みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

C++とJava

オブジェクト指向を採用しているC++とJava。オブジェクト指向プログラミングに関連している部分で、二つの言語の大まかな違いは何でしょうか。

投稿日時 - 2007-07-18 00:37:22

QNo.3177206

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

多重継承の有無
ほかにも色々あるけれど"大まかな"違いの最たるものはこれ。

投稿日時 - 2007-07-18 00:52:18

お礼

簡潔でストレートな回答でわかりやすいです。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-07-18 02:17:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>オブジェクト指向プログラミングに関連している部分で
ここからは(一部)外れるかと思いますが、最も大きな違いは、C++にはテンプレートって機能があってそれが大々的に使われてるってことですかね。JAVAだとインターフェースとか継承のネストとかで実装するパタンが、C++だとテンプレートで実装されることが多いです。
テンプレートの方が(実行時の)効率がいいってことと、C++のクラスにはJAVAのObjectクラスのような共通のスーパークラスがないんで、そもそもテンプレートを使わないと設計パタンが実装できないことがある、てのもあります。

全般的に、JAVA(やその他のまともなオブジェクト指向言語)では実行時に処理するべきことを、C++ではコンパイル時にしないといけないことが多かったりして、ある意味、オブジェクト指向言語としては半端です。で、その分、テンプレートという機能が加わっているて感じか。

投稿日時 - 2007-07-18 02:09:08

お礼

良い意味で脱線して話をして頂いて、とても良かったです。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-07-18 02:20:39

あなたにオススメの質問