みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

腹腔鏡検査について

海外で不妊治療を受けています。
卵管造影検査を2回受けましたが、2回とも卵管に造影剤が入っていかず、レントゲンには両方の卵管が全く写っていない状態だったため、腹腔鏡手術をしてはどうかと勧められました。
一体自分の卵管はどうなっているのか知りたいと思う反面、やはり恐怖心もあり決断できないまま半年ほど経っています。
担当の医師にも焦って決める必要はないと言われていましたが、今日も残念ながら月のものがやってきて(泣)、やっぱりそろそろ受けてみようかと思い始めました。

そこで、経験された方に
●検査を受けて分かったこと
●術後の痛みや傷跡
●検査を受けてよかった!、悪かった…こと
●その後の治療方法、妊娠
他、何でも構いませんので感想等教えていただければと思います。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-06-04 21:50:38

QNo.3057092

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.2です。
お礼をありがとうございます。

術後がどうなったかが気になるところですのに
肝心なことを書き忘れてしまいました。

主治医には術後1ヵ月ほどで生理がくるだろうと言われましたが
言葉通りに25日で来ました。
すごい出血量でしたし、その生理がくるまでの25日間は
低温・高温ときっちり二層に分かれていた
基礎体温がぐちゃぐちゃになりました。
2回目の生理からで、もともとの28日周期に戻りましたが
2、3周期目の基礎体温は
高温期と低温期の温度差が手術前に比べると
明らかに少なかったです。
4周期で元の温度差に戻りました。
術後の治療は排卵前の卵胞チェックと
高温期に入ってからのデファストン服用(10日間)を行っています。

手術を受けるのが怖いという気持ちは私もそうだったので
よく分かります。
でも私は夫よりも自分に原因があったことが分かって
よかったと思っています。
全身麻酔はあっという間に効きますので
すぐに何も分からなくなりますよ。

投稿日時 - 2007-06-06 13:23:51

お礼

詳しく書いていただいて、ありがとうございました!
01504さんのように赤ちゃんを授かれるよう、勇気を出そうと思います。

投稿日時 - 2007-06-06 20:56:21

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

いつもこちらのサイトにお世話になっています。
お答えできる質問でしたので回答させていただきます。

現在36歳です。
本やネットで勉強して自己流タイミング法をしていたのですが
1年たっても妊娠しませんので不妊治療に通いだしました。
半年間に夫を含めた様々な検査を平行しつつ、
タイミングを取りました。
それでも妊娠しませんでした。
病院の方針は半年間で治療の効果が現れなければ
次のステップに移るとのことで次の治療として3つを提示されました。
1.人工授精
2.体外受精(これは私の年齢のためだと思います)
3.腹腔鏡手術

私の場合はそれまでの検査の結果、特に問題はなく
原因不明不妊(あえて言うなら年齢のせい?)とのことでした。
腹腔鏡手術は手術して何も原因がなくても
卵管や臓器の洗浄を行うので妊娠しやくすなると説明を受けました。
主治医の考えでは、人工授精はタイミング法と成功率は変わらないとのことでした。
体外受精は費用の面、会社勤めと両立できないと思い、3を選びました。
前置きが長くなりましたが・・・

●検査を受けて分かったこと
 自覚症状は全くありませんでしたが、子宮内膜症でした。
 卵管の片方が子宮、もう片方が卵巣と癒着し
 卵管がかなり通りにくい&卵子をつかめない状態だったそうです。
 (卵管造影検査では一応通っていましたが・・・)
●術後の痛みや傷跡
 くしゃみや咳のように痛みはお腹に力を入れた時には
 ひびきました。(一週間くらい) 
 それよりも私の場合は全身麻酔と癒着をはがすために
 手術時間が予定の30分ではなく、
2時間半と長かったためだと思うのですが、
体力がかなり落ちてしまい
 そちらの回復に時間がかかりました。

