みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

歯医者さんの麻酔

口の中に変なものができたので数年ぶりに歯医者さんに行きました。前に行ってたのとは違うところです。

その変なものは結局「歯が頬に当たったことによる血豆」で、麻酔をかけて切って血を取ってくれました。レントゲンを取ると軽い虫歯があるということで「次回治療しましょう」ということになり、また行ったんですが、以前治療した歯がちょっと欠けてるということで先にそちらを治療することになりました。

詰めてある銀を取ってちょっと削り、目立たないようにと白い詰め物をして…。ただそれだけなのにわざわざ麻酔かけてくれました。めったに歯医者には行かないけど、単なる治療で麻酔かけられたのは初めてです。しかも、麻酔なしと同じくらい痛かったんです。そして高い。痛い上に麻酔代で懐も痛いのはやだなぁ・・・(-_-;)
最近は普通の治療でも麻酔するものなんでしょうか。

ちなみにこの欠けてた歯も、次回治療予定の小さな虫歯も、歯磨きしてる時たまにしみるかな?程度の不都合しかありません。これくらいの小さな虫歯もちゃんと治しといたほうがいいんでしょうか。

投稿日時 - 2007-05-09 23:30:31

QNo.2987389

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

麻酔に関しては、なんでも麻酔かけてしまう歯医者もいます。でも、場合によっては麻酔をかけてはいけない場合もあります。
どれに麻酔を使うかは歯医者を信用するしかないです。
小さな虫歯でも、削る時には痛みが出る事が多いので、麻酔はすべきでしょう。
でも、効かなかったのは処置が早すぎた(効く前に削った)か、打つ場所が良くなかったというところでしょう。
一度に大量に麻酔をする歯医者よりはマシ。中には麻酔で歯肉組織が死んでしまう事もありますから。
でも、ちゃんと効いたのを確かめながら削り、痛みがあるようなら、もう一度麻酔をしてから処置して欲しいものです。

詰め物の再治療については、詰め物のヒビは再虫歯の原因になるので、詰め直した方がいいです。
だた、最近では浅く小さな虫歯であって、歯磨きが十分にできるものはあまり詰めません。治療によって虫歯リスクが高くなるからです。このようにつまずに経過観察する場合をCO(シー・オー)といいます。
虫歯が酷くならないように、十分な歯磨き指導と定期健診を受ける必要があります。もっとも、これは再虫歯予防の為にも重要ですが。
どの歯を詰めて、どの歯をCOとするかは歯医者に任せるしかありません。
CO対象歯でも虫歯が進んでしまったら、予後不良として詰め物などします。

投稿日時 - 2007-05-10 03:50:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

KGS

別におかしくはないと思いますよ。
歯科医の方針や患者さんの希望にもよると思いますが、最近は痛みを感じさせないような治療をする場合が多いような気がします。
患者の立場なので専門的なことはわかりませんが、「痛くないようにしてほしい」とか「麻酔は極力避けてほしい」ということを事前に伝えておけば希望には沿ってくれると思います。
私なんか痛いのが苦手なのでちょっと削る場合でも麻酔をお願いしていますが、注射の前に表面麻酔もするので注射の痛みさえありません。
もちろん、麻酔が体のために良いとは思いませんが、痛みを恐れて通院するのを止めてしまう方が、もっと体に悪い気がします。
質問者さんの虫歯ですが、歯磨きのときにしみるというのは小さな虫歯じゃないかもしれませんよ。
それに放っておいて自然に治るものじゃないですから今のうちに治療しておいたほうがご自分のためです。

投稿日時 - 2007-05-10 00:24:20

あなたにオススメの質問