みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ日本だけ低金利?なぜニュージーランドは高金利?

国の政策金利について二つ質問があるのですが、
1:このサイト内の「日本が低金利でなければいけない理由は?」という質問に対する回答に、次のようなものがありました。

「高金利にすると借金してる人の返済額が増額します。
企業は大抵の場合借金をして設備投資など投資を行うので、高金利になると充分な借金を出来ず、資金に困って経営能力が落ちます。
なのでこの程度の回復状況で低金利を解除しても、企業の力が衰える可能性があるし、借金してる一般人も困ります。
米経済が安定しないと日本の主力である貿易にも大きな影響があるので大きいです。」

との事ですが、借金ならアメリカも双子の赤字と言われているように、赤字の国なんじゃないかと思うんですが、アメリカはたしか今5%ぐらいまで金利上がってますよね?

それと、経済の本に「日本が金利を上げられない理由は、金利を上げると国の借金(=国債)の金利も上がってしまうので、ますます借金が増えてしまうので金利を上げられない」と書いてあったと思うんですが、これもアメリカなど他の国でも同じではないんですか?なぜ日本だけ低金利のままなのでしょうか?

2:ニュージーランドが先日、政策金利を0.25%利上げして金利が8%になりました。当然、NZドルを買う人が増えたのですが、今度はそれが不服なのか、NZが為替介入をしてNZドル売りをした、というニュースが流れました。一時的にNZドルは下がりましたが、再び上がっていきそうな感じです。
たしか2年ぐらい前も、NZのお偉いさんがNZドル高を嫌がるようなコメントを出し、NZドルが急落した事がありました。だったら金利を下げろよ~と思うんですが、なんでNZはこんなこと(金利を上げる)をやっているんでしょうか?金利を上げたいがNZドルが高くなるのはイヤだなんて、そんな事がまかり通るんでしょうか?それが可能な状況といえば、誰もNZドルを信用しなくなったときじゃないかと思うんですが、NZドルの政策金利を決めているのが誰なのか知りませんが、一体何が狙いなのかがよくわかりません。詳しい方いたら教えて下さい!よろしくお願いします。

投稿日時 - 2007-06-16 02:09:46

QNo.3088643

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ニュージーランドは詳しくないので、とりあえず日米についてのみ触れます。

日本が金利を上げないのは、国債の利子が増えるからではなく、民間の景気を考えてのことです。
日本経済は小泉政権が終わる頃まで、長い不況に苦しんでいました。
その中で景気回復のために打ち出されたのが、ゼロ金利政策です。
金利を低く抑えることで、企業が借金の返済をやりやすくしたのです。

今の日本経済は緩やかな成長を続けていますが、いまだ政府はデフレ脱却宣言を出せずにいます。
世論調査でも、景気がよくなったと感じられない人がまだまだ大勢います。(私自身は、そうは思っていないのですが)
企業も大企業は負債の整理がかなり終わっていますが、中小企業はまだまだこれからです。
そんな中で、大幅な金利切り上げに踏み切れば、また企業の倒産が増え、景気は足止めを食らってしまう危険が十分あります。


それからアメリカについてですが、アメリカ経済は既に海外からの資金流入なくして、国内経済が回らなくなっています。
よって海外向けに国債を発行し、また高めの金利で海外から資金を呼び込みやすくする必要があるのです。

冷戦終結後、アメリカは移民の急増で人口が一億近く増えています。
流入する移民の多くは低所得者であり、彼らを養うためにアメリカは多少無理をしてでも、景気の持続的成長が絶対に必要なのです。
またアメリカは、レーガン政権時代に多くの財政赤字を抱えましたが、後のクリントン政権で見事に黒字転換した実績をもっています。
今は多少赤字が増えても、ある程度情勢が落ち着いてから、財政を健全化することが出来るという自信をもっているのかもしれません。

投稿日時 - 2007-06-16 15:29:59

お礼

ありがとうございます。なるほど、日本と米国の事情が少しわかりました。

投稿日時 - 2007-06-17 16:03:40

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

なぜ日本だけ低金利?  経営者やエコノミストが低金利・ゼロ金利に馴れてしまったから。
 「低金利の方が良い」と言うのは経営者など金を借りる立場の人。逆に「高金利の方が良い」と言うのは金を貸す人、日本では一般人の預金者。
 さてどちらに人の意見が政策に反映するでしょうか?答えはハッキリしていますね。エコノミストも所詮経済界に睨まれたら評論活動もし難くなります。まして与党の政治家となればなおさら経済界の意向は尊重します。
 今年の1月、政府は日銀の金利引き上げに批判的でしたが、市場は素直に受けとめています。
 私は「日本の金利はもっと高くても良い」と思っています。でも、エコノミストがこのようなことを言って、財界人や政府関係者から批判されたら、今後執筆活動もし難くなるでしょう。
 日本の経済人は、円高・高金利などの変化に対して柔軟に対応できる力を持っていると思います。結局。答えは「経営者やエコノミストが低金利・ゼロ金利に馴れてしまったから」となるのですが、専門家はこのようには言わないので、無責任なアマチュアの見方と理解してください。

投稿日時 - 2007-06-18 03:52:43

ANo.1

国家が金利などを統制しようとしても、完璧には操れません。
(所詮は自由経済ですので、1割以下の支配力しかない国家経済力では
 ある程度の誘導が可能ですが、
 市場の力にはかないません)

物価高や 円安などになった場合、
金利を上げないと 円の信用価値が無くなります。
逆に、物価安や円高になった場合、
金利を下げないと 他の人間(海外投機家が円に換えて)が大儲けとなります。
※この場合 円を維持しようとする側が大損ですねw

投稿日時 - 2007-06-16 08:27:06

あなたにオススメの質問