みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

外資系金融に新卒で挑むのか、それとも転職で入る方が良いのか。また、留学先での実務経験に対する企業側からの見方について。

某国立大学文系3年の者です。2年生から現在まで欧州某国に留学しておりまして、もうすぐ帰国します。

私は将来は外資系の金融で働きたい、と思っております。といいますのも元々金融業界には興味がありましたし、さらには留学中に出会った友人の様な大変優秀な人達とともに仕事がしたい、と思ったからです。独学ではありますが投資業務や証券売買などについての基礎知識は身につけているつもりです。
ただ、外資では新卒の教育というものが少ない、という事実もありますし、一度日系の企業に入り力を付けてから転職という道も考えています。(または3年ほどの業務経験後MBA留学、その後転職)

留学中の経験についてですが、大学で授業をとりつつ、現地のコンサル系の企業にて日本企業と欧州の企業との仲介者として仕事をしていました。(つい先日最後の業務が終了しました。)業務内容は、書類の翻訳や企業に対する電話アンケート等です。言うまでもなく打ち合わせや連絡は全て英語でした。

2年生の時に留学したということ、また交換留学ですので留学先での単位が認められるということで、4年で卒業の予定です。故に帰国後すぐに様々な企業の情報を集め、就活へと駒を進めなければなりません。(現時点である程度外資系・日系の金融業界の情報はおさえてありますが・・・。)

そこで、まずは特に人事や面接官経験者の方に回答して頂きたいのですが、上記の様な留学中の経験はやはり就活において他の留学経験者との差別を図るのに有効なのでしょうか。(もちろんそれ以外にもボランティアやパーティの企画等色々な経験をしましたが・・・。)

また、これは私自身の性格や努力如何の問題になるとは思いますが、
新卒→外資というルートは入社後厳しいものなのでしょうか。

最後に、学歴云々という非常に低次元な話になってしまいますし、私自身学歴はあくまでもオプションであり内定如何に関わるファクターにはなり得ないと思っておりますが、私の大学・学部は偏差値では大体どこの予備校のものであってもTop5以内にランクインしており、特に学部は全国でも有名と聞きます。(より厳密に質問にお答え頂きたく思いまして・・・。)

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2007-05-16 03:41:38

QNo.3003841

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

いくつか気になる点があります。

外資系金融に新卒で挑むのか、それとも転職で入る方が良いのかについては、あまりにも具体性に欠け、特殊でない状況なので、どちらが良いかといえないです。あなたの状況と関係ない一般論であれば、ネットでいろいろ議論されているので、そちらを見るべきです。
新卒→外資というルートは入社後厳しいかどうかも、毎年外資に就職する人はたくさんおり、そういう人達も言うことが千差万別です。
私の意見でいいなら、そんなん知るかという感じです。何を切り口として厳しいと答えればいいかも分かりません。

また留学生や帰国子就活生、英語がしゃべれる人はたくさんいますし、特に、外資は今、日本の新卒で非常に人気であり、倍率も高いです。ボランティアやパーティ開いたなんて、面接官にとって聞き飽きている内容です。戦略コンサル会社でコンサルティング業務に参加していたならともかく、翻訳してました!などのレベルは、たくさんいます。簡単に参加できるのですから。(あなたのように、無条件に有利になるだろうと思って、成長にフォーカスせずに、その事実だけを作る人は大勢います。)

単純に活動の内容だけで無条件に有利となるなら、例えば海外でベンチャー企業を立ち上げて、上場させた、または数億円で売ってきたとか、ボランティアによりなんらかの組織を作りあげ海外マスコミから反響を呼んだなどの事実があれば、有利でしょうが、やっていることがあまりにも普通などで、無条件に有利とはなりません。
そういったレベルの人がたまにいて、そういうレベルでは、その事実を言うだけで、面接官の目が変わり、無条件に有利となると考えられます。
やっていることが普通なので、通常の面接のようにその中身や動機などのあなたの独自のバリュー、人間性を説明してアピールしていく普通の面接となります。

またMBAなどの学位をとった訳でもないとおもわれますが、学位でないと意味がない世界でもあります。ほぼすべての面接官が、新卒では、大学での授業や本でちょっと学んだことなんてあんまり意味がないと思っています。むしろ最近は、論理的思考能力や仮説思考などが優れている人が多い理系をとる傾向です。

また、学歴についてですが、学部が有名というくらいなので、早慶のどこかの学部だとおもいますが、投資銀行における日本の新卒では早慶より下はまず受かりません。バックは、上智などもはいってきます。国立でいえば、東大、京大、東工大、一橋ぐらいです。これ以外はほぼ受からず、京大と東大がほとんどですね。偏差値はあんまり関係ありません。極一部を除いて、これは事実です。調べているので、この点は大丈夫だと信じています。

