みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

髪の毛がおかしい

石鹸シャンプーを一時期使ったからかわかりませんが、髪の毛の状態がおかしくなってしまいました。
寝癖を直すのにお湯をかぶってみても髪の水の吸い込みが悪く、タオルで拭いてもなんかべたべたしたようなかんじ、握るとギュムっとしていて芯がないというか、なんともいえない重さが残ります。
そしてまた問題なのがワックスをつけると髪の毛にワックスが吸収されてしまうようで、まったくまとまらないことです。
こんな状態になってから気になって最近日に3回くらい髪を洗うのですが一向に治らず・・・
なぜかこの状態になって以前より毛艶はよくなったのですが、ワックスなど使ってもまったくまとまらないので本当に困っています。
経験あるかた、専門家の方、なんでもいいのでどうかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-06-26 13:07:38

QNo.3117047

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>石鹸シャンプーを一時期使ったからかわかりませんが

今現在は使っていないなら、あまり、石鹸シャンプーとは関係ないと思われます。
ただ、結構長いことお使いになっていたなら、
【なぜかこの状態になって以前より毛艶はよくなったのですが、】という理由ともに、髪の毛の状態を説明できそうです。

ただ、一般に石鹸シャンプーといわれているものが
いわゆる「脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリム=アルカリ性」のものであるという前提です。

世の中には、中性の石鹸シャンプーや、弱酸性の石鹸シャンプーというありえないものを、ありえないコピーでうる業者も居ますので
あくまでも本物の「石鹸=アルカリ性」シャンプーということでご説明します。

石鹸シャンプーはアルカリ性です。
アルカリはたんぱく質を膨潤させますので、水が髪の中心に入り込みやすい、このときに石鹸の分子も一緒に入り込みます。
膨潤するということは、髪の毛のうろこ構造もはがれやすくなります。
石鹸シャンプーだけを使い続けると、髪の毛がばりばりになりますので
普通は酸性のリンスをします。

すると、髪の毛に入り込んだ石鹸分子、および、石鹸と、水中の2価の金属イオン(ミネラル)が結びついて、不溶性の金属石鹸を作り、コレをスカムといい、一般的には体を洗った後のタオルをすすぐと「ムラムラ」が出ますが、まさにあれに含まれる主なものです。
あれ=ムラムラは垢ばかりではないのです。

髪の毛もブラッシングすると、ブラシ、あるいは櫛の歯になにやら、
つくはずですが、コレがムラムラ=スカム=金属石鹸の髪の毛に付着している残りです。

まず、髪の毛についたら、取れません。
このままの状態だと、髪の毛はムラムラコーティングの状態ですのでバリバリにだんだんとなっていきます。

しかし、普通は「酸性リンス」をするので
髪の毛の表面およびその内部で金属石鹸=ムラムラが分解されて、
元の脂肪酸=油と水溶性金属=ミネラルイオン(マグネシウムイオン、カルシウムイオン)←コレは外に出て行く。

酸性リンスの後、残るのは石鹸の元の原料としての「脂肪酸=あぶら」です。

だから、髪の毛はつやつやしっとりというなら、
結構な表現ですが、どちらかというと、固形の油として髪の毛に残るのでべったり、重たいということになります。

【最近日に3回くらい髪を洗うのですが一向に治らず・・・
なぜかこの状態になって以前より毛艶はよくなったのですが、ワックスなど使ってもまったくまとまらないので本当に困っています。】

石鹸シャンプーを使ったときに生えてきている髪が、中心に油を吸収しやすい「孔」を作ってしまって(アルカリで損傷したので)いるのでワックスが吸収されやすいのでしょう。
また、ワックスは、揮発性のオイル成分も必ず含むようになっているのでいささか乾いて、形が決まるように処方されていますので、
その分、髪の毛の中にまで入り込みやすい。
さらにいうなら、ワックスはべたつきをなくすために
炭素系の油(普通の油?)ではなく、さらさらとつやのために
シリコン系の油を多用しますので、コレが髪の毛に入り、残る。

で、このシリコン系の油が、劣化すると、何になるかというと
ガラスに近い成分になります。
普通の油が劣化すると、ゴム?状態というのは、ガスレンジなどの油汚れを見ると理解しやすいでしょう。

つまりは、髪の毛に孔を作った。
孔から、シリコン系の油がしみこむ。
コレが劣化して、ガラスに近い成分として髪の毛に残る。
劣化していないシリコンオイルはつやつや。

この状態です。

シリコンオイルは特殊なシャンプーを使わないと
炭素系のオイルと違って落ちません。
(普通のシャンプーで3回洗っても落ちない理由)
ただし、コレも、劣化・酸化された、ガラス状態になったのは
取れません。

説明すると、こうなりますので、
その部分の髪の毛(孔のある部分の毛髪=石鹸シャンプーを使っていたとき生えていた部分)が失われれば、元に戻ります。

アルカリとはそういうことなのです。

投稿日時 - 2007-06-27 14:11:23

お礼

「孔」ができてしまったせいでワックスを吸うようになってしまったんですね。
思えばこんな風にワックスを吸収してしまうような髪になってしまったのは石鹸を使いだしたころからだったかもしれません。
昔はワックスでシャープだったりタイトだったりな髪型にできたんですがここ最近はまとまらないためもっさりふくらんでしまいます。
良かれと思って手をだした石鹸が仇となったとは・・・
あわないようなのでもう二度と石鹸には手をだしません
あんまり切りたくないけどもうこんな状態じゃこりゃ切るしかないですね↓
切らずに少しでも今の状況を改善するのは無理っぽいですし↓
とりあえず今の自分の髪の状態がわかってよかったです!
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-06-27 23:25:55

ANo.1

1日に3回は洗いすぎだと思います。
そのせいで髪が弱くなってるのではないでしょうか?

石鹸シャンプーを使ったかはあまり関係ないと思います。
シャンプーでは地肌を洗ってますか?
コンディショナーやトリートメントを毎日していますか?
トリートメントパックなど試したほうがいいと思います。

投稿日時 - 2007-06-26 18:10:10

お礼

コンディショナーやトリートメントは毎日しています。
でもトリートメントをするとなぜかベタベタがひどくなってしまうんですよね・・・
ただ今日椿油を使ったら多少ましになりました。
たしかに3回は洗いすぎですね。
ただこうもベタベタすると何かがまだ髪に残ってると感じて洗ってしまうんです↓

投稿日時 - 2007-06-27 23:11:43

あなたにオススメの質問