし、今現在の民意の反映、ということを考えれば、やはり安倍首相は辞任すべきではないでしょうか?
今のTVの(飄々とした、あまり危機感の感じられない)
安倍クンのインタビューを見て、そう思いました。
前回の小泉ワイドショー選挙もインチキ選挙ですし。
そう思いませんか?

投稿日時 - 2007-07-29 22:35:19

QNo.3210623

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>それともまさか自民党?
>自民党なのだったら、やはり無意識に自民党単独(まあ公明党もいますが)政権を容認されてるのですね。
 私は自民党という意味で申し上げました、しかし自民党に派閥の力学が存在すると認識している事が何故無意識に自民党政権を容認していることになるのか理解できません。悪が在る、と認識するのとそれを容認するのは全く別の話ではないですか?

>この中途半端な意識が日本を、日本の政治を腐らせたのだと思います。
 今の自民党内で選ばれうる有力候補者の中では現在の政策・政局を大きく変えうる人材がいない、という判断が“誤ったものである”というのであれば解りますが“中途半端である”というのはよく理解できません、どのような意図で仰られたのでしょうか?

>「何も変わらない」って、変えようとしたこともないくせに言うなよ。
 どの程度のレベルから“変えようとした”と質問者様が判断なさっているかは解りませんが、微力ながら努力してきたつもりです。

投稿日時 - 2007-07-29 23:44:33

お礼

再度のご回答、ありがとうございます。
少し言葉が過ぎたようで反省をしております。
申し訳ございませんでした。
お伝えしたかったのは、民主党を支持してられるのならば、やはり
遠い将来、民主党政権を遠望された言葉が聞きたかった、ということです。
民主党に投票する方はけっこういるのにその決意まで持ってらっしゃる
人が少ない、という現状に苛立ちがあるのも事実です。
僕の地元は地方で典型的な公共事業型自治体で未だに「自民党ブランド」が強いです。
こういう‘ぬえ‘みたいなシブトイ体質の自民党に勝つには、今すぐでの首班(首相)を勝ち取る意欲が民主党にも必要と思います。
どちらにせよ、言いすぎでした。失礼いたしました。

投稿日時 - 2007-07-29 23:54:21

ANo.5

>安倍首相は辞任すべきではないでしょうか?
すべてが、これを目的に動いていた気がします。

防衛大臣の自爆テロ(しょうがない発言)
事務所費問題
社会保険庁問題にせず、年金問題にしてしまった世論
いわゆる従軍慰安婦決議問題

歴史的敗北までしないと、辞めそうにないから
徹底的に追い込んだ、と感じてしまいます。

もちろん私には、首相を辞めさせたい本当の理由は分かりません。

投稿日時 - 2007-07-29 23:32:21

お礼

こんばんわ。
自民党がここまで大惨敗を喫した理由は評論家的に、俯瞰してみれば、
簡潔に言って
「小泉郵政選挙大勝に対する反動」というのが一番わかりやすいかもしれません。
国民もみんながみんな馬鹿ではないですから、あの2年前の選挙の自民党圧勝の後、いくらかの良識ある国民は
「あちゃー」
と思ったのかもしれません。なんたってあの「杉村某」とか「佐藤某」とか「片山某」とか中身のないチルドレンが大量当選したのですから。
あと個人的には(これは意見が分かれてもかまいませんが)
小泉政権以降「なんとなく(ここ重要)」増幅していった日本「右傾化」路線に対する国民の危機感、と信じています。
小泉はナショナリストでも軍国主義者でもありません。(そこまでの信念はありません。好きなのは郵便局だけです。)ただ、ナルシストで、
靖国に行っただけです。でも安倍は本物です。だから国民は小泉のときは笑い飛ばしてたけど、安倍が本当の憲法改正を言い出したら、やっぱ
それは「駄目だよ」って意志表示したんじゃないかと思います。
個人的にはそう思ってます。

投稿日時 - 2007-07-29 23:44:11

ANo.4

>やはり安倍首相は辞任すべきではないでしょうか?
 個人的には今可能性のある候補の中では誰がやっても余り変わらないかな、と思います。個人的に期待している人物は派閥の力学から考えれば難しいでしょうし。
 
>小泉ワイドショー選挙もインチキ選挙ですし
 マスコミの過剰で一方的な報道をインチキ選挙と呼称するのであれば今回の選挙もインチキ選挙だと思います(私は民主党支持者ですが)。前回は一個の政策が過剰にクローズアップされてしまいましたが、今回はそもそも政策が焦点になってすらいません。

>そう思いませんか?
同意を求める行為は規約違反ですよ

投稿日時 - 2007-07-29 23:14:41

お礼

こんばんわ。
>個人的には今可能性のある候補の中では誰がやっても余り変わらないかな、と思います。個人的に期待している人物は派閥の力学から考えれば難しいでしょうし。

民主党支持者とおっしゃる回答者様のいう‘派閥‘とは、やはり民主党の派閥のことなのですかね?それともまさか自民党?

