みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

局は貯金、銀行は預金

お金を預けることを、郵便局は「貯金」、銀行は「預金」と二方で言い方が違いますが、なぜですか?
また、お金を蓄える事を「貯蓄」と言いますが、「預蓄」とは言わないのでしょうか?(手持ちの辞書に「預蓄」が載っていなかったもので。)

投稿日時 - 2007-05-23 08:02:34

QNo.3022999

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

金融機関に勤務している者です。

貯蓄を目的とするものを「貯金」、決済を目的とするものを「預金」と呼んでいた名残りです。
銀行の前身が「両替商」だったので、銀行の業はあくまでも「資金決済」が基なんです。
信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫も「預金」を使います。
「貯金」も「預金」も、いずれも「同種同量のものの返還を約してする寄託契約」という性質から「消費寄託」となります。

「預蓄」とは言いません。
それどころか「貯蓄預金」という商品も存在します(「貯蓄貯金」という商品も存在しますが)。

熟語の中には同じ意味の漢字を重ねたものが多数存在しますよね?
「貯蓄」もその1つです。
「預ける」という言葉には「委譲」のニュアンスも含まれると思います。
でも、「蓄える(「貯える」と同義に扱われますね)」には、「身につけておく」ニュアンスも含まれます。
委譲してしまっておきながら身につけておく…というのは何か意味が通じないような気がします。
ですから「預蓄」という言葉はないのではないでしょうか。
「貯蓄」と同じように同じ意味の漢字を重ねたもので、「預託」という言葉はありますけれどね。

投稿日時 - 2007-05-25 10:47:06

お礼

名残り・・。
なるほど、「貯」と「預」の意味の違いも納得できました。
よくよく考えてみたら その通りです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-25 12:22:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

なぜですか? には、私も分からないので回答できませんが、
JA(農協)でも貯金と呼んでます。

信金や労金ではどうなんでしょうか?

また、JAではお客から預かったものは
「貯金」と呼び、預かったお金をとりまとめて、
JAの上部組織(都道府県の農協連合会や農林中金)へ
預けることを「預金」または「預け金」と呼んでます。

投稿日時 - 2007-05-24 22:24:59

お礼

上部へ預ける場合の言い方が、No.4回答者の方の回答も参考にすると、「なるほど」と納得できました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-05-25 12:17:39

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1154659
類似の質問あるね。

貯蓄ということばはお金以外でも使うよね。農作物とか。

投稿日時 - 2007-05-23 09:42:07

お礼

以前の類似の質問、参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-05-25 12:02:55

ANo.1

商品名による違いです。預蓄という言葉はありません。

投稿日時 - 2007-05-23 08:34:53

お礼

なるほど。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-05-25 11:48:47

あなたにオススメの質問