 左右の傷は少し黒ずんでいるくらいで、ほとんど分かりません。
 お臍の上で切った部分は、
 くっつけた跡が見た目がお臍のようになりました。
 (本当のお臍は跡の中というか奥に埋没しました)
 これも見た目はほとんどわかりません。
  
●検査を受けてよかった!、悪かった…こと
 検査では特に問題がないのに妊娠できず、
それがストレスになっていましたので
妊娠できない理由が分かり、気持ち的に楽になりました。

●その後の治療方法、妊娠
 手術の5ヶ月に妊娠しました。

●治療費
 最初に手術費用は20万円と言われていました。
 が、内膜症が見つかり、健康保険が利いたので
 結局半額以下になりました。
 また、当初は検査でしたので、私の契約している生命保険会社には
 検査のための手術では、保険金は出ないと言われていたのですが
 結局内膜症の治療になりましたので、保険金が出ました。

私はたまたま病気が発見でき、手術の効果がありましたが・・・
早く嬉しい日が来るといいですね。
 

投稿日時 - 2007-06-05 15:21:15

お礼

ご回答ありがとうございます。
子宮内膜症でも全く自覚症状がない場合もあるのですね。私も特に生理痛がひどいということもなく、これといって何も症状はないのですが、卵管造影検査を受けたときの激痛と、造影剤が全く入っていかなかったことを考えるとやはり何もないということはなさそうです…。
書いていただいているように、仮に何も見つからなくても、お掃除してもらって妊娠しやすい状態になるならそれだけでも価値があるような気がしてきました。

手術の5ヵ月後に妊娠されたとのことですが、自然妊娠されたのでしょうか?

投稿日時 - 2007-06-05 19:33:01

ANo.1

我が家の場合・・・
なかなか妊娠しないから腹腔鏡検査をやってみたら?と主治医ではない病院の理事長に勧められて、
(当時は言われたことをすれば妊娠できるのでは?という気持ちになっていた)やって見たのですが、
●検査を受けて分かったこと
私の子宮は綺麗だったこと(主治医に担当していただいてやったのですが、主治医が主人に「子宮は綺麗だ」と言ってくださいました

●術後の痛みや傷跡

痛みは、ベッドから起き上がるときに数日間痛みがありました。
傷跡は、1センチ弱のものが左右の下腹にそれぞれ1箇所 お臍の辺りに1箇所です。
現在(術後7年)まったくわかりません。

●検査を受けてよかった!、悪かった…こと

良かったこと。。。私の子宮は綺麗なんだ。。。とわかったこと。
悪かったこと。。。手術しても妊娠がなかなか出来なかったこと。

●その後の治療方法、妊娠

元もと主人の精子の量や運動率は低かったのですが、受精する力を調べてみたら、ほとんど“ゼロ”に近い“1”という結果。。。
体外受精で、それも顕微授精でしか妊娠の道は無いでしょうという診断を下され・・・途方にくれていましたが、その後も半年ほどAIHを続けており、AIHを始めて3年目になぜか妊娠し、元気な女の子が誕生。
その時に妊娠を確認した主治医の言葉・・・“奇跡だ・・・”でした。
また、その後3年また時間がかかりましたが、今度は医学的に顕微授精しか妊娠しないといわれていた私達夫婦が“自然妊娠”し、今度は1人目以上に元気で丈夫な男の子が誕生しました。
結局我が家は、腹腔鏡検査に関係なく2児が出来ました。

投稿日時 - 2007-06-04 22:43:49

お礼

ご回答ありがとうございます。
“奇跡”は起こるのですね…。不妊期間が長くなると、段々精神的に疲れてしまいますが、希望を忘れないことは大切ですね。うちの場合、夫の精子には問題ありませんでしたので、やはり私の卵管が疑わしいところです。
傷跡は全く分からない程度にまでなるとのことで、少し安心しました。

投稿日時 - 2007-06-05 00:48:30

あなたにオススメの質問