みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ふるさと納税ができたらどこに納めますか?

住民税の10%を居住地以外のところに納めてもよいようにするという「ふるさと納税」が議論されてます。
もし、実現したらあなたはどうしますか。
私は東京都にはこれ以上税金を払いたくないので、必ず利用したいと思います。
○自分のふるさと
○ふるさと以外でも日本のきれいな山、川、海を守ってくれている町
○外国でも災害に見舞われた国や、平和で民主的な開発途上国
など、自分の意思で選べれば、納税も少し楽しい気持ちになれるような気がします。
もっとも私の払う住民税の10%というと、たかが知れてますけどね。

投稿日時 - 2007-06-09 22:05:29

QNo.3070834

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

#3の返答です・・

東京に住所する団体・・・
確か、、九州だかの選挙で住民票移動したとか、、そんな問題になった政治密着カルト教団の住民が多かったり、
市会議員だか、、でも問題になっていたのではなかったでしょうか?

大阪はバブル以降、すっかり!彼らの計画通り?
市民財産もも府民財産も・・
きれいさっぱり!大阪商人の歴史文化を破壊され、
文章や写真のみの情報とされてしまいましたが・・・

駐車違反の法制も、、
実は大阪の個人商店をつぶす最後のプッシュ?
また、大阪の文化・歴史、自然と周囲との調和を大切にした合理性とを垣間見れる?証明する?建造物、町並みを破壊し、
タイムとやらの駐車場に変え、更地にしておいて、、
最終的に、ビルを建てようという魂胆??

食道楽の大阪が
ファミレス、チェーン店の大阪に変貌・・・

どうせするなら、故郷納税とは言わず・・

どの知事を支援するか?って、
知事職に競争原理を持ち込んだらどうでしょう?
実質政権総会屋=ロビイストの言いなりになってる知事がやっていけないようなシステムにすべきかも。。??
法人献金は無視して・・
そうなると・・選挙の投票率も高くなるのでは  ??エッ☆!

投稿日時 - 2007-06-25 21:15:57

ANo.7

ふるさと納税はイメージが先行しすぎていますね。
もう少し冷静に考えるべきです。
義務教育にかかる経費等、国民が平等に受けるべき権利に関する経費はそもそも国税(所得税)を充てるべきなのです。
使途が決まっていない税金を地方に配分したところで、結局公共事業に使われ、自然破壊が進むだけですよ。

投稿日時 - 2007-06-12 13:32:01

ANo.6

ふるさとへ納税したって、市長が孫連れでディズニーランドへ公務として行ったり、視察と称してコンパニオン呼んで宴会したりと、単に飲み食いで使われてしまうだけですが。

投稿日時 - 2007-06-11 21:11:34

お礼

ありがとうございます。
でも東京にも、公務と称して外国に遊びに行くえらい人がいたような・・・

投稿日時 - 2007-06-12 22:25:11

ANo.5

理想・理念としては良いのですけど、コストやそもそもの税という概念から実現は難しそうですね。

1番の「ふるさと」のみなら、私は賛成ですね。
昨今は日本の風習の一つである、「お墓」という概念が廃れてきて、無縁墓地が増えているそうです。
つまり、「ふるさと」の概念が徐々に変ってきてる見たいです。
「ふるさと」納税で「ふるさと」というのをもう一度考える良い切っ掛けになればと思いますね。

2番目は反対です。
日本人は特にメディアに左右されがちな気がします。
今、どこに振り分けるかをアンケート取ったら「夕張市」が一位に来るでしょう。
しかし、夕張よりも財政が悪いのに頑張っている自治体は沢山あります。
一部のメディアに取り上げた自治体に税が集中して、結果的にいまよりもバランスが悪くなる可能性は十分にあるとおもいます。

3番目は、税の使う分野ではあまりないですね。
災害などは赤十字やNGOを通して支援出来ます。
開発途上国への支援はODAということになるんでしょうけど、国に余裕が無くなりまた意味も問われ直されている現状では、逆行した政策でしょうね。

ということで、導入するなら「ふるさとのみ」という事にして、且つ強制(義務)であれば税として意味を成すと思います。
もっとも、税収以上にコストがかかるらしいので、「本末転倒な政策」には反対ですけど。

投稿日時 - 2007-06-11 01:43:42

ANo.4

> 現状のイメージでは「自分のふるさと」しか選択肢がないようですけど??

