みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

データの超長期保存の方法

初めにお断りしておきますが、
質問する事に意味はありません、お遊び程度に考えていただければ幸いです。

タイトルどおりデジタルデータの手軽で確実な超長期保存の仕方はどうすればよいでしょうか?
10年100年のスパンじゃなくて1000年とか1億年みたいな。
CDやDVDに入れておけばいいというのはもう効かなくなります。
HDDもCDDVDも寿命はせいぜい持つだけもって数十年がいいところです。
もちろん読み出す機械の存在もなければなりません。
レコードはあってもプレイヤーがないと再生できませんもんね。

最近のテレビ局が映像を保存する場合、デジタルハイビジョンの映像とかはどうやって保存してるんでしょうか?
DVDやHDDに保存してるとは思えませんが、
テープとしても将来の互換性の怪しいデジタルデータで保存してるとも思えません。


西暦5000年くらいになった頃にその当時の考古学者は現代より前の歴史を調べられるんでしょうかね?と思いました。
重要な史跡はほぼすべて発掘済みで現代人が全て書類やデータに置き換えてしまっていますが、この書類やデータが紛失、破壊された場合、現在・現在以前の文明は3000年後の人々にはもう伝わらなくなるんでしょうかね。

投稿日時 - 2007-04-05 17:07:18

QNo.2896600

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

タイトルどおりデジタルデータの手軽で確実な超長期保存の仕方はどうすればよいでしょうか?

手軽な完全な保管方法はありません・・・・・現在されている方法として紹介しておきますね

デジタルデータ(金融機関など)
・コンピュターが2箇所(場所が大きく離れた)にありお互いデータをバックアップしています
 念の為に1週間に1回バックアップを取り
 耐震、耐火、厳重は部屋にデータを保管で 3重バックアップ

デジタルデータ(TV番組)
・マスターテープ が1本
・リマスターテープが数本になります
 通常はリマスターからコピーしてそれを放送に使います

定期的に・・デジタルテープは複製して入れ替えます
      マスターテープから複製を行いますが駄目なときは、リマスターテープを使って・・・複製を行い デジタルデータの劣化を防いでおります

過去のアナログの映像はデジタルにて保管されているのもあります

要するに・・確立理論なんです
保管する本数が多ければ・・・
しかし場所も替えて保管しないと、地震、火事、盗難、などにより破壊される可能性もありますので

分散保管と保管本数の多さ
劣化を防ぐために定期的にコピーしなおし

しないと万年はもちません




      



 

 

投稿日時 - 2007-04-05 17:27:59

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問