みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【中国経済は2008年の北京五輪で終わる。独裁政権は経済が破綻し、社会が混乱したとき必ず軍事的冒険主義に出る。】

『石原都知事がNYで講演 アメリカが責任果たさぬなら核保有も』

訪米中の石原慎太郎都知事は17日、ニューヨーク市内で今後の日米関係と対中国政策について講演し、日本の有事に際し米国が日米安保条約に基づいた責任を果たさない場合「日本は自分で自分を守る努力をする。
米国が懸念している核保有につながるかもしれない」と明言した。
石原知事は「米国にとって日本の存在感が軽いものになっている」と指摘し、「日米両国の将来は中国をどう認識して評価するかが重要だ」と対中政策がカギを握ると強調した。
そのうえで「中国の経済は2008年の北京五輪までしか持たないとの見解で英エコノミスト誌の編集長と一致した」と述べ、
「独裁政権は経済が破綻し、社会が混乱したとき必ず軍事的冒険主義に出てくる。
それは台湾や尖閣諸島に向けられるかもしれない」と予測。
尖閣諸島有事の際に「米国が日米安保の元でどれだけ責任を持つかきわめて疑問だ」と不信感を示した。
(産経新聞)http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070518/usa070518006.htm


中国共産党による発展途上国を含む石油外交のすさまじさが、「五輪破綻」の予兆の1つといえます。
中国共産党の無謀かつ無計画性と、将来、ポッカリ空くであろう国策の「穴」を何で補おうとしているのか?
その「答え」は、中国共産党の歴史から容易に推測できます。
中国共産党は背伸びに、また背伸びを繰り返していますが、メッキはいつか剥がれ、虚飾は破綻を招く。
その臨界点が北京五輪とする石原氏と英エコノミスト誌の編集長の指摘は的を得ているのでしょうか?

欧米の投資家は中国に見切りをつけて、南アフリカなどに投資の標的を移行しているようですね。
ブラジルにもアメリカの資源開発の手が伸びています。
ブラジルは将来にわたって、新エネルギーの産油国になる可能性を内包しています。

その後の2010年の上海万博までは、破綻を繕いながら、何とか「中国」の現体制の維持に努めるでしょうが、問題は、その後です。
中国共産党の軍事侵攻は起こるのでしょうか?
その時に、国力を消耗したアメリカが、台湾・尖閣諸島に援軍を出せるのでしょうか?
尖閣諸島・沖縄戦争の際に、アメリカは日米安保の元で、どれだけ責任を持つのでしょうか?

投稿日時 - 2007-05-19 10:03:56

QNo.3012175

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 中国の経済発展の原動力は、EU・日本・アメリカに対する貿易が巨額で儲かっているからです。(3カ国・地域で中国の貿易総額の80パーセント以上)
 2006年日本から中国への輸出11兆3145億円
      中国から日本への輸出14兆1131億円
 仮に中国が、大不況・経済破綻に陥った場合、その最も簡単な脱出口は、対日・対米・対EU輸出の更なる増加です。

http://www.chosunonline.com/article/20070426000009

 中国のGDPは日本の半分程度なのに、貿易額は日本とほぼ同額。(貿易立国と言われ、資源小国と言われ、シーレーンを封鎖されれば崩壊するといわれている日本より、中国は更に倍も貿易依存度が高くなってしまいました。)
 中国経済は、海外への輸出によって成り立っている現状ですから、対日・対米貿易がとまるようなことをすれば、自滅です。

 中国経済が破綻寸前になれば、軍事侵攻ではなく、アメリカ・日本・EUに中国製品のダンピング輸出(安売り製品)の嵐がやってきます。

投稿日時 - 2007-05-21 14:35:09

お礼

なるほど。
納得しました。
中国も危ういですね。
中国経済が破綻する予兆があるということですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-25 09:39:13

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

> すでに北朝鮮は中国の属国のようなものであり、中国に従
> っている国ですよ。
> わざわざ身内を攻撃する必要性はないと思いますが。
> どうなんでしょう?

中国と北朝鮮を一体として見る事は大きな間違いですね。これまで中国が北の面倒をある程度見ていたのは、それが中国の共産主義体制の利益につながっていたからです。中国の現共産体制は以前とは意味合いが違います。それはマカオの例を見れば誰の目にも明らかでしょう。
まっそれでも中国が北を軍事的に制圧するというのは、石原都知事の北京五輪以降から中国が軍事的行動に出始めるというのと同じぐらいの寝言ではあるので、そんなにああだこうだと話を展開できる話ではないですがね。
少なくとも北朝鮮を民主主義国家によって制圧されるのは、中国にとっては大きなデメリットであり避けたい事であることと、北がほんまもんの核弾頭保有国になる事もデメリットであり避けたい事柄であることだけは覚えておいて損はないのでご参考に。

投稿日時 - 2007-05-20 16:23:06

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2007-05-25 09:37:58

ANo.2

中国はバブルだといわれはじめてなんだかんだでもうすぐ10年経ちますね。石原さんの中国脅威論ですか。あの人が脅威論を言っている間は大した脅威ではないという事でしょうね。
経済が北京五輪までで失速し、万博後には中国が軍事的な行動に出るなどの話はまずあり得ない話で、そんなわかりやすいシナリオで中国経済が潰れるぐらいならとうの昔に潰れてますね。どうも石原さんは中国人はただの馬鹿だと思っているようで、どうにも的を得てない話に引きずられすぎな気がしますね。

問題なのは、エネルギー資源、食糧不足、水不足が徐々に深刻化してきている事です。中国に限らずこれは世界を巻き込んでの争いの火種です。人間も動物同様、食べるものがなくなってくると(資源不足に陥ると)と争い事になります。引き金となる理由は宗教であったり外交であったりしますが、根本的な戦争の原因は食料や資源の確保であることが大半です。
資源、食糧、水不足、これが戦争へとつながる最大の問題であり課題でしょう。

もし中国が戦争を仕掛けるとしたら北朝鮮でしょうね。北朝鮮を軍事的に制圧すれば、事実上のアジアの覇権を指し示す事にもなり、他国への威嚇にもなる。戦争を仕掛ける理由付けもあるし、人民解放軍を試し見るには北朝鮮はいい標的でもありますから。

投稿日時 - 2007-05-19 20:56:52

お礼

中国が北朝鮮に戦争を仕掛けるとは考えられないですね。
すでに北朝鮮は中国の属国のようなものであり、中国に従っている国ですよ。
わざわざ身内を攻撃する必要性はないと思いますが。
どうなんでしょう?

投稿日時 - 2007-05-20 06:04:49

ANo.1

現在の中国バブルは いつ弾けてもおかしくない状況で
不良債権率が危険水域の10%を越えてしまってますね。

オリンピックと万博が大きな山で、現状のままでは乗り切れない可能性の方が高く
それを誤魔化す為に軍事侵攻の可能性が極めて高いですね。


アメリカの対中戦略では、中国本土の消耗戦までは入り込まないが、
台湾や尖閣諸島レベルでは 間違いなく、アメリカ軍が全力で防衛するでしょう。
まあ、自衛隊+台湾軍レベルで 中国の侵攻は防げますが・・・

投稿日時 - 2007-05-19 16:09:33

お礼

ありがとうございます。
画期的な意見ですね。
自衛隊+台湾軍レベルで中国の侵攻が防げるという根拠はありますか?

投稿日時 - 2007-05-20 06:02:04

あなたにオススメの質問