みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

濃口しょうゆと薄口しょうゆの使い分け方

濃口と薄口の使い分けは、単に仕上がりの色だけによるものだけなのでしょうか?
それとも他に味などで使い分けがあるのでしょうか?

投稿日時 - 2007-04-17 10:45:31

QNo.2927847

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

薄口の方が塩分濃度が高いので、入れすぎるとしょっぱくなります。
ただ、醤油としての香りと色が薄いので、お吸い物とか別途出汁が入る物にあいます。
濃い口は色と香りが強いので、薄めの出汁だと醤油に出汁が負けてしまいます。
ですから、昆布だしなどは薄口、鰹だしなどは濃い口が良いと一般的には言われます。直接つけたり掛けたりする場合は(さしみとか)濃い口が向きます。

参考までに。

投稿日時 - 2007-04-17 11:04:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

37人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

お吸い物や、色をあまりつけたくない煮物や料理のとき
薄口しょうゆ使ってます。
塩味も強いので、塩加減と考えながらですけど。。。

投稿日時 - 2007-04-18 17:12:31

ANo.1

薄口醤油:食塩を多く加える事で、アミノ酸の反応を抑えてあり、色が薄い
濃口醤油:食塩を余り多く加えず、アミノ酸の反応が進むために、色が濃い

つまり

薄口醤油:色が薄く、味(塩辛さ)が濃い
濃口醤油:色が濃く、味(塩辛さ)が薄い

と言う事です。但し、味が濃い薄いと言っても、塩分濃度で1%くらいしか違いません。

塩分が気になる場合は「減塩醤油」を使用して下さい。減塩のはかなり味が違います。

投稿日時 - 2007-04-17 10:54:22

あなたにオススメの質問