みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

単線の列車の行き違い

単線で駅で行き違いをする時いつもドアの開閉と出発のタイミングが
同じなように思えるのですが、
これは合わせているのですか?

また、どちらか(上り、下り)が先着と後着ばかりでなく
先着になったり、後着になったりすると思うんですが、
回数は大体合わせているのですか?

また、先着で後着の列車を待っているとき
ずっとドアが開いていますが、
閉めることはできないんですか?
冬なら寒いです。

投稿日時 - 2007-04-05 22:57:14

QNo.2897568

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

1つだけ。

電車が長時間停車をする場合、1つのドアを残して他のドアを閉めてしまう
という機能を持つ電車もあります。京阪や小田急には、確かそういった機能
を持つ電車が多かったと思いますが、阪神などにはなかったかと。
JRでも415系や113系にはあったはずですが、103系にはなかったはず。

なんにせよ、そういった機能を持つ電車が、寒い(暑い)中長時間停車する
場合は、1つのドアを残して全部閉めてしまうと思います。

投稿日時 - 2007-04-06 09:45:22

お礼

ボタンがないやつは扉を閉めると手動で開けることはできないということですか?
ボタン付きだとボタンランプがついているときはボタンで開けられますが。
ボタンなしなら開けることはできないのですか?
ボタンなしでものをあけたことがあるのですが。

投稿日時 - 2007-04-08 14:33:58

ANo.7

>自動ドアでも手動で開くようにできるはずですが。
No2ですが、自動ドアではそのようなことは出来ないです。
No1.5の方が、半自動ドアを説明しているのですが、半自動ドアがある列車の場合、
自動と半自動の切り換えについては、車掌室のスイッチで、切り換えが出来るようになっていて
半自動ドアでは、手動や開閉ボタンを使用することで自分で開閉出来ますが、
自動ドアでは強制的に閉めようとしても閉められないですし、開けようとしても開かないです。

首都圏では、東北・上信越の高崎方面行きの列車には、そのスイッチと車内表示がありますが、
他の首都圏で走る列車(山手線・京浜東北線等)の車両には付いてないです。
高崎方面行きの車両の場合には、季節ごとに、自動と半自動を切り替えていた記憶があります。

「半自動ドア」の車内表示が無い列車については、手動では開閉が出来ないので、
地域のJRに改善を要求するしかないでしょう。

投稿日時 - 2007-04-06 08:55:28

お礼

103、115系は自動ドアですか?
ボタンがある115系もありますが。
ないやつはしめることはできないのですか?
昔手動で開けて、発車時に自動で閉まるやつがあったと思うのですが。

投稿日時 - 2007-04-08 14:32:30

鉄道のこの安全システムのことを閉塞方式と言います。道路の信号システムとは違います。安全側線の無い駅での同時進入はこのましくないと思われます。

http://qrl.jp/?252061

http://qrl.jp/?259062

自動閉塞を採用している現在では同時出発が可能だと思われます。私が実際にこどものころから見ていた通票閉塞方式では後から到着した列車が先に発車します。運転士と駅長が通票を授受するためです。

http://yonkaku.pro.tok2.com/index.html


ダイヤ作成が手書きからコンピュータに変わったことや営業政策の関係で日中は毎時30分発などの規格ダイヤが採用されるようになったと考えています。しかしいったんダイヤが乱れると交換駅が変更されたりしますのでまったく規則性はなくなります。

近鉄、南海は運転士が車掌にチンと合図を送り、車掌が扉を閉めてチンチンと合図を送ります。チンチン電車ですね。JRは運転席でランプの消灯で戸締りを確認すると発車してしまいますので車掌が扉を閉めにくいという事情はあるかもしれません。

投稿日時 - 2007-04-06 02:28:10

ANo.5

>半自動ドアとはなんですか?

発車時、自動に扉は閉じます。
停車時、ドアを開こうとするとき、ボタンを押すなどして手で開けるドアです。

投稿日時 - 2007-04-06 00:13:53

ANo.4

#3です。
私の使っているのは南海電鉄高野線です。
大阪市と霊峰高野山を結ぶ線です。
仰るとおり、先に着いて5分くらい待たされた挙句、
先に発車される時は「おい!」と思いますが、いつも乗っている人は慣れています。
次駅への到着時刻がずれるわけじゃないので、別に問題はありません。

先着か後着かというのは決まっていません。
時間によってダイヤのパターンや運転間隔も異なりますし、
高野線では特急電車が入ってくるので、その時間はまたパターンが若干異なります。

行き違い、もしくは特急通過待ち時もドアは基本的に全扉開放ですが
冬の寒い日で、あまりに待ち時間が長いときは、ドアを閉めて待つときがありますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E9%AB%98%E9%87%8E%E7%B7%9A

投稿日時 - 2007-04-06 00:09:25

ANo.3

専門家じゃないので「恐らく」の範疇ですが。
到着は同時に出来ないことも多いですが、
出発は両方の列車が到着して、初めてできるため(当たり前ですが)
そのときの出発時刻が同じでも別に不自然じゃありません。
出発時刻は秒単位で設定されていますからね。

でも実際には、そんなに同時発車ばかりじゃないですよ。
私の使っている線の傾向としては、
後に到着した列車が先に発車する場合がほとんどです。
なぜなら、先に到着した列車は赤信号でその駅に止まります。
でも後に到着する列車は、行き違うべき列車がもう駅に入ってくれているので、
青信号で駅に入ることができます。だから、客扱い後比較的早く発車できます。
逆に先に着いて待っていた列車は、
赤信号から青信号になるのを待ってから発車するので、どうしても遅くなります。
同時発車は、両方が赤信号で同時に到着する時にあります。でもそれは少ないです。
だから、同時発車は稀ですよ、私の乗る線では。

投稿日時 - 2007-04-05 23:19:06

お礼

どこのせんですか?
ドアは待ち時間どうなっていますか?
確かに対向車がくると
すぐでればいいと思うのですが。

ということは後の方がいいですね。
後ばかりだったら理想なんですが。
逆に先ばかりだと寒いし悲惨ですね。ある程度均等になっているんですかね。

投稿日時 - 2007-04-05 23:28:55

ANo.2

それぞれの地域よって違いがありますが、寒冷地や降雪地向けの車両は、半自動ドアと言って、ボタンで開閉するか、
ドアノブを手動で開くようになっている車両がほとんどです。

また、自動ドアになっている場合は、客室とデッキの間に扉を付けている車両が多いです。

でも、寒冷地以外であれば、そのような装備が付いてない車両もあるでしょう。
その場合には、どうにも出来ないです。
車掌が出発時間まで、乗客が乗ってくる可能性があるのですから、ドアを開けておくのは普通です。
デッキ付近にいるのであれば、中まで入るしかないでしょう。

投稿日時 - 2007-04-05 23:14:56

お礼

寒いときとかは手動でドアを開くことができると思うんですが、
JRの考えがないためやっていないのかもしれません。
普通列車なのでデッキはなく、
すぐ席があります。
ドアの横の席は寒いです。

自動ドアでも手動で開くようにできるはずですが。

投稿日時 - 2007-04-05 23:31:03

ANo.1

後半に関して。
半自動ドアの車両もあります。停車中でも自動で全開にはなりません。
ローカル線に多いと思いますよ。

投稿日時 - 2007-04-05 23:02:34

お礼

半自動ドアとはなんですか?
あくときは自動ですか?
閉めるときは手動で閉めれて最後にロックをかける意味で
自動でしまるということですか?

投稿日時 - 2007-04-05 23:32:04

あなたにオススメの質問