みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

地盤調査について

新築の家を建てる予定で、土地を購入しました。その土地というのは、空き地を3つに区切って、売り出していた1画です。
先日、建築をしようと、地盤調査を建築業者の方が行ったのですが、その地盤調査は別にウチとしては納得をしているのですが、その同じ土地を買った方に伺ったところ地盤改良の金額がウチよりも半分でした。その改良もウチは鋼管パイルでの改良なのに、よその方は柱状改良でした。建築業者も別だし地盤調査をした業者も別です。その業者のそれぞれの基準があるとは思うのですが、同じ土地だった所だし、何故かなっていう疑問が出てきました。値段的にも、結構の金額なので、わかる方教えていただきたいです。
言い方はおかしいかもしれないのですが、少しでも厳しい基準にして、建築業者が利益を得ているのかなとも、思いまして…

投稿日時 - 2007-05-13 21:22:53

QNo.2997459

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>地盤改良の金額がウチよりも半分でした。

今、地盤調査(SS)であれば、調査だけであれば倍の金額にはなりません。競争が激しいですし、さほど金額的には開きは出ないはずです。
調査ポイント数などの違いはないでしょうか?
ご確認いただきたいと思います。若しくは、施工業者さんの上乗せに違いはあるかも知れません。

>同じ土地だった所だし、何故かなっていう疑問が出てきました。

業者というより、地盤データを基にしての地盤改良の設計の段階で、どう考えるかによって違いは出ます。
また、計画地および計画地付近の状況などによっても、どれを選択するかは変わってきます。

>鋼管・柱状改良

値段的には全然違います。

お隣が柱状改良であれば、鋼管を選んだ理由を説明してもらう事と、柱状改良ならどのくらいで出来るのか、見積りをお願いしてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2007-05-17 01:13:53

ANo.4

地盤については同じ区画内であったとしても、地価数mの支持層がどのようになっているかは分かりません。
我が家は18区画の中の2区画を購入しましたが、隣の方は表層改良でOK.我が家は8mの柱状改良プラス鋼管杭でした。
その時の地盤調査は、どちらも同じスエーデン式サウンディング試験でしたよ。私もあなたと同様の質問をしてみました。「地盤は隣であっても違うものですよ。」と言われました。同一区画内で杭を打ったのは、我が家のほかに2軒だけでした。
きちんと地盤調査して、住宅会社が保証する地盤改良方法を提案しているのですから、信頼しなくては今後その会社と上手く行かなくなってしまいますよ。
質問するのは是非ともどうぞとお薦めしますが、隣が安いからと言って疑心暗鬼になるのはやめましょう。
しっかりした地盤改良をして、快適な家を作って下さい。

投稿日時 - 2007-05-14 10:25:07

ANo.3

 2の回答者のおっしゃるとおりですが、わからないことはわかるまで業者に尋ねた方が早いと思います。

 鋼管杭の方が安心感は高いでしょう。下の軟弱地盤とは無関係に家が立つわけですから。
 我が家はどうしても20年前に簡単に盛り土をしたかなりの軟弱地盤に建築しなければならなかったため、基礎の下は鋼管杭だらけです。
 建築中は爽快な眺めでした。どんどん杭を地面にねじ込んでいきます。

 ちなみに、家の形状や構造による重量の違いやかかり方の違いがありますので、隣の土地と地盤改良の方法が違っていても、それが直接おかしいことだとは思いませんが。 

 私も回答になってなくてすみませんでした。
 良いお家が建つことを祈念いたします。

投稿日時 - 2007-05-14 01:24:38

ANo.2

疑問に思った事はどんどん業者に聞いちゃった方がいいですよ。
「お隣さんの地盤改良の金額がウチの半分なんだけど何が違うんでしょう?」と。
相手が気を悪くするんじゃないか?という心配はあるでしょうが、
これから上物を建てる時にも様々な疑問が出てくると思います。
「素人なので馬鹿な事を聞くかもしれませんが答えてやって下さい」という態度で臨めば大丈夫だと思いますよ。

回答がずれてしまってすみません。
いい家を建てて下さいね!

投稿日時 - 2007-05-13 22:15:28

お礼

そうですね。今までも結構いろいろと聞いてきたのですが、疑問は聞いたほうが、すっきりしますよね。ありがとうございます。

投稿日時 - 2007-05-13 22:48:18

ANo.1

支持層(硬い地盤)まで回転貫入した炭素鋼管杭で、住宅の荷重を支える工法です。軟弱地盤層が厚く、支持層が柱状改良工法では改良不可能な深さにある場合、この工法が用いられます。 参考URLより引用。

>少しでも厳しい基準にして、建築業者が利益を得ているのかなとも、思いまして…

考え過ぎかと思いますけど!車で例えれば安いブレーキでもなんとか大丈夫だが、お客様の安全を考え少しでも効くブレーキをつけてくれたようなものではないでしょうか、その業者が信用できるかは過去の実績や評判でしか判断できないと思います。

参考URL:http://www.s-thing.co.jp/ground_reform_koukan.htm

投稿日時 - 2007-05-13 21:48:13

お礼

早速の返事ありがとうございます。地盤改良も安全にしっかりしていただいたほうがいいので、納得していないわけではないのですが、お隣と比べてしまうと、何故だろうと思ってしまったので。

投稿日時 - 2007-05-13 22:46:08

あなたにオススメの質問