一応、日本国内ならどこに納めても良いようですよ。転勤族の子供だと「自分のふるさとってどこ?」って話になりますしね。

この法案、大変なのは納税課の職員ですね。予算も増えない(減るかもしれない)のに仕事だけは増えて・・・。

それはともかく。

私は自分の出身地である北海道に支払おうと思っています。が、もし税率が地方によって異なるなら、多くの人は一番安いところに支払うと思いますし、私もそうすると思います。

投稿日時 - 2007-06-10 18:24:10

お礼

ありがとうございます。

北海道も大変ですからね。
夕張は最盛期には人口が10万人もいたそうですから、夕張出身の人の何割かがふるさと納税すると、相当効果があるでしょうね。

税額は居住地の基準で総額を決めて、そのうち1割以内を、自分の選択するところに納めることになるんでしょうね。仮定の話ですが。

ところで、市町村長や行政が、汚職、談合、自然破壊的な事業などイメージダウンになることをすると、住民は腹が立ってもなかなか逃げ出せませんけど、ふるさと納税は激減するでしょうから、政治・行政の腐敗・怠慢に対する抑止力効果も期待できるのではないかと思います。

投稿日時 - 2007-06-10 21:27:30

ANo.3

やはり、自分たち家族の住んでる町が善くなる様に、

ま。。。子供の居ないときは、
選択するかもしれませんが・・

投稿日時 - 2007-06-10 16:33:25

お礼

ありがとうございます。
それが最も自然ですよね。

それなのに、どうして某知事は目くじらを立てて反対するんでしょうかね。見かけによらずケチなのかな。

投稿日時 - 2007-06-10 21:08:40

ANo.2

 ふるさと納税の発想自体が、陳腐ですので、実現はありえませんが、2番目のふるさと以外の納税となれば、ふるさとの意味が違ってきますので、あやふやな税目となります。
 また、3番目の災害見舞いは、赤十字社という大きな組織がありますし、発展途上国には、ODAもあります。
 1番目の自分のふるさとですが、都会生まれで、ふるさとの無い人は、納税義務が無いのでしょうか。
 確かこのふるさと税構想は、公明党の発想だと思いましたが、あの政党は、時たま宗教的な、施し政策を考え付く事があります。しかも選挙用の政策ですから、不純です。
 もう少し、住民税という地方税の意味を勉強してもらいたいものです。
 ふるさとからであろうが、生れつきであろうが、都市に住んでいる住民の為の社会資本整備と、福祉の確保等に使用するのが住民税と言う地方税なのです。
 ふるさとに振り分ける余剰があれば、住民税を減税すればいい事なのです。

投稿日時 - 2007-06-10 14:42:03

補足

ふるさと納税は公明党とはあまり関係ないでしょう。
公明党は都市政党ですから。
ふるさと納税が真剣に議論されるようになったのは、秋田出身の自民党の方が総務大臣になったからですよね。

住民税という地方税の趣旨はおっしゃるとおりです。
しかし、居住地のある市町村に100%支払うことに、あなたは何の疑問も感じませんか?
田舎で育ち、都会で働き、退職後田舎に戻って老後を過ごしたいと思う人は少なくありません。そういう人の場合、教育や福祉のために行政の世話になる(税金を使う)のは主に田舎、税金を払うのは都会です。
また、現代人は行政界を越えて移動し、他の都道府県、市町村の道路を利用し、ゴミを処理してもらい、場合によっては警察や救急のお世話になったりするのです。
もちろん、そのアンバランスをカバーするため、つまり税収が十分でない自治体を援助するために、現在でも地方交付税などの制度があります。
しかし、ふるさと納税によって、個人の自由意志による選択で目的が達成(ある程度ですが)されるであれば、それは、国家権力によって再配分する現行制度よりも、制度として優れていると言えるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2007-06-10 21:02:32

ANo.1

そもそも草案というかイメージが語られている段階ですが。
現状のイメージでは「自分のふるさと」しか選択肢がないようですけど??
仮にどこを選んでも自由となるなら、一応2番目も選択肢に入れられないことはないことはないかもしれないし、一時的にでも住民票を移したことのある地域というような条件であれば、例えば数日だけ移してその権利を確保するというウラ技も使えそうな気もします。

3番目のは論外です。個人で寄付しましょう。税金というものを何か別のものと勘違いされているようですが、どうしても税金というシステムの中でやりたいということなら、そこに移住するという選択肢もあります。
寄付金控除というシステムもありますし、直接外国には無理ですが、特定の地域に深く関わっているNPOなどに寄付をするというのがおそらく質問者さんのご希望に一番近いストーリーかと思います。

投稿日時 - 2007-06-10 02:24:05

補足

政治のカテで質問したので誤解されたかもしれませんが、私は現実の問題というよりは仮定の問題として質問してみたつもりです。

popesyuさんのご説ごもっともで、税金というのは強制的に徴税されるものであり、納税は憲法で定められた国民の義務であります。
ただ、そこに多少なりとも選択の自由が与えられれば、納税意識も多少高まるのではないかと思います。

投稿日時 - 2007-06-10 20:32:14

あなたにオススメの質問