転職も同じで、学歴が響いてきますが、職歴により打破することはたやすくなります。トップスクールのMBAへ行けば、どこかの名もなき大学出身だろうが、学歴で差別されることはまずないです。

すこし厳しい言い方ですが、もう少し調べるべきです。また、もうちょっとあなたの状況が特殊であるなら、それを書いていただければアドバイスは可能です。

外資就活生はたくさんおり、対策に力をいれています。がんばって下さい。

投稿日時 - 2008-09-08 19:36:43

ANo.3

どっちが良いかは人によりますよね。
もし自信があるならば新卒でも大丈夫ですよ。
MBAとか言われてるって事はバンキングサイドですか?
でしたら、ある程度ディールフローが多いファームを選びましょう。
マーケットサイドなら、単純に稼いだ人が勝ちですから、どのファームがいいとか、むしろ日系・外資系とかいう議論はナンセンスかもしれません。
参考になればと思います。

投稿日時 - 2008-04-24 04:53:06

ANo.2

CTU

こんにちは。米国某トップMBAを保有しており(欧州の某MBAにも交換留学経験あり)、且つ日系の大手金融機関で国内・海外の学生の面接経験ありのものです。

結論から申し上げますと、貴方の場合、「外資系金融で新卒で挑む」方が良いのでは?と思います。

海外留学経験が豊富で且つ、海外Top5を出られているとのことなので、日系金融機関よりも外資系金融機関の方が、周りのレベルや同僚の境遇が似ていますし、なにより外資系の方が貴方のバックグラウンドを高く評価してもらえる可能性があります。

現実問題、国内金融機関は未だに海外の大学卒についての認識が薄いです。日系も十分評価してくれるとは思いますが、やはり外資に集まってくる人材という面では、貴方を高く評価し、買ってくれる可能性がある方が、将来的にもプラスになるのではと思います。

投資業務・証券売買とありますが、ディーリング(自己売買)をやりたいのでしょうか?それとも機関投資家トレーダーとして証券を取り扱いたいのでしょうか?通常、外資系は出来高制を採用しているので、Payは国内と比較して相対的によいといえます。成功すれば莫大な資産を築ける可能性もあります(反面リスクも大きいですが)

ただ、GSやモルスタなどの大手外資系投資銀行(日本Branch)は新卒段階でかなり優秀な人材を求めているので、ライバルになるのはハーバードなどのアイビーリーグ・東大や京大などの超一流大学の学歴を持った人達です。是非、負けない様に頑張ってください。

(※日系・外資の教育制度についてはあまり詳しくないのですが、MBA企業派遣制度は日系企業では結構あります。そういう意味では最初は日系の方がいいかもしれませんが・・・。但し、自分で言うのもなんですが、MBA自体を目的化しない方がいいと思います。)

投稿日時 - 2007-05-17 12:57:12

補足

前の回答者様へのお礼にも書きましたが、私もCTU様がおっしゃるようにMBA自体は目的にはなり得ないと考えております。
あくまでも何か目標を達成するために必要な「資格」である、と思います。
また、今回の留学にしても、別に留学自体が目的であったわけではなく、その後の私の人生におきまして必要であると感じた為にあくまでも「通過点」として現在こちらで学んでいる次第です。

また、私は国内の大学に在籍しており、交換留学という形で欧州に来ております。ですから海外の大学卒にはならないかと思います。ただ、国内の大学は質問にもありますようにTop5、また留学先の大学もその国の国立で2番目に良い(ただし日本のような入試がありませんので偏差値化できませんが・・・)大学です。

投稿日時 - 2007-05-17 15:08:40

お礼

ご回答有り難うございます。

将来どのように考えが変化するかは今の私には分かりかねますし、あくまで現時点で、ではありますがが、やはり最前線で勝負するという印象の強いディーラーに憧れます。ただ、まさに文字通りハイリスク・ハイリターンであり、短命であるとも聞きますが・・・。しかしそれも前回答者様へのお礼で申しました通り、私の性格上良い緊張感と感じそうです。(あまりに楽観的すぎるでしょうか・・・)

私は特に学歴にコンプレックスはございませんし、(というよりは学歴にこだわっている時点でそこまでの人間でしかないのだなぁ、と思います)競う、またはともに協力して仕事をこなす仲間がハイレベルであるということは、より私自身が成長できる環境であると思いますので、非常に好ましいことであると思います。たとえ就活で勝負することになったとしても、逆にわくわくします。やはり回答者様がおっしゃるように外資系の方がいわゆる『スーパープレーヤー』がいる確率が高いのですね。
良いか悪いかは個人の判断ですが、私は周りに凄い人間がいると「負けたくない」と思うと同時に「盗めるところは盗もう」とも思うたちでありますので、”自らの成長”という観点から見ると回答者様がおっしゃるルートが最も良いのかもしれません・・・。

