みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

住宅を売ってから自己破産?

7年前に義理父と夫が共同名義で住宅を購入しました。
私は2年前に夫と結婚したのですが、今年になって義理父が自己破産したようで、住宅金融公庫から夫に連絡がありました。
(金融公庫からの連絡で義理父の自己破産を知りました)
約1800万円ほどの住宅ローンが残っているそうで、住宅の任意売却提案をされています。
知り合いの不動産会社勤務の方に住宅を見てもらったところ、売却価格は500万円前後程度だろうと言われました。
この家は必要ないので夫も自己破産し、住宅ローンを帳消しにしたいので近々に弁護士へ依頼する予定でいます。
ネットで自己破産に関して少し調べたのですが、自己破産時に財産(不動産)がある場合、管財事件となり自己破産する際の料金が多くなってしまうように見受けられました。
なるべく費用を最小限で済ませたいと思っているので、住宅の任意売却を済ませて、不動産が無くなってから弁護士に依頼した方が良いのでしょうか?
ご助言のほど宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2007-05-26 00:34:24

QNo.3030810

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

色々意見がでてますが、正確な情報は、弁護士さんに相談して判断した方が良いと思います。
本件では、1800万の住宅ローン、売却価格500万程度なのですから、明かにオーバーローンの状態です。
東京・大阪の破産実務では、このような場合、同時廃止を認め、管財人を選任しないことが大半のはずです。他の地方も同じだと思いますが。
任意売却をしないと、弁護士費用や裁判費用が高くつく、というのは誤解では?

同時廃止事案になるか否かは、弁護士さんに聞くのが一番だと思いますよ。

投稿日時 - 2007-05-26 16:50:58

お礼

回答ありがとうございます。
無料相談していた弁護士に確認したところ、免責不許可事由等なさそうなので、同時廃止で大丈夫でしょうとの回答がありました。
やっと胸のつかえが取れた感じです。
自己破産してゼロからスタートしたいと思います。

投稿日時 - 2007-05-26 23:37:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

他に債権者がいなければ、任意売却のほうが一般に高値で売れるとされていますので、任意売却をして手持ち資産をなくしたうえで、手続に入れば同時廃止できる可能性が高いので費用は安上がりですね。

でも同時廃止できるほど、資産がないことが必要ですが…

他に債権者がいれば、住宅の売却代金は債権者全てに平等に分配しなければいけないので、任意売却をして代金を金融公庫に支払うことは詐害的行為になる可能性もあります。
民法上であれば詐害行為取消権(民法424条)、破産手続に入れば否認権(破産法160条)というおおげさな話になります

他に債権者がいなければ問題ないですね

投稿日時 - 2007-05-26 12:29:05

お礼

回答ありがとうございます。
資産は住宅しか無いので、同時廃止で自己破産できそうです。

投稿日時 - 2007-05-26 23:33:08

ANo.3

破産する場合に所有不動産があると弁護士費用がかさみます。
ですから、単純に考えれば不動産は処分してから破産した方がリーズナブルです。

いろいろな考え方が出来ますが、生活が大変だからローンが残っている住宅を売却した。
その後、住宅ローンの返済はどう考えても返済が難しいと判断した。
だから破産することにした。
こういうことで乗り切れると思います。

もっと簡単に言えば、任意売却せずに破産しても、儲かるのは弁護士だけで債権者にとっては同じ事です。
その為に任意売却して破産する、ということです。

弁護士は「困るなぁ」って言うかもしれません。儲かりませんから・・

でも、自分で債務は全体でいくらあるのか、
弁護士に依頼すれば費用はいかほどか?(約150万円くらい?)
任意売却せずにローン会社に相談した場合どうなるのか・・
そういうことを全て把握して行動することをお勧めします。

僕はローン会社が任意売却を提案したと思いこんでいましたが、よく考えればそんな筈は無いし、残債が1800万ならローン会社の方でも良い考えがあるはずだとも思うし・・

破産しなくても乗り切れる可能性が強い案件ですね。
ローン会社に「支払えない」ことを相談して、今後どうするかを一緒に考えてみた方が良い結論が出ると思います。

投稿日時 - 2007-05-26 09:39:42

お礼

回答ありがとうございます。
やはり任意売却してから依頼した方が良いみたいですね。
任意売却の提案は文書で住宅金融公庫からきました。
ローン会社というのは銀行の事?
お金を借りたのは銀行みたいです。
住宅は必要ないので売却したい、残債はゼロにしたいとなると自己破産するしかないと思っているのですが・・・
住宅金融公庫に「支払えない」ことを相談したほうが良いのでしょうか?
それとも銀行でしょうか?

投稿日時 - 2007-05-26 12:32:56

ANo.2

整理すると、住宅ローンが1800万あり
任意売却すれば500万で売れる
ローンの残債1300万残るから破産する
ということですか?

それなら問題はありません。

投稿日時 - 2007-05-26 05:42:27

補足

・不動産がある状態で弁護士に依頼し自己破産手続きを開始する
・不動産を売却してから弁護士に依頼し自己破産手続きを開始する
どちらの方が費用が安く済むでしょうか?

「同時廃止で自己破産」が安く済むようなのですが、住宅があって自己破産すると「管財事件で自己破産」になり、費用がかなり高いようなので・・・

投稿日時 - 2007-05-26 06:50:01

お礼

回答ありがとうございます。
投稿内容が分かりづらいかったようで申し訳ありません。

>>整理すると、住宅ローンが1800万あり
>>任意売却すれば500万で売れる
>>ローンの残債1300万残るから破産する
>>ということですか?
はい、その通りです。
>>それなら問題はありません
というのは、住宅を任意売却してから弁護士に依頼した方が良いという意味でしょうか?

投稿日時 - 2007-05-26 06:49:33

ANo.1

微妙ですね

というのも、これは建物を自己破産前に売却して銀行に返済するということですよね?

これをやると、他の債権者を害する恐れがあるので、
場合によっては後から売却の否認をされてしまう可能性もあると思います(否認権の行使)。そうすると、例え正当な売却であったとしても、否認権に関して余計な紛争が増えるので費用がかさむかもしれません。

先に、弁護士会の無料相談などで、売却が正当となるかどうか確認してからのほうがよいでしょう。

投稿日時 - 2007-05-26 01:43:09

お礼

回答ありがとうございます。
弁護士のメール無料相談で、家の売却を済ませてから自己破産した方が良いか聞いてみました。
すると「急いで売却する必要はない、住宅の任意売却は自己破産に支障はない」という返答でした。
費用については聞いてなかったので・・・

投稿日時 - 2007-05-26 06:42:44

あなたにオススメの質問