みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日焼け止めの表示について

今日、今年用の日焼け止めを買ってきました。
色んな表示の日焼け止めがありますよね。
私が買ったのはPA+++/SPF50 130という物でした。
PAとSPFは分かるんですが、後ろの130ってなんでしょうか?
97とか、108とか、色んな数字の物がありました。
これも数字が大きいほど日焼け止めの効果が高いっていう事なんでしょうか?
あと、PAやSPFも含めて数字が大きいものは、やっぱり肌に負担が大きいものでしょうか?
肌を守るために塗るのに、それで肌に負担がかかるなら考えてしまいます…。
標準的な数値はいくつなんでしょう?
皆さんがどれくらいの数値の物をお使いなのかも知りたいです。

質問が多くなってしまいましたが、知っていらっしゃる方いましたら教えて下さい。
宜しくお願いします!

投稿日時 - 2002-07-19 19:16:56

QNo.317949

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>後ろの130ってなんでしょうか?

SPFのことですよ♪♪

何年か前に
SPF50以上の数値は表記してはならないと
法律できめられたのです。

それまでは、数値が高い方がよいと
勘違いされる消費者の方が多く
それを防止するためのものと
思われます。

数値がどんどん高いのが
売られるようになり
お肌への負担が高いにもかかわらず
より高いSPFの研究合戦
がヒートアップ
してきたのも
原因だと思います。


(^o^)参考になるとよいのですが。。。
他は、♯1の方のが詳しく書かれております。
併せて参考にしてくださいね。

投稿日時 - 2002-07-20 01:17:13

お礼

>何年か前に SPF50以上の数値は表記してはならないと
>法律できめられたのです。
そうなんですか!初めて知りました。
それでSPF50のあとに大きな数字がついていたんですね。
せっかく消費者の為に作られた法律なのに、紛らわしいですね;
しかも本当の数字を書いてないのもあるわけですよね…。
今回買ったのは130って書いてあったから分かった訳で。

参考になりました!ありがとうございましたv

投稿日時 - 2002-07-23 22:47:23

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは!!
実は私も気になり数ヵ月前メーカーに問い合わせしました。
私が問い合わせたのは「サンプレイ スーパーブロック130(ロート製薬)」という商品です。
もしかしたらkoro5さんが購入した商品と同じものかもしれませんね。
その時のロート製薬社からの回答は・・・

「SPF値についてですが、平成12年度の新製品からSPF値が50以上の商品につきましては「SPF50+」という表示に変更されました。(日本化粧品工業連合会の改定されたSPF測定法基準により、SPF表示の上限が「50+」に設定された為)
販売名称は、あくまでも数字を表したものですが、SPF値が「50+」という表示ではお客さまにわかりづらいので実測値の数字を名称に加えました。従いまして、サンプレイ スーパーブロックのSPF値は130とご理解ください。」

との事でした。
従って#1、#2の方々の回答通り、130とはSPFの値で間違いありません。
ただ、130という数値の基準は、あくまでもロート製薬社のものとなると思いますが。

投稿日時 - 2002-07-23 17:14:47

お礼

こんにちは!私が買ったのはメンソレータムの物です。
メーカーに問い合わせるっていう方法をすっかり忘れていました(笑)
わかりやすい説明して頂いてありがとうございますv(^-^
商品名に含まれる形で表示してるんですね。
上限50っていうのは逆に厄介かもしれませんね。
よくわかりました!ありがとうございました!!

投稿日時 - 2002-07-23 22:59:07

ANo.1

>後ろの130ってなんでしょうか?
日焼け止めのレベルを示す値です。
何もつけない時の何倍の紫外線を浴びると、肌が赤くなり始めるかという考え方で出されています。平均的に何もつけないでも肌が赤くならない時間を25分とすると、例えばSPF15なら、25分の15倍の約6時間半、肌が赤くならないという訳です。ですが、日焼けのしやすさは個人差があり、また時間により紫外線量も増減するので、SPF15が6時間半の効果があるとは、一概には言えません。
ただし、SPFは30以上になると、効果はそれ程変わらないにも関わらず、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤の物質による肌への負担が大きくなるので、あまり意味がないとも言われています。

「PA」
紫外線A波を防ぐ効果を表す値。+の数で、3段階で表されます。+が多い程、効果があります。

ちなみに、どんな日焼け止めでも100%紫外線をカットするのは無理な話。日常生活ではSPF20、PA++程度のもので十分ではないでしょうか。外で遊ぶ時には、もうちょっと効果の強いものを選ぶとか、数時間おきに塗り直す事も大事です。「とにかく高い数値」ではなく、その効果と、肌に与える影響のバランスをみて選んでくださいね。

下記URLも参考に・・・
http://kcs.kanebo.co.jp/KC/KCBF/UV/spfpa05.html

投稿日時 - 2002-07-19 21:10:00

お礼

せっかく回答頂いたのですが…。
質問文にも書いた通り、PAとSPFの意味は知っております。
私の買った物のSPFは50であり、後ろの130ではありません。
この130は何なんでしょう?という質問だったんです。
私の質問文の書き方が分かりにくかったならすみません;;

あ、もしかして「日焼け止めレベル」っていうものがあって、その数値なんでしょうか?
その数値なのだとしたら、その基準が分かるようなものが発表されているんでしょうか。
PAとSPFのバランスで決まるんでしょうか…?
一応数値が大きいほど日焼け止めに効果があるだろうというのは分かってるんですが。

私の方が文を分かってなくてすみません;
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2002-07-19 23:02:39

あなたにオススメの質問