自民党なのだったら、やはり無意識に自民党単独(まあ公明党もいますが)政権を容認されてるのですね。

>誰がやっても余り変わらないかな
この中途半端な意識が日本を、日本の政治を腐らせたのだと思います。
「何も変わらない」って、変えようとしたこともないくせに言うなよ。
変えようともしなけりゃ、そりゃなにも変わらないよ。

民主党だって「頼りない」とか、「政策が分からない」とかいわれりけど、だって政権一回もとったことないんだもん、当たり前だろ!
一回変えなきゃ駄目なんだって。政権交代しなきゃ。

>そう思いませんか?
同意を求める行為は規約違反ですよ
(これは知りませんでした。失礼いたしました)

投稿日時 - 2007-07-29 23:28:18

ANo.3

簡単に言ってしまうと、有権者である日本国民が「その程度」なんです。

さすがに今回は色々あって、自民党退廃(それでも投票している奴等いるのね…)になったようですけど、どこまでその候補者のことを考えて投票しているのやら…

投票率もまだまだ低いですし。

もう少し痛めつけられないとわからないかな、日本人は。

投稿日時 - 2007-07-29 22:50:26

お礼

こんばんわ。
ご回答ありがとうございます。
回答者様のおっしゃること、共感いたします。
先ほどの安倍くんのインタビュー(続投するんだってさ)
つまり、「参議院で負けたって、小泉パパから引き継いだ衆議院の議席があるから、まだ首相でいられるもんね!」ってことでしょう?
馬鹿です。
で、その馬鹿に国民は馬鹿されてるんです。
いいかげん、怒りましょう。日本国民(そう思っている方)のみなさん。
本当に、「美しい国」をつくるために。

投稿日時 - 2007-07-29 23:14:00

ANo.2

青木参議院議員会長、落選した片山(虎)参議院幹事長をはじめ、中川幹事長、石原副幹事長は選挙の責任をとり、各役職を辞めます。
そうした中で、安倍さんが総理の地位の留まることが適切でしょうか?

ここで、政権にしがみついては安倍さんの今後が危ういです。
また、自民党の中からも舛添さんのように続投批判が出され、立ちゆかなくなると思います。

今、民主党の反小沢勢力から岡田待望論があります。
岡田さんは選挙で負けた責任を取りいさぎよく辞めたから、そうした声があるのです。

身の処し方を安倍さんは良く考えなければなりません。

投稿日時 - 2007-07-29 22:47:12

お礼

こんばんわ。
私も前民主党代表、岡田氏待望論は賛成です。
彼は100年に一度の人材です。
安倍ぼんぼん首相とはレベルが違います。
さっきのTVでの安倍くんの‘開きなおり‘インタビュー
怒りをとおりこして笑ってしまいました。

投稿日時 - 2007-07-29 23:09:29

ANo.1

>前回の小泉ワイドショー選挙もインチキ選挙ですし

なんか不正投票でもありましたっけ?
投票箱のすり替えとか、選挙民への買収とか、
立候補者への脅迫や殺害とか?

インチキ(不正)投票とはそういう事を指すんですが。

頭のレベルを上げることが先決ですな。

投稿日時 - 2007-07-29 22:40:03

お礼

こんばんわ。
>前回の小泉ワイドショー選挙もインチキ選挙ですし。
言葉足らずで済みませんでした。学が足らず、適切な言い回しが思いつきませんでした。
言いたかったのはこういうことです。
衆議院というのは参議院と違い、首相(行政府)に解散権があります。
いわゆる三権分立の中の一権限ですね。
参議院よりも圧倒的優位を誇る衆議院に対する、行政府の(けん制の意味をこめた)権限です。(これを‘伝家の宝刀‘という人もいます。ちなみに参議院に首相の解散権はありません。任期がきたら自動的に解散です。)
つまり、衆議院選挙は相対的に政権与党に有利、参議院選挙はイーブンなのです。
選挙民はこの点を十分考慮に入れて、投票をすべきなのです
過去(ほとんどが自民党の一党独裁体制の中で)衆議院の解散というのはこの‘首相の解散権の行使‘により行われてきました。
要するに、政権与党(そしてその総裁)の思惑、戦略(政権維持戦略)
によって、衆議院は解散されてきたのです。
先の小泉‘郵政解散‘を思い出してください。
小泉は郵政民営化法案が衆議院では可決されたのに、参議院で否決されたから、「衆議院」を解散したのです。
これに矛盾は感じませんか?
そしてその‘劇場型(ワイドショー)‘選挙によって、小泉チルドレンなる大量の議席を獲得し、それを(まるで親の遺産をひきついだボンボン息子のような)安倍くんがいいように使って、強行採決を繰返してきました。
ここまで言ったらこんな反論が予想されますね。
「そんなこと言ってって、そんな‘小泉郵政選挙‘で自民党に投票したのは国民だろ?それが民意だろ?」
そのとおり。全くそのとおり。だからあの小泉インチキ選挙から約2年が経過した今、安倍自民党政権(とそれになんの考えもなく一票に投票した国民に)こう言いたい。
「そんなこと言ったって、そんな‘参議院選挙‘に投票したのは国民だろ?それが民意だろ?」
安倍首相は即刻、辞任すべきです。

投稿日時 - 2007-07-29 23:02:54

あなたにオススメの質問