ただ、やはりジェネラリスト・スペシャリストの観点からみると、私は「何か一つの世界しか知らない」人間にはなりたくないなぁ、と思っておりますので一つの分野のみに特化してしまいがちと言われている外資に新卒で入るとどうなるのだろうか・・・という懸念もあります。(もちろん独自で他分野を学習する、という方法もございますが独学はやはり独学、限界があると思いますので・・・。)

最後になりましたが、大変参考になるご回答有り難うございました。

投稿日時 - 2007-05-17 15:55:10

ANo.1

人事でも面接官経験者でもないのですが、少し分かる部分もあるので回答させていただきます。
私は、留学経験、(少し似たような)業務経験あり、金融就職、というイメージで読んで頂ければと思います。
やや文章が散漫ですが、ご容赦を。

・留学中の経験はやはり就活において他の留学経験者との差別を図るのに有効なのでしょうか。
何事も生かし方次第ですが、当然有効ですよ。 学生が勉強と平行して出来る業務ということで、相手側(面接側)も三味線ひいて見るとは思います。ただ、仕事への意欲、語学能力、折衝能力など、目安にもなりますし、強調しすぎず矮小化せず、淡々となさったことを主張すれば良いと思います。

・新卒→外資というルートは入社後厳しいものなのでしょうか。
私は外資を選ばなかったので、直接的にはお答えできません。選ばなかった理由は、信頼できる方から「新卒で外資はリスキー」と聞いた事と、他に良い就職先が見つかった事からです。
他に、どの企業にも有る事ではありますが、実力本位と思っていた外資であまりに酷い縁故採用を実際に知ったりした事も、落胆しました(2つの企業についてのみですので、他は有無は分からないわけですが)。

金融の中のセクターにもよりますが、運用力や先進的な投資については外国資本企業の方が明らかに進んでいます。その意味では、即座にそういった業務に携わりたいのであれば、外国資本の企業が良いのかも知れません。
他方で、自分なりに深めたい分野があって、そういった点について十分なスキルを得ることが出来ると考えれば、資本の内外はあまり関係ないと思います。加えて、安定した雇用の得られる国内企業で、トレーニングを積む事が良い場合も有ります。

おまけですが、これも金融のセクターにもよりますが、転職市場が活発な分野では外資←→国内企業の移籍も活発です。新卒で入る企業を選ぶ事は重要なものの、移籍も大いにあり得るという事を頭においておいてください。

学歴は、良ければ良いだけ有利、というそれだけです。学歴が高くても人間がダメなら厳しいですし、学歴が凡庸でも素晴らしいパフォーマンスを持っているなら、採用はあり得るでしょう。 その点、質問者さんは心配せずにすむ資格を持っていると安心してよいのでは。

投資や証券売買などの知識は、進歩が早いのですぐ陳腐化しますが、勉強をされる姿勢も、買ってもらえるポイントになるはずです。

最後にヒントとしては、
>外資では新卒の教育というものが少ない、という事実もありますし、
>一度日系の企業に入り力を付けてから転職という道も考えています。

転職というのも、良い選択肢だと思いますよ。日系→外資という方向だけではありませんしね、自分で起業する事もあるかもしれません。
その後に生きるスキルが得られるかは、資本の内外は勿論、企業規模も様々ですので、先入観無く起業を回ってみてください。掘り出し物があったりします。
加えて、大企業(メガバンなどなど)は、仮に留学したくても、出来るか不透明でもあります。金融の中でも名前にとらわれず直に投資等に触れられる企業を選ばれると良いかもしれませんね。

投稿日時 - 2007-05-16 23:57:57

お礼

ご回答有り難うございます。
知識の幅が狭く大変恐縮ではありますが、一般に日系はジェネラリストを、外資はスペシャリストを育成する場合が多い、と聞きますので、その点においても自分はどちらの方が向いているのか現時点でははっきりとは分かりません。ただジェネラリストの守備範囲でスペシャリストの攻撃力を兼ね備えるのが最も良いとは思いますが・・・。ただ日系の企業にずっと居座るつもりはありません。様々な文献にあたってみると実力主義と謳われているにもかかわらず、未だ純血主義が抜けきっていないな、と思いますので・・。

リスクについてですが、一歩間違えれば解雇という環境で緊張感をもって仕事をするのも楽しいかなと思っています。ただし転職市場の流動性が米国や欧州に比べまだまだ低いと言われていますので楽観主義になりすぎるのも問題だとは思いますが・・。

入社後の留学についてですが、「絶対に留学しなければならない」とは考えていません。入社後自分のすすみたいと思う目標に伸びるレールの上に『MBA』というものが見えたなら私費でも留学するつもりです。これ自体が目的にはなり得ない、というのが私の考えであります。

如何せん学生ですので、働きたい業界が分かってはいてもどこにゴールを置いて良いのかが非常に漠然としています。ただ、回答者様のおかげで少し前進できた気がします。

有り難うございました。

投稿日時 - 2007-05-17 09:58:23

あなたにオススメの質問