みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

離婚時の財産分与の考え方について

会社の同僚のことなのですが、現在離婚をするかもしれない状況です。
同僚は女性で、旦那のほうから離婚話を持ちかけられています。
彼女としては直ぐに”離婚”とは考えていませんが、最終的にお金の話になったときに、こういう場合はどうなのか?といったご相談です。
慰謝料とは別に結婚してから離婚するまでの、その間の財産は折半、という形が通常の考え(法律的にそうなっている)と思いますが、別居したら(離婚はまだしていない)その別居期間中の財産分与はどのように考えたらよいのでしょうか?
結婚期間中の財産分与の考え方も含め、教えて下さい。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-07-29 12:47:13

QNo.3209181

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

法律家ではないので、飽くまで参考意見として読んで頂ければ幸いです。

財産分与とは、結婚中に形成した夫婦共同財産を清算して分けることです。夫婦は共同生活をしている間、協力して一定の財産を形成しますが、それは多くの場合、夫名義の財産とされます。しかし、夫名義の財産とされるものでも、その実質が妻の協力貢献によって形成維持されたものについては、離婚の際に、貢献の割合に応じて清算されるのが普通とされています。

上記より類推すれば、別居期間中に得た財産は、「互いの協力貢献」によって形成維持されたものではないので、それらは分与の対象外になるのではないでしょうか。例えば別居期間中に、どちらかが必至に仕事をして自動車を購入した、と。この場合、この自動車は飽くまで片方の方の努力によって形成された財産ですので、離婚時の財産分与の対象にはならないのではないかと思われます。

投稿日時 - 2007-07-31 03:03:26

お礼

お返事遅くなってしまい、すみませんでした。
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-08-11 22:00:14

あなたにオススメの質問